中古品
¥ 90
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: まわりに薄汚れあり 中はきれいです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

肉食が地球を滅ぼす (ふたばらいふ新書) 新書 – 2003/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

出版社 担当者Ar, 2003/03/12
いくら肉好きでも、さすがに考え込んじゃう本です
 狂牛病の発生をきっかけに、次々と明るみに出る食肉の偽装事件、違法食品添加物の乱用、そして、またもや発生した大腸菌O157の集団食中毒などなど。近年、われわれの食生活の安全はおびやかされる一方です。

 とくに牛肉を中心とする食肉は、重大な問題をはらんでいます。その生産の実態は驚くべきものです。牛・豚・鶏たちは、大量生産のために、農薬に汚染された穀物、ホルモン剤、抗生物質などで育てられ、体をボロボロにされています。肉の保存性を高めるために放射線殺菌も行われています。

 また、食肉生産のために牛は穀物を大量消費します。その結果、第三世界の人々は食糧不足に苦しみ、慢性的な飢饉にさらされています。大規模な牧場開発による自然環境破壊も見逃せません。そして、背! 後で暗躍する多国籍巨大資本によって、ファーストフードに代表される食の均一化と食文化の解体が進められています。日本人もその犠牲者です。食の洋風化によって生活習慣病は国民病と化しつつあります。
それでも私たちは肉を食べ続けるべきでしょうか!? 本書は、肉食を中心にした現代の食生活に警鐘を鳴らし、理想の「食」を提示しています。
私たちは「そのこと」を知らずに肉食を楽しんでいます。

「どんなに体に悪い肉を食べさせられているか、そして第三世界の人々と地球環境にどんな悪影響を与えているか」を知らずに。
飢えた子を生む肉食、緑を殺す食肉生産、病原菌を運び、死の味付けをされた肉…それでも私たちは食べ続けるのでしょうか?

内容(「BOOK」データベースより)

私たちがどんなに危ない肉を食べさせられているか、どれだけの人が知っているだろう。第三世界の人々と地球に肉食がどんな悪影響を与えているかも…。現代の食生活に警鐘を鳴らし、理想の「食」を提示する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 237ページ
  • 出版社: 双葉社 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575153281
  • ISBN-13: 978-4575153286
  • 発売日: 2003/03
  • 梱包サイズ: 16 x 11.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 603,482位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2005年9月4日
形式: 新書|Amazonで購入
コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告