¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と人間の不思議 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/14

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,191

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と人間の不思議
  • +
  • つながる脳科学 「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線 (ブルーバックス)
  • +
  • あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
総額: ¥4,255
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ディスカバリーチャンネル、BBC、CNN、ニューヨーク・マガジン誌、タイムズ紙などで「記憶ハッカー」と話題の研究者デビュー作、待望の邦訳!

脳は記憶の正確さを犠牲にしてでも、人が創造的に生きることを選んだ!

<なぜ?>
あり得ない出来事を記憶するのか
不正確な記憶で世界を解釈するのか
脳は間違って記憶したがるのか
完璧な記憶力を持つ人がいないのか
サブリミナルにハマるのか
自分の記憶を過信するのか
衝撃的な出来事を間違って記憶するのか
正しくなくても同調するのか
記憶を取り戻す治療が流行するのか
奇妙なものほど忘れないのか

ニセの記憶を植えつける――そんな物騒な実験を行うことで有名な著者。人間の記憶が間違って形成される過程を明らかにした研究成果を携えて司法当局に協力し、記憶の曖昧な目撃情報によって冤罪の危機にあった多数の容疑者の無実を証明してきた。
これまで「記憶は嘘をつく」系の本は多数、出版されてきたが、脳が記憶を都合よく作り替えたり、あり得ないし体験もしていない出来事を知っているかのように記憶したりする不思議なメカニズムの存在理由を、こんなに平易に語った本はほかにない。脳は記憶の正確さを犠牲にしてでも、人間がより豊かに、創造的に生きることを選んだのだ。その巧みな戦略に感嘆せずにはいられない!

内容(「BOOK」データベースより)

ニセの記憶を植えつける―そんな物騒な実験を行うことで有名な著者。人間の記憶が間違って形成される過程を明らかにした研究成果を携えて司法当局に協力し、記憶の曖昧な目撃情報によって冤罪の危機にあった多数の容疑者の無実を証明してきた。これまで「記憶は嘘をつく」系の本は多数、出版されてきたが、脳が記憶を都合よく作り替えたり、あり得ないし体験もしていない出来事を知っているかのように記憶したりする不思議なメカニズムの存在理由を、こんなに平易に語った本はほかにない。脳は記憶の正確さを犠牲にしてでも、人間がより豊かに、創造的に生きることを選んだのだ。その巧みな戦略に感嘆せずにはいられない!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 306ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062197022
  • ISBN-13: 978-4062197021
  • 発売日: 2016/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 52,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
心理学者として裁判や警察の捜査、諜報機関の研修にも助言を与えている著者。
その見地は「記憶は驚くほど容易に間違って形成されうる。信頼できる情報をどう見分け、引き出すか」

「あなたはまだ納得しないだろう」と書くほどに、にわかには信じがたい過誤記憶の実験も紹介される。
一方で自分でも試せるような日常環境での調査も次々に示され、読み進めるうちに記憶への自信は露と消える。
(ついでに自分の容姿への幻想も打ち砕いてくれる)

とはいえ、本書が与えるのは「脳なんて嘘つきで役立たず」のような悲観的な通告では決してない。
むしろ「記憶システムのあらゆる弱点を理解すれば、まったく新しい道徳的規範に従うことができる」(p.297)という希望である。
誤った記憶による冤罪を防ぎ、悪意のない過誤記憶への不当な批判を避ける社会がそこにある。

ソーシャルメディアとの向き合い方を記憶の観点から論じているのも面白い。
誰かの記憶からの流用や拡散、同調により問題のある記憶が生まれるデメリットもある。
それでも意図的に操作することで、振り返ったときに楽しい"記憶"を作れるのではないか。

引用している文献は豊富で、2010年代の新しい論文も多いので記
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/3/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
あのできごとは
脳裏にしっかり焼きついている。
今もありありとよみがえる。
心に刻みこまれている……。

わたしたちは
「鮮明な記憶」に
絶対の自信を持っている。

しかし、記憶の研究者である著者は指摘する。

「記憶が正確かどうかの判断に、鮮明さは利用できない。近年の研究で、
人はニセの記憶を鮮明に作りだすことがわかってきた。

しかも、ウソの記憶であると理解していてもなお、鮮明に思い出すことができる」と。

著者は、被験者がかかわっていない犯罪行為や
未体験の強烈なできごとの
「ニセの記憶」を脳に植えつける実験も行っている。

結論は「慎重に設計された実験により、
被験者の70%に、その種のニセ記憶を持たせることができた」。

カギのひとつは、
ニセモノの光景を被験者にくり返しイメージさせること。
細部まで想像させることでニセの記憶は鮮明になり、
ついには「疑いなく信じこむ」にいたる。
もちろん同じ手法で、
記憶の上書きもかんたんにできる。

脳は現実と虚構を区別できず、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
当たり前のようにある自分の記憶について深く考えたことはありませんでしたが、
意外にいい加減で信用ならないもので、でもそれが生き残るために脳のメカニズムが進化した結果なのでは、
というところを非常に興味を持って読みました。

特に知識がなくても、身直な出来事やSNSなど最近の例を通してわかりやすく描かれており読みやすいです。
一般人が根を上げない程度に脳科学的な記述もされているので、ワンランク上の知識に触れられた気もして満足度も高し(笑)

表紙は‥男性が手に取りにくく感じないか少し心配ですが、、
男女関係無く「記憶することの意味」に興味を持つ全ての方へオススメな良い本だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Aという記憶の内容を思いだす時、脳内では、Aという記憶を引出すことによりBという記憶が発生し、その過程で元々のAというオリジナルの記憶は失われ、Bという記憶に置き換わるとのことである。
その過程で誤った情報が加味されると、本人はオリジナルの記憶と信じているものが、実は偽りの記憶に改変後だったりするわけだ。思い出す度に、記憶が変容する危険にさらされるということなのだな。
この感想自体が既に過誤記憶に基づくものだったりする可能性もあるわけですよ。検証のために、ご一読を。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 makayuk 投稿日 2017/3/14
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
朝日の書評で読んで大変期待して買った本です。
きわめて興味深い事例が書かれていて面白いことに間違いないのですが、
レヴュアーが想像していた書き口とあまりに違っていたために最後まで読みきれませんでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告