通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
胞子文学名作選 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 DORAMA web店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【必ずお読みください】Amazonマーケットプレイス限定価格につき、店頭での販売価格とは異なります。中古商品のため多少のキズ・スレはご了承ください。特に表記がない場合は帯、内封チラシ、応募はがき等無い事がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

胞子文学名作選 単行本 – 2013/9/20

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,500 ¥ 1,799

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 胞子文学名作選
  • +
  • きのこ漫画名作選 【改訂版】 (ele-king books)
  • +
  • 祖父江慎+コズフィッシュ
総額: ¥15,768
ポイントの合計: 416pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大好評『きのこ文学名作選』につづく待望の姉妹編!

苔、羊歯、茸、黴、麹、海藻……。本書は、胞子によって生殖活動を行うさまざまな生物が登場する小説や詩を集めた傑作アンソロジー。ふだん見落とされがちな、自然界の密やかな存在に目を向けた諸作品を「胞子文学」と名づけ、文学の新しい楽しみ方を発見します。斬新な装幀やさまざまな胞子的見せ場・からくりが随所にあり、見て楽しい、読んで面白い本になっています。ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)

内容(「BOOK」データベースより)

大好評『きのこ文学作選』の姉妹編。苔、羊歯、きのこ、カビ、麹、海藻…「胞子」をテーマにした小説や詩を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 364ページ
  • 出版社: 港の人 (2013/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896292669
  • ISBN-13: 978-4896292664
  • 発売日: 2013/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 186,334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

こればかりは凝りすぎ&行き過ぎた感が否めない1冊でした。
目を凝らさないとまともに読めないようなページも多数あり(そんなところまでも「胞子」らしい、と言ってしまえばおしまいなのですが)、雑貨ならともかく読み物としては少々苦しい作りです。
胞子にかける作り手の情熱はビンビンに伝わるのですが、それ以前にこれは「文学名作選」という本なのだから、もっと視認性・可読性を重視してほしかった。
よい作品が多いだけに尚のこと残念。
せめて本文だけでも、もう少し普通に作っていただけたらとは思うのですが……。
いっそ装丁&加工マニア向きのコレクター本と割り切ってしまうのが一番なような気はします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
開いてみると、細かなデザイン処理がぎっしりつまっています。
目次ページの処理の仕方は斬新で、面白い。
素材加工の見本としても、持っていて損はないかなと思いました。

所収の作品ごとに、あるいは作品の場面転換にあわせて、紙質(色と質感)やフォントを変えています。
トレペをつかって風景を想起させるなど、デザイナーのこだわりが伝わってきます。

個人的に大好きな、金子光晴氏の詩も掲載されていたのですが、
その、フォントがあまりに美しく、感嘆しました。

一文字一文字、丁寧丁寧に、フォントを作り上げた様子が伝わってきます。サイズの調整も見事でした。
自分ならこうする(個人的には、「苔むす」「苔むす」のあいだに1ページつかいたい、とか)
という感覚が湧き起り、文学の楽しみ方が拡がった気もします。

ただ、ひとつ難点をあげると、
視認性や機能面でひっかかる部分があり、中途半端な感じはします。

もし、機能面を犠牲にする覚悟なら、もっとアーティステックにやりたいことを
やりつくしたほうが、潔かったかもしれません。

と、賞賛しつつも苦言を呈させて頂き、
素晴らしいチャレンジに出会えたことに感謝します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大変、面白い装丁です。「カバーを外した背表紙が光の当て具合で、見える絵がある」と店員さんに聞いて、「胞子」にも「文学」にも興味がない私がつい手にとってしまいました。

中身も色や材質の違う紙が使われている。文字配列や文字の印字も多種多様な表現をされています。

今までの「上質な白い紙・黒いインクで印刷」に慣れている生粋の読書家の方には読みずらいって意見があるのもわかりました。
私も正直、「文学を読む」を考えたら読みずらそうだな~って思って、買いませんでした。

ただ、私は普段は文学ではなくて、漫画や雑誌も読むこともあるのでカラフルな紙への印字や、文字配列は特に気にせずに「面白ければ」と思い手に取りました。

無知を承知で正直に申し上げれば、私は文学に造詣が深いわけではないので、文学としては未だに読みこめてません。
「この作者は何言ってるの?」って失礼ながら思ってしまうこともありました。

そんな時、読むのを止めずにいられたのは、この本の造りに助けられました。
あえて多様な材質の紙を使われている、文字配列を変化させているのを紙の本として触って、見ていると「どうして、この作品には、この紙を使い、この文字配列にしたんだろう?」とか違うことを考えながら、飽きずに
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 桃卿 投稿日 2013/12/14
Amazonで購入
美味しい所をちょっとだけほしい。という欲求を満たしてくれます。「胞子」「黴」を取り巻く世界が幻想的に広がります。目に見えない世界をのぞいてみたい方におすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す