通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいこ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?- 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/16

5つ星のうち 3.1 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?-
  • +
  • 脳を最高に活かせる人の朝時間 頭も心もポジティブに
  • +
  • 結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 132pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

人間の脳はわれわれが思っている以上に怠惰で、「楽をしよう、楽をしよう」と思ってしまう生き物なのです。刺激も与えず、のんびりとした日々を送っていては、これ幸いとばかりに脳は惰眠をむさぼって、怠惰な毎日を謳歌することでしょう。
これを聞いて、ニヤニヤしないでください。怠け者をそのままにしておくことは、あなた自身の可能性の芽を摘むことにもなりかねないのです。
もともと脳は、「楽をしよう、楽をしよう」という性質を持っているのです。だからといって、「私がのんびりしているのは脳のせいなんだ」と早合点したり、勝手に自己正当化しないでください。
脳が怠け者であるのには、理由があるのです。脳の機能自体は生まれてから死ぬまでたえず活動し続けています。その意味では脳は本来、忠実な働き者なのですが、だからといってその脳の働きに合わせて二四時間三六五日も生産的な活動をしていたら、からだのほうが参ってしまいます。
分かりやすく言えば、脳はふだん自動車が停車しているときのアイドリング状態にあります。逆説的に言うと、脳が怠けているからこそ、人間はリラックスすることも休息することもできるのです。
しかし、その脳がアイドリング状態では勉強や仕事で成果を出すことはできません。人間には誰でも「英語ができるようになって、グローバルに活躍できる人間になりたい」「仕事を通じて社会貢献したい」「お金もちになりたい」という夢や欲望があります。それを実現させるためには、肉体的なハードワークや長時間の勉強だけでは足りないでしょう。怠け者の脳をやる気にさせることが必要になってきます。
その脳をやる気にさせる方法は、ある1つの方法が有効です。それを習慣化できれば、われわれは脳をやる気にさせて、自分の考えている以上の成果を上げることができるのです。その習慣とは「書く」ことにほかなりません。
なぜ夢や目標を絵馬や色紙に書くのでしょうか。またなぜ書くだけで、そうした願望が実現してしまうのでしょうか。それには脳から放出される「ドーパミン」という神経伝達物質が関与しています。
「○○になる」と書いたとき、人間は実際にそれを達成しているところを想像しています。それは「自分がなりたい姿になった瞬間」を脳の中で想像しているにすぎないのですが、その達成した気分を「いま、ここで」前倒しでかみしめているのです。まだその願望が達成されていないにもかかわらず、報酬物質であるドーパミンが放出されて、人間は快楽を得ることができます。
その快楽をさらに得ようとして、夢や目標を実現するための行動が強化されていく。それが継続されていくと、ついには本当にその夢や願望が叶ってしまうのです。つまり、夢や目標を書くことはドーパミンを放出する脳の回路を強化すること、イコール脳をやる気にさせることなのです。やる気になった脳はわれわれが考えていう以上の力を発揮して、夢の実現に導いてくれます。やりたいことや夢を書くと実現しやすくなるというのは本当なのです。
それは脳の仕組みによるところが大きいのですが、その誰もが知りたがっていた秘密を、この本で解明していきます。

内容(「BOOK」データベースより)

「社長になる」「試験に合格する」「好きな女性と結婚する」という夢を言葉として書いたときに、脳は過去・現在・未来を識別できませんから、未来の夢も現実に実現したこととして認識します。そうなると、脳から報酬物質であるドーパミンが放出されて、脳がやる気を出すのです。やりたいことや夢を書くと実現しやすくなるというのは本当なのです。それは脳の仕組みによるところが大きいのですが、その誰もが知りたがっていた秘密を、解明して脳科学的に説明していきます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2010/6/16)
  • ISBN-10: 4828415793
  • ISBN-13: 978-4828415796
  • 発売日: 2010/6/16
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
脳は怠け癖があるので、書くことで刺激を与え、脳にやる気を出させることは、大変参考になりました。ありがとうございました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sasaki 投稿日 2011/7/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「なぜやりたいことを書きだすと実現するのか?」についてはAmazonで商品の説明に書いてある通り。
本を読むと、より詳細なメカニズムを脳医学的に解説しているかと言うとそうでもない。
では何が書かれているのかというと、「言葉の重要性」について様々な側面から解説を行い、関連するエピソードなどを交えている。

