¥ 756
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める (... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める (生活人新書) 新書 – 2008/4/8

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)
  • +
  • 脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
  • +
  • フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
総額: ¥2,225
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 現代人に求められる「逆境に打ち勝ち、人生を開拓する力」。それを支える技術を脳から考えるとどうなるか。意欲・実行力を高め、前向きに問題解決に向かっていくには? やらなければいけないことがありあすぎるとき、思考を上手く整理するには? 良いアイデアを生み出したいとき、どうすればいいか? ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者が伝授する正しい脳の使い方。

内容(「BOOK」データベースより)

現代人に求められる「逆境に打ち勝ち、人生を開拓する力」。それを支える技術を脳から考えるとどうなるか。意欲・実行力を高め、前向きに問題解決に向かっていくには?やらなければいけないことがありすぎるとき、思考を上手く整理するには?良いアイデアを生み出したいとき、どうすればいいか?ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者が伝授する正しい脳の使い方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: NHK出版 (2008/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140882506
  • ISBN-13: 978-4140882504
  • 発売日: 2008/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,172位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「勉強しろ!」「仕事しろ!」とは言われても
うつ病のせいもあり、出来なかった事があります。
辛かったその現象の一つの答えがここにありました。

この本を読んで今までの自分は
脳に負担のあるやり方をしていた事に気がつきました。
また、その解決方法も見えました。

実践していますが、少し楽になりました。
時間をおいて繰り返し読み、習慣づけたいことばかりです。

特に最後の後書きにある「待つことの大切さ」は
大事にしたい言葉です。

意欲や実行力を高めたい人にオススメいたします。

気になった言葉

・できることが増えると「好き」になる。
・短時間の集中×多数=脳の活性
・てきぱきと行動している状態を作る
・次に「何をするか」「誰のためか」をはっきりさせる
・自由は担うには大きすぎる
・人からの感謝・評価をエネルギーに
・負の感情は書き出すと楽になる
・記憶は出力をベースに
・出力=「出力+再入力」
・アイデアは環境によって生み出されている
・アイデア=「情報」と「制約」
・出力するとアイデアがイモヅル
...続きを読む ›
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私が本書を購入した目的は、感情と論理を上手く切り分け、業務での効率・集中力を向上するためでした。
題名に惹かれて購入しました。

結論から書くと、すぐにでも実践に移せる具体的で簡単なテクニック
満載の良書であり、目的に合致していました。

本書では章を次の5つの場面に分けています:
1.前向きな自分をつくる
2.思考整理し計画・実行力を高める
3.記憶を強化する
4.アイデアを生み出す
5.気持ちを整理する

上記それぞれの場面について、脳の特徴を根拠にした具体的な対処法・実践法が記されています。
どれも簡単に書いており、いろんな仕事の場面に応用が効く汎用性があります。
早速今日から仕事の仕方に適用できるものがいくつもあります。

ということで、とてもよい買い物をしました。
「いかに実践に移せるものがあるか」が私の本の評価基準ですので、これは星5つです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
昨年読んだ築山先生の近著「脳から変えるダメな自分」では、やる気が起きない時はまず雑用にでも手を付ける、とか脳を(自分を)活性化するヒントを頂き、実際に自分の休日の過ごし方が少し変わった。今回も期待していたが、やはり今回もこれでいいのだ、という安心感を持てたし、こんなやり方もあるのか、という発見があった。脳科学の成果と長年の臨床経験に裏打ちされた知見はさすが。

一ヶ月には30人分の私がいる、だから今日仕事に追われていても焦らずに明日以降の私の役割分担を考えよう、とか、
情報化社会で個人が大量の情報処理を迫られる時代だからこそ、少しづつ記憶することを考えよう、とか、
目標を具体的に持つことで、感情に流されず自分を理性的にコントロールできる、とか。

低成長かつ変化の速い現代にあってこのままでは大丈夫か、と焦りがちな我々に対し、先生は優しさの篭った目線で的確なアドバイスを与えてくれる。本書の最後では『待つことの大事さ』を説いている。焦って脳に情報を詰め込もうとするほど、基礎的な積み重ねを省略しようとするほど、脳を上手く使うことは難しくなる、と。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
モチベーションを高める方法や思考法,時間管理法,発想法などについて脳科学的な見地から望ましい習慣を解説しています.

最終的な結論自体は,それほど新しい話ではなく,いろいろな話を寄せ集めてきたという印象はありますが,その結論に至る説明はやさしく書かれており,非常に読みやすい本になっています.押しつけがましいビジネス書を読むよりも,人間はそういう風にできていると言われる方が素直に取り入れられそうです.

目的に応じて必要な章を読むだけでも価値があるかと思います.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー