この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳に免疫力をつければ病気にならない! 単行本 – 2013/4/24

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 18,049 ¥ 899
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

病気は脳がつくりだしている。おだてる、騙す…脳を存分に使って病を治し、健康維持するための方法をDr.苫米地が伝授する。

内容(「BOOK」データベースより)

脳の免疫力とは、身体の恒常性を維持する機能「ホメオスタシス」のこと。好きなものを食べる、夜は異性と一緒に眠る、「疲れた」と言わない、やりたくないことはやらずに脳に正直に生きる、一人でいるときは小説を読む…などが効果的。脳が健康だと思えば、どんどん健康になる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2013/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198636001
  • ISBN-13: 978-4198636005
  • 発売日: 2013/4/24
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 249,979位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
溢れている1冊です、読者に語りかけるような表現はとても親近感、安心感を感じさせます。
苫米地先生の健康についての本は2冊目ですが、読んでいると病気のからくりのような物が見えてきます。
いつもありがとうございます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
楽しかったです。
情報空間からのアプローチで健康になるへ。
日々のゴール設定の大切さを学びました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 damodaikan 投稿日 2014/7/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
脳のことについて一気に読んで、非常に役に立ちました。目標を高いところに置くということはいいですね。私は75歳で、毎年ホノルルマラソンに参加して19年ですが、イメージとしては、サハラマラソンやエベレストトレイルを快適に走っているところをイメージすればいいわけです。なんだか楽しくなります。読んでよかったです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
さすが苫米地先生の書かれた本です。
今までに無い切り口で健康について記載されています❗️
読んでいて、納得する事柄が満載です❣️
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この本の内容はとてもシンプルで、今すぐ実行できて効果の高い方法がいくつも紹介されています。
一方で、やり続けていくうちに1つまた1つと新しい発見に出会える奥深い内容でもあります。
気に入ったものからやってみると、健康というテーマ以外の分野でも、思いもしなかった結果がついてくるかもしれませんよ!
オススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 このはなさくや トップ500レビュアー 投稿日 2014/1/23
形式: 単行本
わたしにとって苫米地博士の本は
次から次へといろんな組み合わせの味が出てくる、
じゃがりこみたいなものかもしれない。

タイトルがおもしろいのでつい読んでしまうのだ。

今回も、タイトルを見て、
「苫米地博士、今度はどんなこと言うんだろう?」
みたいなノリで興味を持って手に取ってみた。

情報空間が物理空間に影響を与える、
という考え方は以前から苫米地博士の本には書かれていたけれど、
あ、こういうことを言ってるのねと、ようやく腑に落ちてきたように感じる。

「食べたいものを食べろ」はびっくりでした。
でも、たしかにそうだよな?だって、情報空間が物理空間に変えてしまうんだから。

ここに書かれていた苫米地流健康法は、
普段からわたしが毎日ルーティンで行なっていることにちょっとひと工夫するだけ、
たとえば呼吸を逆腹式呼吸法に、ウォーキングを歩行禅に、というった具合で
今日からでも出来ることなので、やってみようと思う。

それと、「○○が身体に良い」は、それで儲けたい人がいるということに気がつけ、は、
確かにそうだよなと思った。

P.S.<
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
苫米地さんの本は数冊読みました。こちらは、ゴールの設定することで健康になるためにはどうしたらいいかという本です。わたしはずっと慢性疾患に悩まされていましたが、症状を作り出していたことに気がつき実践して2週間ですがかなり回復しています。健康は人生の目的でなく、人生の目的のために健康であることが重要だというメッセージが書かれています。メディアの洗脳からさめて、テレビや雑誌のの健康ネタに踊らされるのがバカバカしくなりました。いろいろ試したけどなかなか病気が回復しない人におすすめです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
このところ連続して、病に関する本を出版されましたが、ちょっと弱気になりがちな人には読んでほしいと思います。風邪をひきかけたら、ビタミンCをとって早く寝てしまおう。実体験を重ねて確信へ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
医師との関係など、まったく納得。
初めて自分を診察する大病院の忙しい医師より近所でいつも自分を時間かけて見てくれる開業医を自分にとっての名医に育てていく法が良い、と本当にそうだと、目からウロコ
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
もう病院いらずだな、と読み終わったあとに思いました。病気になりがちな方も、健康志向の方もぜひ読むべき本です。今までの病気や健康の概念がひっくり返ると思います。今まで、健康や肉体改造について、苫米地氏の本や話の中でイメージやリラックス、さらに脳内ホルモンの活用の重要性についてチラチラと紹介されていましたが、詳細はよくわからないままでした。それが、この本の中では具体的な内容がてんこ盛りです。アメリカの一流大学で脳機能学について研究していた博士ならではの視点で、他の病気や健康についての本とは一味も二味も違います。昔、ハーバードの医学部から准教授のオファーがあったとのことですが、それはこの本にかかれているような内容に天下のハーバードが注目したからなのでしょうか?いやはや、本当にすごい方だと感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー