中古品:
¥294
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月22日 - 23日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯つき 比較的状態の良い商品です。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

脱格差社会と雇用法制―法と経済学で考える (日本語) 単行本 – 2006/12/1

5つ星のうち2.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥294
¥9,410 ¥202
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

労働者に対して多様な就業機会を提供し、その能力・意欲に的確に報いることは、公正で活力ある社会にとって重要である。しかし、現在の雇用法制では、解雇や雇い止め問題などで、法や判例が雇用契約の継続を企業に強制させることが常態化している。弱い立場にある労働者を「保護」するためにこれらの法や判例が必要であるというのが「通念」として流布しているが、本当だろうか。本書は、このような問いかけに答えて、格差社会問題と雇用法制との関わりを中心に、「法と経済学」によって、通念の裏にある真実を多角的に抉り出そうとした試みである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福井/秀夫
1981年東京大学法学部卒業。建設省に入省。1996年法政大学社会学部教授、2000年ミネソタ大学客員研究員などを経て、2001年より政策研究大学院大学教授。京都大学博士(工学)。専門は行政法、法と経済学。著書に『都市再生の法と経済学』(信山社、2001年、日本地域学会賞・日本不動産学会賞受賞)、『競売の法と経済学』(共編著、信山社、2001年、都市住宅学会賞・日本不動産学会賞・日本地域学会賞受賞)、『官の詭弁学』(日本経済新聞社、2004年、日本不動産学会賞・日本地域学会賞受賞)、『新行政事件訴訟法』(共著、新日本法規、2004年、都市住宅学会賞受賞)ほか

大竹/文雄
1961年、京都府に生まれる。京都大学経済学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、大阪大学博士(経済学)。大阪大学社会経済研究所助教授を経て、大阪大学社会経済研究所教授。主著に『日本の不平等』(日本経済新聞社、2005年、サントリー学芸賞、日経・経済図書文化賞、エコノミスト賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 日本評論社 (2006/12/1)
  • 発売日 : 2006/12/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 245ページ
  • ISBN-10 : 4535555125
  • ISBN-13 : 978-4535555129
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.0
星5つ中の2
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
100%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2007年3月25日に日本でレビュー済み
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告