この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

背信の科学者たち―論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか (ブルーバックス) 新書 – 2006/11/21

5つ星のうち4.4 17個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2
新書
¥60
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

続発する科学者の論文捏造事件の真相とは?国内外で科学者が不正に手に染める事件が続発している。なぜ、科学者は背信的な行為に走るのか? 米国の実例をもとに問題の本質に鋭く迫る名著を緊急復刊。

内容(「BOOK」データベースより)

科学者はなぜ不正行為を繰り返すのか?誠実で「真理の探究者」と尊敬されている科学者による不正行為が後を絶たない。なぜ、彼らは自らの名誉と職を失いかねないリスクを冒してまでも不正行為に手を染めるのか?ガリレオ、ニュートンなど大科学者から詐欺師まがいの研究者まで豊富な事例を通じて、科学の本質に迫る問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 360ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062575353
  • ISBN-13: 978-4062575355
  • 発売日: 2006/11/21
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 484,616位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
評価の数 17
星5つ
50%
星4つ
39%
星3つ
12%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

17件のカスタマーレビュー

2014年9月11日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年6月17日
形式: 新書Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年11月24日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年12月4日
形式: 新書Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年5月6日
形式: 新書Amazonで購入
2009年11月17日
形式: 新書Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月14日
形式: 新書Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年9月22日
形式: 単行本