数量:1
聖職の碑 SVBP-45 [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は良好です。チャプターリストはありません。エアパッキンで包んで発送致します。他と併用して出品していますので売り切れの際はご了承下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,891
通常配送無料 詳細
発売元: Media 翡翠(メディア翡翠)
カートに入れる
¥ 2,950
通常配送無料 詳細
発売元: ESP
カートに入れる
¥ 3,575
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

聖職の碑 SVBP-45 [DVD]

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,938
価格: ¥ 2,891 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,047 (41%)
ポイント: 58pt  (2%)  詳細はこちら
残り18点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、麻布セール本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 2,891より 中古品の出品:7¥ 2,210より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 聖職の碑 SVBP-45 [DVD]
  • +
  • 新装版 聖職の碑 (講談社文庫)
総額: ¥3,679
ポイントの合計: 82pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 鶴田浩二, 岩下志麻, 三浦友和, 田中健, 中井貴恵
  • 監督: 森谷司郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 株式会社スバック
  • 発売日 2005/12/21
  • 時間: 153 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BU6PMQ
  • EAN: 4512174100456
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,924位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

新田次郎原作、森谷司郎監督のコンビで贈る、
教育者の真の姿を描いたヒューマン・ストーリー。
大正2年夏、長野県伊那谷で起こった実話を映画化。
思春期、進学期を迎えた子供たちの教育問題を真正面からとらえた作品。
出演は鶴田浩二、岩下志麻、三浦友和、田中健ほか。

<ストーリー>
中箕輪尋常高等小学校の生徒と引率の先生たちは、
修学旅行中、暴風雨に襲われ、山小屋を急造して避難していた。
校長の赤羽にとっては、この中央アルプス駒ケ岳登山は執念の行事であった。
彼には「子供を困難を乗り越えられる人間にする」という教育方針があった。
しかし、引率の清水は、もともとこの登山には反対であった。
というのも、彼は、同僚の樋口や伊吹やえとともに自由な理想教育を目指し、
校長とは度々論争をしていたのだった・・・。

<時間・体裁>153分
カラー/シネマスコープサイズ/片面・二層/4:3/モノラル/2NTSC日本市場向
品番:SVBP-45
JAN:4512174100456
発売元:株式会社スバック

内容(「Oricon」データベースより)

新田次郎原作、森谷司郎監督のコンビで贈る、教育者の真の姿を描いたヒューマン・ストーリー。大正2年夏、長野県伊那谷で起こった実話を映画化。思春期、進学期を迎えた子供たちの教育問題を真正面からとらえた作品。出演は鶴田浩二、岩下志麻、三浦友和、田中健ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 私は少年院の教官として生きてきましたが,若いころ,この仕事を始めしばらくして,この映画が封切られました。職場の先輩から声を掛けられて一緒に見に行き,原作も読んで,大変感銘を受けました。その後,私は実際に長野県にある少年院に勤務して,少年院の在院生60名と一緒に燕2763Mに登山する機会に恵まれました。作品は学校登山の話ですが,信州の人たちが,どれほど山を愛し,山に鍛えられ,山に育てられているか,そしてまた,若者たちを,山で鍛えようとしているかを知ることが出来ました。
 それ以来,機会あるごとに,後輩の少年院教官たちに,この原作を読むことを薦めていたのですが,映画を作った会社の方にメールで確認したところ,残念ながら,映画の方は事情がありビデオになっていなかったようです。応対してくださった方は,その時,見ず知らずの私に,手持ちの録画ビデオを郵送し貸してくださいました。今でも,その方の親切は忘れておりません。
 それが,2年前にDVDになったことを,最近知りました。それは,私がこの作品を薦めた後輩に久しぶりに会う機会があったところ,逆に私に,「以前,この作品のことを教えてもらったときにはビデオにはないと言われましたが,DVDになったので,購入しました。」と教えてくれたのでした。ずいぶん前に教えたことを,ちゃんと覚えていてくれました。彼は,私の思いを,次の世代に繋いで
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yazayaza 投稿日 2007/1/13
 時は大正、長野県の中央アルプスと南アルプスの谷間の村の中箕輪尋常高等小学校では教師たちが教育の在り方についてもめていた。鍛錬こそが子供をのばすという校長と個性を重んじることが重要だという若い教師たち。そんな中で校長は鍛錬主義の実践の場である中央アルプスの主峰「西駒ヶ岳」への学校登山を行った。少年数十名、教師3名、OBの青年たちは順調に登山を進めたものの山小屋に着くとそこにはあるはずの山小屋がない。そして彼らは山の頂で一晩をあかすことにした・・・

 明治から大正へと時代とともに思想も駆け抜けていきその先導者であるべき教師たちもまた悩んでいる。そして教育の問題から大悲惨時が発生する。教育県といわれた長野の姿、そして今でも続いているという西駒ヶ岳への学校登山には何人も感嘆せずにはいられないことだろう
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほら吹き VINE メンバー 投稿日 2010/4/12
Amazonで購入
新田次郎の小説を先によみ、感動して、本DVDを購入しました。

一時期は、DVDはもちろん、小説自体も手に入れることもできなかった作品のようです。
誰でも手に入れることができる環境になったのは大変よろこばしい。

小説にくらべて、白樺派のことなどがはしょられているため、こちらだけを見ると、やや理解しにくい場面があるかもしれない。
しかしながら、教師とはないか、ということの本質は、決して省略されているわけではないので、十分見応えのある映画になっている。
鶴田浩二や岩下志摩の演技もすばらしい。

教師とはなにか、を考えさせられるいい話だと思います。

ぜひ、多くの人に観てもらいたい。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
低体温や結核で具合が悪くなっていく役の顔色がどんどん悪くなっていくのですが、最近の映画は病気だろうが凍死だろうが血色がいいまま死んでいくので逆に新鮮です。
それからこの時代でもまだ士族とか身分にこだわりがあるのが興味深い。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
公開当時には見られませんでしたが、最近になって見ました。
調べてみると、興行的には成功しなかったようですが、残念としか言いようがありません。

教師とは、山が持つ厳しさとは、など様々な問いかけがつまった作品だと思います。
なかでも、教育の理想論を闘わせる姿は興味深いです。
鶴田浩二さん演じる赤羽校長が、自身の考え(実践主義)に立ちながら、白樺派というか理想主義的な若き教師たちとそれに反発する教師たち双方の意見に、きちんと耳を傾けているのが印象的です。
ただ、理想主義に反発する教師や役人たちの意見には、現在も続く、ある種の思想を感じざるを得ません。端的に言えば、新しい物はダメで、子どもたちは“愚か”ということでしょうか。

学生時代の友人が3人、教師になっています。それぞれ考えは違っていますが(日教組に加入している教師もいますし、していない教師もいます)、基本的には熱意を持って生徒たちにあたっています。赤羽校長のようにわが身を犠牲にできるかどうかは不明ですが、勤務時間の長さ(日本は先進国のなかでも、その長さがトップだそうです)や報われぬことの多い業務などを聞くと、頭がさがります。
だからこそ、奮闘している教師たちに、その真実の姿を理解してくれる人が必ずや表れることを、本作を見て感じてもらいたいです。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック