通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳が壊れた (新潮新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに傷、折れ、少ししわよれあり。中身に少し焼けあり。即日か翌日にゆうメール(追跡番号なし)で発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳が壊れた (新潮新書) 新書 – 2016/6/16

5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 352
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳が壊れた (新潮新書)
  • +
  • 奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)
  • +
  • 壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥2,303
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

養老孟司さん推薦!
「一気に読んだ。『人が変わること』とは『脳が変わること』。その脳の変化を当事者が
記録した、貴重なドキュメントである」


突然の脳梗塞に襲われた41歳のルポライター。一命は取り留め、見た目は「普通」の人と
同じにまで回復した。けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に襲われる。
トイレの個室に突然老紳士が出現。会話相手の目が見られない。感情が爆発して何を見て
も号泣。一体、脳で何が起きているのか? 持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見
えてきた意外な事実とは? 前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病ドキュメント!


(目次)

まえがき

第1章 どうやら脳がまずいことになったようだ
二〇一五年初夏の消防団員 奪われてしまう宝物 「過労死するどー」
離脱する魂

第2章 排便紳士と全裸の義母
トイレの個室に現れた老紳士 変質者になった僕 片輪走行の脳

第3章 リハビリは感動の嵐だった
念動力の感覚 リハビリとはくじ引きである やればやっただけ回復する
脳細胞は助け合う 本が読めない

第4章 リハビリ医療のポテンシャル
発達の再体験・追体験 発達障害は生まれつきなのだろうか リハビリと高齢者の群れ
リハビリスタッフのポテンシャル 彼女たちの事情 リハビリのスキルに光を

第5章 「小学生脳」の持ち主として暮らす
記者廃業か 道路が渡れない 「妻の罵声」リハビリ
妻の世界が見えてきた 小学生脳 ロボットと人間の差
「不自由なこと探し」は難しい

第6章 感情が暴走して止まらない
構音障害 目の前にデギン登場 笑いが止まらなくなる
中二病女子的症状 巨大な感情のパワー

第7章 本当の地獄は退院後にあった
見た目は健常者でも 大きすぎる感情は言語化できない 泣きたいだけ泣くと
恐怖のNHK集金員

第8章 原因は僕自身だった
なぜ俺が 上がり続ける血圧 妻と僕の十六年間
面倒くさい人は愛らしい 妻の発病 生還
「家事をしなくていい」 背負い込むと無理が生まれる 優しさの質

第9章 性格と身体を変えることにした
家事の分担を決める 退院後の1日 身体の改善
元アスリートはタチが悪い BPMランの導入 我慢しないダイエット

第10章 生きていくうえでの応援団を考える
平和である 人の縁というネット 応援団を持つ
見栄とプライド 父への手紙 黙って行動を

鈴木妻から読者のみなさんへ

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

41歳の時、突然の脳梗塞に襲われたルポライター。一命は取り留め、見た目は「普通」の人と同じにまで回復した。けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に見舞われる。トイレの個室に老紳士が出現。会話相手の目が見られない。感情が爆発して何を見ても号泣。一体、脳で何が起きているのか?持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見えてきた意外な事実とは?前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106106736
  • ISBN-13: 978-4106106736
  • 発売日: 2016/6/16
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,668位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 これだけ酷い病気をしながら回復していく過程の記述の見事さに感動する。
希望を失わない事が大切なのがよく分かる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/7/2
形式: 新書 Amazonで購入
すぐキレる。人の目をみられない。
えんえんと自分のことをしゃべり続ける。
何回つかまっても悪事を繰り返す。
捨てられない。片づけられない。
人には見えないものが見えて騒ぐ。
もの忘れやウッカリが目に余る…。

世間で「性格が悪い」「ニブい」「奇人」「だらしない」
「ウソつき」「ボケてる」などと
後ろ指さされる困った性癖がすべて、
脳のちょっとした傷からきていること、
訓練でかなり治せることを
実際に脳梗塞で「脳が壊れた」筆者が
克明なセルフルポで実証した、貴重な記録。

著者の症状が深刻だった時期は
トイレの個室にふいに老紳士が現れ、
相手の目を見て話せなくなり、
感情がしょっちゅう爆発して
べらべらしゃべり続け、号泣し…。

そして「夜、寝ようにも何かに追われて
焦っているような感情で
胸がいっぱいになり、呼吸は浅く速くなり、
死んだ方がラクなのではと思うほど心が痛く、
じっとしていても、むやみに動いても、
からだ中をかきむしっても
その苦しみから逃れられない…」という強い焦燥感にも
七転八倒したという。
...続きを読む ›
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Erika☆♪ トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
暗くなりがちな話題ですが、時にユーモアを交えながら話されています。
脳卒中の方の内面の描写や症状を知る上でも、勉強になりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
脳梗塞等、脳の病気は身近でも起こるが発症したした人の脳の考えも良く分かった。脳に障害を起こした人の近親者のも読んでほしい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ネットで気になって購入しました。内容が深刻にも関わらずウイットと愛情に溢れ、又若者の感性のポジティブさに感心しました。私は69才ですが、これ迄に身の回りに多々あるあることが初めて納得出来ました。教育機関、医療機関、介護関係者必読とお勧めします❗理解することで世の中が変わります❗
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
他人事ではない深刻な話ですが、楽しくためになりました。著者の他の著書にも興味を持ちました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とてもおもしろく、いろいろ考える機会になりました。

著者の方、奥様頑張ってください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
医師です。ただし、神経内科や脳外科の領域は専門ではありません。そういう立場から、脳にダメージを負った人の高次機能がどのようになっているのか、それがどのような過程を経て改善へ向かっていくのか、その認識像の展開が具体的に説いてあります。すごく分かりやすいです。「感情」すらも、像として、その回復過程が記載されており、すごく貴重な資料だと思いました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
高次脳機能障害のリハビリに携わっています。個人的に「注意の亢進」のくだりは目からうろこでした。そして描写がとても分かりやすく
さすが「日本語の翻訳者」ですね。左半側空間無視と注意の亢進が相まって右側を凝視してしまう。なるほど。
また、これまで取材してきた社会弱者といわれる人たちの脳の状態が、高次脳機能障害に似ているのではという発見が面白く、スパイス的に描かれる奥様の様子や愛情が伝わり、読み物としても非常によかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
テンポがよくて、一気に読みました。自分の病気体験からくるしんどさを、ライフワークに結びつけて普遍化させてみた、という体験記。多くの人に支えられている著者がうらやましいと同時に、人を支える難しさも。いい話が聞けた感があります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す