中古品
¥ 135
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ◇Book Recycle◇
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付(焼けあり)】若干の中古観がありますが良い状態です。背焼け、天に軽度の焼け、全体に多少の汚れ・擦れ・焼けなどあります。Amazon専用在庫です。ご注文後、「ゆうメール」にてすぐに発送いたしますのでよろしくお願いいたします。※煙草臭あり
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? 単行本 – 2006/9

5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 480 ¥ 135
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724 ¥ 25
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

<最先端の知見・盛りだくさん>
恋愛
ダイエット
不眠
ド忘れ
ストレス
アルコール……
脳のすごさがわかった!
<「脳がなにかと言い訳する」とは?>
たとえば、ショッピングで気に入った服が二つあったとする。高価なので、どちらか一方しか買えなかったとき、後で「あのときの選択は正しかったのだ」とばかり、自分を正当化する理由を探し始める。その服の好きな点を探したり、あるいは買わなかった服の欠点を挙げたりなどして納得する。
その時脳は、もっともらしい「言い訳」を探し出す。「後悔していない」、「あのときの選択は正しかった」という潜在的な意識を働かせるのだ。「後悔を嫌う」という本能があるからこそ、脳は私たちの人生を幸せなものにすることができる(ようにできている)。
<私たちの脳は、こんなにもロマンと謎と驚きに満ちていた!>
海馬を鍛えれば記憶力は上がるか
人が思い込みをする理由
バイオリニストの「指」の脳領域
「私にはこの人しかいない」このとき脳では何が!?
思い出す、という脳作業の不思議
記憶力のよしあしを決める「七つの遺伝子」
なぜ、「浅い眠り(レム睡眠)」のときに夢を見るのか
赤ちゃんはなぜ左利きか

内容(「BOOK」データベースより)

恋愛、ダイエット、不眠、ド忘れ、ストレス、アルコール…脳のすごさがわかった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 353ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2006/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396681135
  • ISBN-13: 978-4396681135
  • 発売日: 2006/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,283位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
以前、この著者と糸井重里の対談集「海馬」を読んで面白かったので、購入。
はっとするような知的好奇心がくすぐられる内容。

お気に入りポイント。
買い物でも何でも自分の選択が正しかったと、もっともらしい
「言い訳」を探し出す。これは「後悔を嫌う」という本能のせいで、
だらこそ脳は私たちの人生を幸せなものにする事ができる。
重要なのはストレス解消ではなく解消方法を知っている事。
コントロール法を知っているだけでストレスは増えない。
「つらくなっても俺にはこれがある」という思いが大事。趣味の大切さ。
モチベーションアップ法の一つは、体を実際に動かしてみる事。
始める事で脳が次第に活性化。やる気が出てのめり込んでいく。
歳をとっても知的好奇心や注意力があれば記憶は衰えない 。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
海馬の研究をしている薬学者による、最新の脳研究を分かりやすく解説した本。著者が『プレジデントファミリー』で「頭がよくなる玩具」特集に登場していたことから、どのように頭がよくなるのか知りたくて読んだ。

動物実験などのデータに基づいた人間の行動の傾向を、脳機能から説明していくと妙に説得力がある。それはあくまで傾向であって全ての人間に当てはまることではないのかもしれないけれど、ある程度までは普遍的だと知ることは有意義である。

「重要なのはストレス解消ではなく、解消する方法を知っていること」の項は深く共感。実験では、ストレスホルモンを増やす薬を点滴するのだが、注射量を調節できるボタンを用意しておくだけで、実際にボタンを押さなくてもホルモンが上昇しないという報告が紹介されている。「つらくなっても、オレにはこれがある」という思いが大事なのだ。趣味をもつことの大切さ。

そのほか、

・最初に言った意見をすぐに曲げないという行動は自己維持の本能に由来する

・仕事のできる能力は好奇心や注意力と関連する

・サルもギャンブル好き

・人が痛がっているのをみるだけで反応する「同情ニューロン」が見知らぬ他人の場合は反応しない

・意思が生ま
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゴルゴ十三 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/10/7
形式: 単行本
池谷先生と言えば「海馬」。しかし本書は海馬に限らず、脳科学全般に関する最新論文について池谷先生が「面白い」と思った内容を一般読者向けに易しく解説しています。口述筆記スタイルであることが、本書の読みやすさに繋がっていますね。「脳の振舞いを知ることは楽しい!」と思わせる【科楽】な一冊です。脳がいとしくなりますね。また、この本には「モチベーションの高め方」「アイディアのひらめき方」等のヒントがあります。「創造力を高めるにはどういう環境作りをすれば良いのかな?」と考えている人は、本書で述べられている脳科学を知ってる/知らないでは大違いだと思いますょ。本書を読んだことを活用して、刺激的な日々を楽しく過ごしていきたいですね。(^-^)

脳科学の現場に居る人だからこそ、伝えられるメッセージ(本音)が本書にはあります。巷ではその道の専門家でもない人が「科学コミュニケーター」気取りに科学情報を紹介する本があったりしますが、そういう本より遥かに読み応えがあります。池谷先生には脳科学分野にシッカリ足をつけて頂いて、今後も「科学の現場と一般社会の架け橋」を架けて頂きたいなぁ、と期待しています。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
池谷氏のこの著作はnature,scienceなどの最新論文からネタを引用してきて、
そこから彼自身の意見や今後のその事項に対する予測をしています。
トピックスとしては興味深いものばかり集められて楽しめます。
しかし彼自身のそのトピックスに対する意見、予測にはやはり注意!何か彼の意見は
そうなって欲しいという願望めいた話、こうだろうという偏見、先入観を読んでいて
感じました。
1つ1つのトピックスはのめり込めるので、ここは満点、彼の偏見、先入観を
割り引いて☆4つにしました。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「進化しすぎた脳」「海馬」「記憶力を強くする」などの

著者で知られる脳科学の研究者による著作.

本作は,今までの著作のスタイルと変わり,章ごとに1つのテーマを挙げ,

それに対する最新の脳科学の研究成果を紹介,著者による解説というスタイルを取っている.

最新の論文を引用し,それに対して著者がわかりやすく具体例を交えて紹介する,

というスタイルは非常に読みやすいし,理解しやすかった.

本文で紹介された論文には,インターネット上に公開されているものもあるので,

興味を持った研究があれば原著論文を読める.現役の研究者が読んでいる論文と

いうものはどんなものなのだろうと,眺めることができる..

これだけのサーベイ(先行研究の調査)を行い,一般人が理解できる文章にした

ということが素晴らしい.まさに一般向けのサーベイ論文.

読み終わる頃には本が付箋だらけになってしまった.

話のネタにもなるが,普段当たり前に行っている自分の行動について,

深く考え直すきっかけにもなる一冊.
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー