通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
脳から見える心―臨床心理に生かす脳科学 がカートに入りました
+ ¥300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙と中のページにある程度のダメージが見受けられますが、一般的な中古本として書き込みも無く、比較的に良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

脳から見える心―臨床心理に生かす脳科学 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/16

5つ星のうち4.2 5個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,860
¥2,860 ¥1,453
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 脳から見える心―臨床心理に生かす脳科学
  • +
  • 臨床脳科学 (脳と心のライブラリー)
  • +
  • 快の錬金術―報酬系から見た心 (脳と心のライブラリー)
総額: ¥8,360
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

あらゆる精神科的な疾患について、脳科学的な根拠を知ることは、それらが「本当の病気」であり、来談者たちはそれに苦しんでいる犠牲者であるという理解を促す。個々の病気を知ることで、それが「気のせい」ではないことがわかる。脳を知って病を知り、他者の苦しみへの共感を深める。

イップス病について脳科学的に知ることで、臨床家としてそのような訴えを持つ人への接し方が変わってくるのだろうか?少なくとも私は変わった。というよりイップス病に限らず、あらゆる精神科的な疾患について同様のことが言える。脳科学的な根拠を知ることは、それらが「本当の病気」(当たり前の話だが)であり、来談者たちはそれに苦しんでいる犠牲者であるという理解を促す。するとその来談者の訴えに、より素直に耳を貸すことができるようになったのである。イップス病を知らないとしたら、私たちは「緊張すると手が震えるんです」という来談者の訴えに、「練習を繰り返せば何とかなるでしょう」とか「がんばって経験を積めば、度胸がついて震えるなんていうことはなくなりますよ」あるいは「そんなこと私にだってありますよ」などと言いそうではないか?さらには「手が震えることで演奏できなくなり、コンサートに出ることを回避できるという意味があるのですね」というような解釈めいたうがった見方をしそうではないだろうか?「慣れないから緊張し、手が震える→慣れればそんなことはなくなる」という「常識」は、おそらく軽い手の震えには通用する。大部分の震えの訴えに対しては、「そのうち慣れますよ」で済むのである。しかし深刻な震えにはそうではないものがある。練習すればするほど悪くなることがある。それがイップス病の恐ろしいところである。これは怪しいと思ったら、専門家への受診を促すことが肝要である。でもそのためには、とにかくイップス病という不思議な病気のことを知っておかなくてはならない。さもなければ、来談者の訴えを適切に扱えない。私は一般的に言って「来談者の訴えに虚心坦懐に耳を貸しなさい」というよりは、「個々の病気を知りなさい」という教えのほうがより現実的であると考える。虚心坦懐には限度がある。人はみなバイアスを持ったまま、自分を虚心坦懐と思い込むことができるからだ。それよりも病気を知ることで、それが「気のせい」ではないことがわかる。それが来談者の苦しみを知ることでもある。ただし個々の病気を知ることには、それだけ時間もエネルギーも必要となる。もっと言えば、来談者の訴えを本当に受け止められるようになるためには、個々の病気に自分がなってみる必要があるが、さすがにそれは無理だろう。個々の病気を知るために、心理士は精神医学や脳の専門家になる必要はないが、脳科学オタクくらいにはなっておくことは必要だろうと私は思う。脳科学の専門書を紐解く必要はない。脳科学オタクに毛の生えたようなレベルの私が書くこの本程度でも結構役に立つものと自負している。(「第8章」より)

著者について

岡野 憲一郎
1982年東京大学医学部卒業,医学博士。1982~85年東京大学精神科病棟および外来部門にて研修。1986年パリ,ネッケル病院にフランス政府給費留学生として研修。1987年渡米,1989~93年オクラホマ大学精神科レジデント,メニンガー・クリニック精神科レジデント。1994年ショウニー郡精神衛生センター医長(トピーカ),カンザスシティー精神分析協会員。2004年4月に帰国,国際医療福祉大学教授を経て現職京都大学大学院教育学研究科臨床心理実践学講座教授。米国精神科専門認定医,国際精神分析協会,米国及び日本精神分析協会正会員,臨床心理士。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岡野/憲一郎
1982年東京大学医学部卒業、医学博士。1982~85年東京大学精神科病棟および外来部門にて研修。1986年パリ、ネッケル病院にフランス政府給費留学生として研修。1987年渡米、1989~93年オクラホマ大学精神科レジデント、メニンガー・クリニック精神科レジデント。1994年ショウニー郡精神衛生センター医長(トピーカ)、カンザスシティー精神分析協会員。2004年4月に帰国、現職国際医療福祉大学教授。米国精神科専門認定医、国際精神分析協会、米国及び日本精神分析協会正会員、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 岩崎学術出版社 (2013/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4753310612
  • ISBN-13: 978-4753310616
  • 発売日: 2013/7/16
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 5
星5つ
48%
星4つ
23%
星3つ
29%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2014年4月13日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月12日
形式: 単行本(ソフトカバー)
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年8月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年10月28日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告