この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳と疲労 ―慢性疲労とそのメカニズム― (ブレインサイエンス・シリーズ 25) 単行本 – 2009/6/9

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 18,096 ¥ 5,460
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

多くのヒトが疲労,とくに,6ヶ月以上続く慢性疲労(国民の39%という2004年の統計がある!)に苦しんでいる。疲労緩和,よりよい疲労回復,過労予防について,考え,研究を推進することで,社会的・経済的には大きなメリットがある。現代社会には複雑な要因による疲労が蔓延しているが,私たちが疲労を感じるのは脳であり,また,運動などによる肉体疲労と言われる場合にも,私たちは運動を行うための筋肉運動のプラニング・アイドリング・実際の協調運動などに,様々な脳部位を動員している。つまり,肉体疲労といえども,脳神経系の疲労を伴う。また,神経系は,免疫系,内分泌系とともに三位一体型でわたしたちの身体の調子を整え健康で過ごせるように調整しているが,この三者関連の破綻,機能低下により疲労も起こってくる。
本書は,脳生理学の大家で,食欲のしくみや自律神経調節等の脳防御研究のパイオニアである大村裕と,疲労と疲労克服に関する国家的大規模研究のリーダーを行ってきた国際疲労学会等を何度も主催している,国際的疲労研究の第一人者である渡辺恭良との共著であり,比類なき情報と考察を含んでいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大村/裕
1947年九州帝国大学医学部卒業。1988年日本学士院賞受賞。専攻は神経生理学。現在、九州大学および岡崎国立共同研究機構生理学研究所名誉教授・医学博士

渡辺/恭良
1980年京都大学大学院医学研究科修了。専攻は神経科学、分子医学。現在、理化学研究所・神戸研究所・分子イメージング科学研究センターセンター長、大阪市立大学大学院医学研究科特任教授・医学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 146ページ
  • 出版社: 共立出版 (2009/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4320054024
  • ISBN-13: 978-4320054028
  • 発売日: 2009/6/9
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 845,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2013年10月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年8月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告