この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

肉体の門 [DVD]

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 野川由美子, 宍戸錠, 和田浩治
  • 監督: 鈴木清順
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2005/05/21
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00092QQG6
  • EAN: 4988103601088
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 181,728位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

敗戦直後の東京で、混乱の中を生き抜いていく5人の娼婦の姿を描いた田村泰次郎のベストセラー小説の映画化。鈴木清順監督の美学とロマンに満ちた作品。

レビュー

新作『オペレッタ狸御殿』で、相変わらず人を食ったような出鱈目なナンセンスの世界を現出させた鈴木清順の日活時代の話題作が続けてリリースされた。『すべてが狂ってる』は、ヌーヴェル・ヴァーグを清順流にデフォルメさせたような怪作である。一見、大人への反抗を繰り返し、破滅していくハイティーンを描いた日活伝統の不良少年ものだが、すねたような甘さを漂わす川地民夫が母親への異常な愛憎をエスカレートさせ、理不尽極まりない感情を暴発させてしまう展開には唖然となる。三保敬太郎と前田憲男のファンキー・ジャズが全編に流れ、主人公の不安定な心理を手持ちカメラで追う卓越した映像センス、高度成長以前の東京のざらついた風景も印象に残るが、ともすれば、センチメンタルな情感に溺れそうになるテーマが、時空を無視した強引なカットつなぎによって“異化”され、清順独特の乾いた批評精神が浮かび上がってくる。悪夢のようなハードボイルドの傑作『野獣の青春』のポジに当たるアクション・コメディが『探偵事務所23 くたばれ悪党ども』だ。オトリ捜査に関わった宍戸錠が、ここでは日活アクションに欠かせないキュートなファム・ファタール、星ナオミとチャールストンを踊り、コミカルな歌まで披露する。地下室に閉じ込められた錠が、アスファルトの道路を機関銃で撃ちぬく伝説的な名場面は、必見である。日活時代の清順映画の代表的なヒロインといえば、野川由美子以外にはありえない。戦後の焼け跡で、体ひとつで生きるバイタリティあふれる娼婦たちを、フォーヴィズムのような極彩色で描いた『肉体の門』では、気丈で純なボルネオ・マヤを熱演。モノクロの奇妙に無常観を表出させた画面、木村威夫の異様な舞台ふうセットが忘れがたい『河内カルメン』では、コメディエンヌとしての魅力が全開している。 (高崎俊夫) --- 2005年07月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

監督: 鈴木清順 原作: 田村泰次郎 脚本: 棚田吾郎 美術: 木村威夫 音楽: 山本直純 出演: 野川由美子/宍戸錠/和田浩治/石井富子/松尾嘉代/河西郁子/富永美沙子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 本作が制作された1964年といえば、先の大戦終結から20年くらいたった頃。「もはや戦後ではない」などと言われ始めた時代でした。そんな中、実際に戦争に従軍した経験をもつ鈴木清順監督がメガホンをとった作品です。 
 戦後の大混乱期を生き抜いた娼婦たちの物語。当時は本当に、毎日が生きるか死ぬかのサバイバルでした。まさに弱肉強食、みんな生き抜くのに必死だったんです。そういった中での女性たちの逞しさが、逆に観ていて切なさを感じさせます。デビューしたばかりの野川由美子さんの美しさは言うまでもありませんが、70年代以降テレビなどでのオバちゃん役が多い石井富子さんまでが娼婦役というのが、なんか凄い。
 最近は反戦などというのもおこがましいご時世になりつつあります。そんな時、戦争の持つ現実について考えるのにはいい機会になる作品だと思います。当時の女性たちのバイタリティーさに併せ持つ哀しさ、みたいなものがうまく表現されていて、まさに名作です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 終戦直後の混沌期をたくましく生きる女達を描いた、田村泰次郎の同名小説を映画化した作品である。が、文芸映画という印象は薄い。復興期の東京で、文字通り身体を張って生きている売春婦が主人公である。その描写が実にリアリティ溢れており、逆に、しかつめらしい哲学性を寄せ付けないのである。
 そこにあるのは、徹底したバイタリティのみ。死線を彷徨った人間のみが醸し出せる、したたかさが魅力的なのだ。ギラギラとした剥き身の生存本能、これに直結するエロス。これが、時にもどかしく、時にあっけらかんと紡ぎ出されている。
 野川由美子を始め女優陣の個性と熱演、それをシャープに切り出す清純節が魅力だが、それは大前提として、個人的に一番惹かれるのは、木村威夫の美術である。リアリティに溢れながらもどこか虚構性を濃密に漂わせた、焼け跡やヤミ市のセットの数々が素晴らしい。もはや特撮の範疇だよなぁ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラストに、残った娼婦たちが、中盤では良くも悪くも快活で陽気だったのに、こすっからい目つきで客を漁る姿は、非常にリアルです。

宍戸&清順のコンビはとても良いです。「殺しの烙印」以外は(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今見てもなんら古さを感じさせない、ツィゴイネルワイゼンとならぶ鈴木清順の代表作。戦後間もなくの日本を再現したセットが素晴らしい。戦後の混乱期に体を売って生き延びる4人の女と宍戸錠演ずる復員兵は、ある意味敗戦のトラウマを引きずっている。女たちはGIには体を売らない。宍戸錠演ずる「しんちゃん」は、生きて帰ってきた負い目と、アメリカに対する圧倒的反発を心に宿している。彼らは、まるでプラスとマイナスの磁石のようにお互いをひきつけあうが、それは結局破滅せざるをえない関係だ。牛をさばいて、肉を食うシーンは痛烈な皮肉をともなって、「精神」に向けられた徹底した懐疑と、アメリカに対する強烈な葛藤を象徴する。鞭打たれる女達の叫びや、しんちゃんを貫く銃弾は戦中「日本精神」の断末魔の叫びである。必見の名作である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やっぱ宍戸錠です。
ここでもかっこいい。
野性味あふれてます。
あんな男に惹かれるんです、男でも。

20代後半の私でも
出演者が誰が誰だか分かりません。
ちょっとずつ勉強。

マヤの田舎娘からの豹変と
町さんの色っぽさ
素敵です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック