Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 540の割引 (63%)

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉田豪]の聞き出す力
Kindle App Ad

聞き出す力 Kindle版

5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 35

商品の説明

内容紹介

現代屈指のインタビュアーが、これまで接した著名人とのエピソードを通じて明かす、相手からいかに話を引き出すかのテクニック! AKB48に長渕剛、古舘伊知郎から森善朗元首相まで……と、ジャンルを問わない多彩な取材対象に鋭く斬り込むスタンスから導かれる抱腹絶倒&危機一髪のエピソードの数々が織り成す人間模様は圧巻。取材対象に時に大胆(過ぎ)に、時に繊細に切り込むことで、相手から興味深いエピソードをぐいぐい引き出すことでは右に出る者のない著者による一冊。相手から話を引き出すために必要なテクニックや心構えを、これまで接してきた著名人たちとのエピソードや裏話を絡めて完全披露! その「技術」は、日常やビジネスの現場で広く応用できる内容となっていると同時に、著者の大胆不敵さが生み出す爆笑エピソード集としても、広く一般に受け入れられる内容になっています。

内容(「BOOK」データベースより)

アイドルから政治家まで、各界の著名人への取材時のエピソードを通じて語られる、対人関係・人間力の磨き方のヒント。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4140 KB
  • 紙の本の長さ: 115 ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2014/12/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UT3W4T8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 97位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
まず、読み物として面白いです。
しかし、その面白さを支えているのが本書のタイトルである「聞き出す力」です。
本書の中に「心を開かれすぎず、適度に突き放す」という言葉がある通り、
相手との絶妙な距離感をいかに保てるかが、相手から意味ある言葉を引き出すポイントと言えます。

普段の会話でも使える内容ですが、人類学や社会学のインタビューがうまくいかない、どうすれば良いのかわからないという
学生さんにも気軽に読んでほしいと思った本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フリー人 投稿日 2015/4/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版には、阿川佐和子との対談が収録されていません。
それも楽しみの一つだったのに…。
返品して紙本を買い直したいが、Kindleは返品できないようです。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
まずこの本の間違った使い方として、あまり人間が好きでない人が、それを埋め合わせるための傾聴スキルの習得本として使う事。

冒頭から著者が言ってる通り、彼が大事にしてるのは、きちんと相手を好きになって(好きになれるポイントを見つけてそこを好きになる)、
決して嘘をつかない(相手の作品や仕事でつまらないと思った物はつまらないと言う)という事。
信用を大事にして、誠意をもって望むという事だと思う。

逆にそういう「他人に興味を持つ素質」を備えた人がこの本を読むと、彼のいろいろな小技やテクニックを吸収し、
実りのある会話へと導くスキルが向上すると思われる。
この本は彼の50のエピソードからなり、それらは人とインタビューをする際のコツを各1つ以上含む。
とはいえそれらのコツがなんらかの形で体系化されているわけではない。並列的にならんでいる。

ましてやそれらのコツは会話スキルがゼロの人間が7や8に到達するためのコツではなくて、
きちんと会話のラリーを続ける基礎基本がある程度できてる、いわば『中級者』が自身の会話スキルをさらに伸ばすためのものだろう。

また別の見方をすれば、インタビュアーが何を考えているか、という裏側への好奇心を満たす本にもなるかもしれない。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 INAVI トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/3/25
形式: 新書
本書は、プロインタビュアーを自称し他薦される人気者の著者の、雑誌連載コラムを一冊にまとめたもの。
巻末に、本書誕生のきっかけとなった阿川佐和子とのannannでの対談が収録されている。

不満や欠点は言い出せばキリがないと思う。でも、それは著者自身が百も承知で、本文でも何度か言及しているので、そこをマイナス評価とはしない。
本書のプラス評価として、吉田豪というアクもクセもある人の作品でありながら、割と広範な読者に面白さを与えられる点を挙げたい。
1. 吉田豪の仕事を愛する者ならば、そのノウハウや裏話が満載。吉田豪をして最強と言わしめた複数の難敵のエピソードは要読(個人的には、それでさえ、全容の明かされなかった岡本夏生のくだりこそ、怖かった)
2. インタビュアーという裏方にされてきた仕事の魅力をよく伝えている。おそらく、インタビュアー無双三傑としては、池上さん、阿川さんときて、吉田豪が食い込むと思うが、この三者三様を知る上でも、メジャー度・露出度で後発の吉田豪を本書で知ることは、他の二人を知る上でも有意だろう。
3. 吉田豪にもインタビュアー稼業にも興味はなくとも、営業やコンサルティングなどの仕事で、見知らぬ他人と話をうまくつなぐことが成功の鍵という方には、本書はなにがしかのヒントになると思う。当たり前のことを突
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
自然体でありつつ、真摯な姿勢で取り組まれていることがよくわかりました。面白おかしく書かれているが、誇張が一切無いところが清々しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
インタビューのプロである吉田豪さんのインタビューの極意集。
とはいえ、実用書ではありません。

いろんなエピソードをからめて、吉田豪さんの心構え的なものが書かれています。
表に出ない苦労話もあって、出来上がったインタビュー記事を読むのとはまた違った面白みがありました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書を読む以前は、相手から聞き出す力のメソッドを教えてくれるものだと期待していたが、実際はそうではなく、本文中にもある通り、「おもしろインタビュー集」のようなものである。確かに、聞き出す力のテクニックがまとめられているというわけではないが、聞き出すことの何かしらについては学べるのではないだろうか。
また、普段表に出ることはないインタビューのリアルな裏側を垣間見ることもでき、なかなか興味深かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover