通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
聲の形(1) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聲の形(1) (講談社コミックス) コミックス – 2013/11/15

5つ星のうち 4.2 157件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 180 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 聲の形(1) (講談社コミックス)
  • +
  • 聲の形(2) (講談社コミックス)
  • +
  • 聲の形(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

お前なんかに出会わなきゃよかった。
もう一度、会いたい。

耳の聞こえる少年・石田将也(いしだしょうや)。
耳の聞こえない転校生・西宮硝子(にしみやしょうこ)。
ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。
やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。
幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。
週刊少年マガジン掲載時に、空前の大反響を巻き起こした衝撃作。待望の単行本1巻発売!

【作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063949737
  • ISBN-13: 978-4063949735
  • 発売日: 2013/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 157件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazon Customer トップ100レビュアー 投稿日 2016/10/12
形式: コミック Amazonで購入
話題になった映画版を観て、2時間に圧縮されたおかげでドラマパートが抜けており物語がうまくつながっていない部分があると感じ、それを知りたくなったこと。鑑賞後インターネットの映画レビューで、ハンディキャップを抱えた人間を利用したお涙頂戴モノ呼ばわりされていたのに違和感を覚えたこと。それらがきっかけで原作である本シリーズを手にとってみました。全7巻を読んでのレビューですが、以下、ややネタバレがあります。

小学校時代、ガキ大将の主人公がクラスメートを煽って耳の不自由なヒロインをいじめていたものの、あまりのエスカレートぶりにある日まわりから見放され、いじめられっ子に転じてしまいます。それから周囲にこころを閉ざした主人公が高校生になり、数年ぶりにヒロインと会うことで過去の罪と向きあう、というのがおもなストーリーラインです。

まず、原作は映画版よりもずっとハード。いじめ描写のエグさももちろんですが、心情描写もかなりドロドロしており、人間関係のなかの欺瞞が容赦なく描かれています。マンガ的に誇張されてはいるものの、各キャラや各シーンに、学生生活だけにかぎらず社会生活のなかでも思いあたるところがたくさんありました。
人間の汚さが強調されていますが、あからさまに善悪が色分けされているわけでもありません。とくに作中一番のイヤなやつである小学校の担任教師
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
俺も同じ聴覚障碍者で、普通学校を卒業しました。
西宮さんと同じように、健常者相手から
荷物を盗まれたり、背後でばーかと連呼していたり(実は聞こえていた※簡単な言語は認識できる)「みみつんぼ!」と言われたり、意味なく殴られたり
散々、悲惨な目に合いました。心の傷は今でも癒えていません。
補聴器もなくなったことがあります。先生がその後クラスの皆に補聴器の説明をして、あとでこっそりと机の上に戻されていたことがありました。

マンガに出てくる無責任な先生に腹が立つ。
ですが、実際俺のクラスもそんな先生がいたりします。

忘れもしない先生は小学4年生の先生。
あまりにもすばらしいのでここに挙げることにします。

「いじめる人は誰なの!?先生はそんな卑怯な人は好きではありません!!」
と机をドンッと叩いて大声で叱ってくれました。
あれからいじめがピタッとなくなりました。
このすばらしい先生はいまでも年賀状とかやりとりは続いています。

自分のことを思い出し、色々書いてしまいましたが、
このマンガを読んで共感できる部分がいくつがあり、
健常者の方々に読んでもらいたいと思いました。

そして
...続きを読む ›
4 コメント 717人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版の1巻が0円だったので何となく読んでみた。(購入後知りましたが映画公開記念的な感じですか?)
そしてそのまま全巻購入してしまいました。なので全巻読んだ上での感想になります。

このマンガのテーマとしては”他人と交流する事、理解し合う事の難しさ”みたいな事が含まれていると思います。
たしかに他のレビューにあるように、なぜヒロインが自分をいじめていた主人公と友達になるのか?という疑問を持ちます。

小学生時代、主人公が逆にクラスメイトからのいじめの対象になってしまった後もヒロインは主人公を気づかう態度を示します。
この献身性は愛想笑いの癖と同様、障害を持ったヒロインが他者と交流するために身に着けた処世術の一つなのだと思います。
ヒロインはすぐに自分が悪いと思ってしまうので、理由はどうあれ主人公がいじめられるきっかけが自分なので、その罪滅ぼしのつもり
だったのかもしれません。(自分が関係している事で他者が傷ついたら自分のせいと思ってしまうみたいな・・。)

高校生時代に再開した際に一度は拒絶し主人公の前から逃げ出しますが、追いかけて来る途中でずっこけた主人公に近づき気づかいます。
その時に「どうして」(なぜ会いに来たのか?)と伝えます。
ここで主
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドスコイ尚一 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/4/27
形式: コミック
小学校の時、「クラスに障害のある子がいた」という人は多いと思います。

「聲の形」第1巻の内容を簡単に説明すれば、
健常者ばかりのふつうのクラスに転校してきた
耳の聞こえない女の子を、主人公が面白半分にいじめる話です。

ただ、この作品において、1巻は単なる序章にすぎません。
2巻からが「名作」とほうぼうで囁かれるゆえんです。

正直、1巻を読んだだけでやめる読者はかなり多いと思います。
なにしろいじめの描写が酷い。
ふつうの心を持った人なら、間違いなく気分を害しますし、
ムカつくクソガキである主人公に感情移入することはほとんどできないからです。

ただ、いじめをした主人公には、当然ながら手ひどいしっぺ返しが待っています。
今まで信じていた友達も、先生も、母親も、周りの人がどんどん自分から離れていき、
女手ひとつで育ててくれた母親には、度重なる補聴器へのいたずらに対する
弁償費として百数十万もの大金を払わせることになってしまうのです。

まさに暗転。
人気者だったのに。みんないじめを見て笑っていたのに。
ひどい手のひら返しに合います。

そして主人公は中学
...続きを読む ›
コメント 321人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー