通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
脳をだませばやせられる 「つい食べてしまう」をなく... がカートに入りました
+ ¥299 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

脳をだませばやせられる 「つい食べてしまう」をなくす科学的な方法 単行本(ソフトカバー) – 2018/8/9

5つ星のうち 2.9 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥1,728
¥1,728 ¥1
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくはこちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 脳をだませばやせられる 「つい食べてしまう」をなくす科学的な方法
  • +
  • 無理なくやせる“脳科学ダイエット"
  • +
  • やせる呼吸 脳科学専門医が教えるマインドフルネス・ダイエット
総額: ¥4,838
ポイントの合計: 116pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「太りたい」「糖尿病になりたい」と願う人はいない。にもかかわらず、アメリカ人の3分の2は食べすぎによる肥満や生活習慣病に悩まされている。1980年から米国政府は食事改善運動を開始して、正しい食事の情報発信をしてきたのに、逆にその後の30年で肥満比率は2倍に増加した。やせたいのに、食べてしまうのはなぜか?

それは意志が弱いからでも、食に関する理解不足でもない。問題は原始的な本能を維持し続ける脳の回路にあると主張して、全米で注目されているのが神経科学の研究者でもある著者のステファン・ギエネ博士だ。
太りたくないのにドカ食いしてしまうのはなぜか? 分別ある人が食欲だけコントロールできない理由は? 脂っこくて高カロリーなものに目がいきがちなのはなぜか? 人間の脳はなぜ必要カロリー以上に食べてしまうのか? を、さまざまな実験事例を挙げながら詳しく説明。誰もが抱いていそうな素朴な疑問を脳の働きという観点から説明する。また高カロリーなジャンクフードを食べたがる脳をコントロールして、やせるにはどうしたらいいか? という問題についても科学者ならではの視点でアプローチする。

「人類の技術はドーパミンを放出させることで元気にさせるコカの特性を濃縮し、有用な薬草だったコカの葉を、人生を破滅させる薬物(コカイン)に変えた。同様に現代の食品技術は、食品の嗜好を強化する「成分」をかつてないレベルにまで濃縮した。一部の人が依存症のような食行動を示すのは必然だ」と著者は現代人の食欲が暴走する背景を指摘し、その対応策も提言する。

単なるダイエット方法の指南本ではなく、食に関して科学的根拠に基づく正しい最新知識を知りたい人、肥満を引き起こす体のメカニズムを知りたい人に向けた内容。肥満社会を生きる現代人必読の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

高カロリーな食事や健康に悪い食事ほどおいしく感じるのはなぜ?太りたくないのに食べてしまうのはなぜ?答えは「脳」にあった!脳の仕組みを科学的に解明し、今日からできる対策を記したアメリカの肥満研究の第一人者による全米で話題の書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 333ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2018/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478102082
  • ISBN-13: 978-4478102084
  • 発売日: 2018/8/9
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 190,801位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち2.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2018年10月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月12日
形式: 単行本(ソフトカバー)
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告