中古品
¥ 93
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Media Station
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに多少の使用感や小汚れ等がございますが、中身の状態は書込みや目立つ傷みも無く、概ね良好です。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。◆万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。◆商品は丁寧に防水梱包の上、迅速に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳をめぐる冒険 単行本 – 2006/4/18

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 13,517 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

脳をめぐる冒険
「僕」がひょんなことから知り合った少年、アキラと一緒に自分の頭の中に迷い込み、“脳ミソ探検”する物語。

脳には風変わりな住人が住み、働いていた。「左脳ホテル」の「ウェルニッケ野」という部屋では、学者風のおじさんが一生懸命ノートをつけている。目や耳から送られた信号を言葉に置き換えているのだ。オーディオ機器であふれた「ブローカ野」の部屋では、DJ風の若者が信号を言葉にして外に出す役をしていた。

探検を進めるうち、「僕」は愛情や心のありかに興味を持つ。自分が自分でいられるのは、思い出があるからだとも気づく。それらを探るうち、「僕」はアキラの真の姿を知ることになる。

脳の複雑な構造と各部の働きの概要を楽しみながら知ることができる。


(日経ビジネス 2006/06/19 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

ベストセラー『99.9%は仮説』著者による、
「世界一わかりやすい脳の本」!
平凡な僕がある日突然迷い込んでしまった自分のアタマの中。
左脳ホテルに右脳のメイドさん。
ホムンクルスのおじいさんに銀色のオオカミ……。
不思議な住人が作り出す、脳という変てこなワンダーランド!
一時間で読める、ちょっぴり科学のファンタジー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (2006/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4870317273
  • ISBN-13: 978-4870317277
  • 発売日: 2006/4/18
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 901,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2006年9月27日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年5月16日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年9月15日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年9月15日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年6月7日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年9月15日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年5月31日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年6月8日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。竹内 薫