¥ 2,592
通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳がわかれば心がわかるか (homo Viator... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳がわかれば心がわかるか (homo Viator) 単行本 – 2016/6/7

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳がわかれば心がわかるか (homo Viator)
  • +
  • 理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ
  • +
  • 文体の科学
総額: ¥7,020
ポイントの合計: 212pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

はんらんする脳科学・脳情報に振り回されず、「脳の時代」を生き抜くための処方箋を示した、
平易かつ本質的なマップ(『心脳問題』2004年、朝日出版社刊)から12年を隔てた増補改訂版。改訂にあたって改題しました。

【著書から|増補改訂版に寄せて】
「旧版刊行から約10年、じつにたくさんのことがありました。本書のテーマである心脳問題をめぐる状況も大きく動いています。 たとえば、脳科学における知見の蓄積、神経美学や神経経済学といった新分野の興隆、あるいは脳波によって
コンピュータを操作するブレイン゠マシン・インターフェイスのような技術の発展は、旧版で論じた問題をさらに先鋭化
させています。これまで技術的な限界もあってウヤムヤのままにしてきた諸問題に、私たちはいよいよ直面しつつあるのです。
それだけではありません。私たちの無意識のバイアス(認知の偏り)を暴きだす行動経済学の知見や、数度目のブレイクスルー
を果たしつつある人工知能研究は、脳科学とは別の角度で、私たちの自己認識と社会のあり方を根底から変えつつあります。
いまや心脳問題自体が些細な問題となりつつあるのではないかとすら思えるほどです。
しかし、それは心脳問題の解決を意味しません。本文で確認するとおり、心脳問題は私たちの心と身体をめぐるもっとも根本的な哲学問題であり、
これからも何度でも回帰してくるでしょう。見ぬふりを決め込むのでもなければ、このような厄介な問題に対処する方法は多くありません。ひとついつでも有効な手は、問題そのものの性質や条件を、一度は真正面から考え抜いてみることです。
たとえ解決はできなくても、理解することが力になります。諸科学の知識と技術によって人間の定義そのものが揺らぎつつある現在、
あらためて何が問題であるかを示す里程標として、この増補改訂版を提示する次第です。」
(「増補改訂版へのまえがき」より)

内容(「BOOK」データベースより)

頭がよくなる?脳が心を決める?「パラドックス」と「カテゴリー・ミステイク」をキーワードに、「脳情報のトリック」をみきわめよう!脳科学と哲学にまたがる、見晴らしのよい・親切で本質的な心脳問題マップ。脳研究小史、脳と心を考える際の必読ブックガイド付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 太田出版; 増補改訂版 (2016/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778315197
  • ISBN-13: 978-4778315191
  • 発売日: 2016/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 15.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 431,376位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
素晴らしい内容。心脳問題の改訂版が出たということで読み返してみたが、改めて腑に落ちることが多かった。脳関係の仕事をしているが、確かに現場は脳還元主義、かつカテゴリーミステイクをしてしまっている人が多い気がする。自分自身への戒めにしたいと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本の装丁とタイトルが気に入り購入しましたが、スッキリしない堂々巡りの議論につき合わされ、脳科学の面白さを失うところでした。筆者も脳科学が面白いからこそ脳研究小史を加えたり、巻末に作品ガイドとして読書案内を充実したりしたのでしょう(読書案内はおおいに役立ちました)。ですから、「脳の研究で心がわかったとは言えませんが、脳研究でこれこれの難問が、今までと違った形で考えることができるようになった。」という内容でよかったのではないでしょうか。ところが、前半の「脳の研究で心がわかったとは言えませんが」だけが延々と続くのです。
 堂々巡りの議論になった理由は、ひとつには筆者の主張がないことにあるでしょう。主張があれば、それを正当化するために議論が精緻になるはずです。筆者の議論で重要な部分を占める、ギルバート・ライルが提唱した「カテゴリー・ミステイク」と、エマニュエル・カントの「第三アンチノミー」に、首を傾げたくなるような例が提示されているのです。
 ライルは、心を身体と異なる存在とする二元論を「機械の中の幽霊のドグマ」と呼び、それが心の概念についてのカテゴリー・ミステイクによるものだとし、ミスの源泉を日常言語の使用法に求めました。本書ではイラスト入りでカテゴリー・ミステイクの例を、ゾウ、キリン、パンダを動物園で見た人が、次に「動物はどこにいるの」と問う場面で示されています(
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告