通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳がよろこぶ「新」習慣術 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

脳がよろこぶ「新」習慣術 単行本(ソフトカバー) – 2007/10/16

5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

バーゲンブックについて
この本はバーゲンブックです。
1. バーゲンブックには、非再販本であることを明記するための処置がされています。あらかじめご了承ください。朱赤で(B)の捺印、罫線引き(捺印する厚みのない本の場合)((B)(B))のラベル貼付
2. 商品の性格上、カバーなどに若干の汚損などがある場合もございます。あらかじめご了承ください
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「余計なこと」は、すすんでしよう。脳の大敵は「慣れ」や「ルーチンワーク」。いつも刺激を与えるためには「余計なこと」ほどいい。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米山/公啓
1952年山梨県甲府市生まれ。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。脳血流量や血圧変動から見た自律神経機能の研究など、神経内科を専門とする一方で、老人医療、認知症問題にも取り組む。90年看護雑誌の連載を機に著作活動を開始。98年聖マリアンナ医科大学第二内科助教授の職を辞し、本格的な著作活動に入る。現在も診療を続けつつ、医学ミステリー、小説、エッセイ、実用書など幅広く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2007/10/16)
  • ISBN-10: 4584130272
  • ISBN-13: 978-4584130278
  • 発売日: 2007/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,649,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
著者が言っているような

・新しい人に出会う
・早朝に出社する
・資料の山は捨てる
・一夜づけはしない
・ネガティブをポジティブに
・ウォーキングをする
・アロマを楽しむ
等々

は、脳への刺激にいいのだろうが世間でずっと言われていることで
特に新しくやったほうがいいと感じるものはない。
本を読まなくてもわかることだと思った。

以外な行動よりも凡庸さが大切だということだけはわかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
医師のほか作家、ゲーム監修と色々な方面で活躍されている作者、
彼の小説は嫌いでない。全く彼に関して思うところはないのだが
最近の「脳」関係の著書には疑問を覚える。
「恋愛脳」とか「男性脳」など本当にそんなものが学術的にあるのか?
脳には謎がまだたくさんあり、安易にそういう事をいうべきではない。
医師がいったからとそういうものを盲目的に信じてしまう輩が増えてしまいそうである。
面白おかしくこういった本を書くのもいたしかたないが、どこまで作者が研究したものか
疑問である。
また300円のランチじゃ脳はよろこばない、たまには3つ☆レストランに行くのが脳にはいいらしいが、この厳しい経済状態のなかそういうことを言われると悲しくなる、
是非次は300円のランチでも脳は喜ぶ方法を見つけてほしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告