科学的でも論理的でもなく、散漫な文章。エッセーとして読むことを勧める。

比較的ユニークな内容で、広く浅い話題が連なっているので、人によっては面白い発見があるかも知れないが、同じくらいの確率で何も得られないかも知れない。
2 コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
正直、表面的かつこれまでの本の内容の繰り返しが目立つ。
著者の脳理論については、疑問を残す部分が多く、
説明が浅薄かつ不十分。かって損しました。
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「悪魔の代理人」として言わせて貰います。笑

テレビにも出演している脳科学者という事で、初めて購入してみたが、中身がスカスカで脳科学的なアプローチは皆無!

久しぶりに買って損した気分になった一冊です・・・笑

苫米地さんの本を読んどけば良かったと、思わせてくれる本でした。笑
1 コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
なくなりました。
もっとやる気が出ると思ったんですけど個人差あるのかな。
期待しすぎたのかもしれませんが内容が薄っぺらいです。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まずこの本を読んでいると色々なことを文字にして書いていく事が重要だというのは伝わってきました
しかしその文字にする方法は具体的に載っていなく、ともかくどのような形式でもいいので文字にしろという
かなり放任主義なものでした。

そしてこの本のタイトルから現状が上手く行っていない人がやる気を出してどうにかしようと読むことが多いと思いますが
本の中に出てくる色々な有名人や筆者本人の例を見ても幼い頃から色々前向きな経験をして成功している人ばかりで
上手く行っていない人が人生を逆転させるような事が書かれているものはありませんでした
例えば有名なイチローの小学生の時の作文ですが、作文を書くまでにすでに何年も人一倍努力をしていて
大会でも自他共に認められる結果を出していて自分が一番だと自覚していて、このまま進んでいけたら夢を叶えられるという内容でした
作文を書いたからやる気を出したなんて話では全くありませんでした、作文を書く前から圧倒的なまでにやる気全開です

もし実際に上手く行っていない人がこの本に書かれている通り自伝なんかを書いてもネガティブな内容ばかりになって
やる気を出すどころではなくなってしまうと思います、そういう人にも役立つ文章の作り方は載っていませんでした
そのような内容なのでこの本は人生が上手く行っている人がもう一度自分を見なおして更にステップアップするためのものでした
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルの答えは「書くこと」だという。

イチローが小学6年生の時に書いた「野球選手になる」という作文が引用されていた。「契約金は1億円以上が目標です。」とあまりに具体的なのに驚いた。

佐渡裕さんも小学6年の時にベルリンフィルの指揮者になると書いた作文が残っている。

そういえば,伊藤真氏の司法試験塾でも,入塾の初日に弁護士になった後のイメージを書かせるのだそうだ。(これは別の本で読んだ)

「書くこと」は漠然としたことをはっきりとしたイメージとして意識にのぼらせるという意味を持つ。

「書くこと」には「言葉を選ぶ」ということも含まれており,どんな言葉を使うかも大切だという。言葉の大切さを示す例としてスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式でのスピーチが引用されていた。このスピーチには非常に感銘を受けたが,日本語訳の文章なので「言葉」の大切さはあまりわからなかった…。

タイトルとはあまり関係ないが,組織の理論に縛られずに生きようとする著者の姿勢には感銘を受けた。
組織の理論にどこまでも忠実に従ってできた人間が「エリート」だ。そういう旧態依然とした人,組織,国に発展はない。

履歴書の空白を異様に恐れる日本人のバカバカしさと対
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー