通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
聞き書 沖縄の食事 (日本の食生活全集) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: A105 -275 1988/04/25 月報あります 帯あり
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聞き書 沖縄の食事 (日本の食生活全集) 単行本 – 1988/4

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1988/4
"もう一度試してください。"
¥ 2,983
¥ 2,983 ¥ 1,196

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 聞き書 沖縄の食事 (日本の食生活全集)
  • +
  • 聞き書 アイヌの食事 (日本の食生活全集)
  • +
  • 聞き書 北海道の食事 (日本の食生活全集)
総額: ¥8,949
ポイントの合計: 267pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「命が宝」ということばが沖縄にあります。その生命を創り維持する第一のものは、食べものです。沖縄はまた、世界に冠たる長寿の島です。長寿を約束する最大の要素も食べものです。本書は、沖縄各地に住むおばあさん方から、半世紀前のくらしの営みのなかでの食べものつくりの話をうかがい、また当時の料理を実際につくっていただきながら製作しました。


登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 農山漁村文化協会 (1988/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4540880071
  • ISBN-13: 978-4540880070
  • 発売日: 1988/04
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
沖縄以外の方であれば、時々出てくる琉球の言葉を知りたくてほんの少しとまどうかもしれませんが、
琉球文化や料理に惹かれる方には本当にお勧めしたい、内容的に素晴らしい貴重な一冊です。
歴史的な意味で文献としても、本当にすごい内容だと思います。
普段の食事だけではなく、祈り事に用意される食事まで紹介されていて、読んでいて感動しました。
このシリーズの本は、本当に素晴らしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
沖縄の食に関し、いくつかの地域に分けて説明している。このシリーズを初めて買ったので「聞き書」であることに不安があったが文体は普通であった。写真も豊富であり、長寿と呼ばれた沖縄でどのような食生活が行われていたかよく理解できた(この本は長寿にスポットは当てていないが)。にしても、他のレビューであった通り、さつまいもの事例が豊富であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
琉球王朝の宮廷料理の系譜をもつ、伝統の家庭料理を紹介した聞き書き集の1冊です。
本編では、おおむね那覇周辺と各地に分け、独立した宮廷料理人らからエートスを受け継いだ系列と、
地場固有の系列があるようで、例えばそれらがハレ(非日常)やケ(日常)と結びつく形で、
当地の食習慣を形成しているようです。沖縄料理といえば、チャンプルーやソバ、具沢山の汁物、
アシティビチ、ミミガー刺身、豆腐よう…、
といったものもありますが、中には山羊料理など栄養価やロカリティの高いものもあり、
当地を訪れた際にはぜひ、と思うメニューもたくさんありますね。
本シリーズは、そうしたさまざまなルーツをもつ地場の伝統料理について、
素材や調理法を、実演を交えて伝える聞き書きの体裁をとっているもので、
県民性や文化を知るための入門書にもなっている、と思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 paki 投稿日 2016/2/16
Amazonで購入
いきなりこのシリーズを割と一気にマーケットプレイスで購入したのだが、やはり興味持っている時には面白い。
特に、「北海道」「沖縄」「アイヌ」になると、日本と言っても異文化。
この「沖縄」においては、ともかくサツマイモに関する様々な食べ方が記されていて「使える」と思った。
元々は最近パン作りにはまっていることから、「日本におけるパン的なもの」を見てみたい、という興味だった。
その上で実際に作れるものがあれば作ってみたい、だったのだが、それ以外のものでも実行してみたくなるものだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告