中古品:
¥ 13,656
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】ケース、ディスク4枚、ブックレット付属しています。 ケースにスレあるもののディスク・ブックレットに目立つ傷なく状態は非常に良好です。●より気持ちよくお使いいただけるように、アルコール除菌後クリスタルパックで包装して発送いたします。  ●迅速・丁寧なAmazon倉庫直送の商品となりますので、在庫切れ・発送の遅れはありませんので、安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

聖者の行進 DVD-BOX

5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 22,826より 中古品の出品:6¥ 11,975より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: いしだ壱成, 酒井法子, 広末涼子, 安藤政信, 雛形あきこ
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2003/03/21
  • 時間: 515 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008CHBL
  • JAN: 4947127523080
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 74,199位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1998年にTBS系列で放送された、常にドラマ界のタブーに挑む野島伸司脚本のドラマ。知的障害を持つ青年、町田永遠(いしだ壱成)は、同じく知的障害者たちが住み込みで働く工場へとやってくる。だが、彼らを受け入れる善意の職場としての顔はあくまで建前のものであり、実際にそこにあるのは経営者たちによる弱者への虐待であった。
   永遠はそこでの生活や、彼らに楽器演奏を教えてくれる進学校の音楽教師(酒井法子・そこで彼らに教えるのがタイトルにもなっている名曲「聖者の行進」)、その教え子で学校では不良扱いされている少女・ありす(広末涼子)との触れ合いの中で、自らの尊厳と対峙していく。題材が題材だけに、各界各団体を巻き込んでの賛否両論を呼んだ問題作。 (田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

1998年1月9日~3月20日までTBS系にて放送されたドラマ。脚本を野島伸司が担当し、工場で働く知的障害者とその周囲を描いている。出演はいしだ壱成、酒井法子、広末涼子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 くまお トップ1000レビュアー 投稿日 2017/6/18
この作品は本当に素晴らしい…
問題提議は非常に深く強く、とても重たく、そして考えさせられる、考えさせられた力のある作品。

人間失格も好きなテーマを扱った作品ですが、人間失格よりもやや認知度は低くなるとは思いますが人間失格よりも私は好きな作品になります。

水戸アカス事件
こちらがこのドラマのモデルになっていますが、この事件について調べたり考えたりしてから視聴をして欲しいと感じます。
この事件についてある程度の知識や認識がなければ、この作品が何を伝えようとしているのかがわからないと思うから…

健常者と知的障害者
こちらも物凄く関係してきますが、これには本当に考えさせられる、非常に難しい繊細かつ複雑な問題を抱えている。
知的障害者に対する無理解が明るみに出たと言われていますが、裁判などではこの知的障害者の発言というモノにも感じる部分は非常に強く多かった。

中島みゆきサンの糸
今や色々な人にも沢山カバーされている有名な曲になりますが、このドラマの主題歌であった事、この作品の曲であった事の意味を感じて欲しい。

最後に
これは本当にあった事件を扱っていますが、ドラマでは最後にこの社長(段田安則サン)は永遠(いしだ壱成
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
聖者の行進を見ると、今のドラマなんて大した事ないなと感じさせられるくらいの内容です
キャスト選びも抜群のメンバー揃いだと思いますし
演技力もみんな半端ではありません
知的障害者たちへの虐待シーンは恐ろしいくらいリアリティがあります
正直、目をつむりそうになりながらも見なくてはならない衝動に駆られました
きっと今じゃこういったドラマは絶対に放送されないでしょう
購入するに値する作品であると思います(自分は購入しました)
聖者の行進はただ"面白い"という判断を下す事はできないでしょう
それくらい深い作品であり、心動かされる内容だと思います
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このドラマは大変良いです。だが醜いシーンが多数有ります。デビット伊東が演じる竹上三郎ムカツク。段田安則が演じる竹上公輔ムカツク。いしだ壱成の演じる町田永遠や雛形あきが演じる水間妙子達が可哀想。暴力シーンは大変醜いです。このDVDは何度視ても飽きないです。これを視てから壱成君のファンになりました。名セリフ多数有り。永遠→僕はきっと行くところが無いでしょう・・・・
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Chihuahua トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/16
まさかこんなに凄いドラマだとは思ってもみませんでした。知的障害者を雇っている工場内でのいじめや虐待の話で、どのシーンもリアルに表現されていて、余りに可哀想で、ひどい弱い者いじめをするやつらに腹が立ってしかたありませんでした。親から持て余されている子もいて、それ故にいじめられても自分のいられる場所を大切にしようと、苦しみ耐えながらもひた向きに生きていこうとする彼ら。いしだ壱成さん演じる町田永遠君が、友人をかばい、彼なりに一生懸命悪いことは悪いと訴える姿に感動しました。

あと驚いたのは、いしだ壱成さんの演技力。これほど心に響く演技は見たことがありませんでした。また、松本恵さんなどをはじめ、その他の永遠の友人役を演じている方たちも、中途半端な演技ではなく、見事にその役を演じきっています。また、段田さんとデビット伊東さんの悪役の上手さにも感心してしまいました。
脚本も、その中のセリフも全て深く素晴らしいものでした。今まで見たドラマの中で、忘れられないものとなりました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
当時リアルタイムで見ました。キャスト・主題歌が物凄く良かったし、演技に関しては物凄くリアリティーやインパクトがありました。「未成年」「人間・失格」と同じ野島さんの脚本になります。結構賛否ある作品ですが、イジメとの戦い・知的障害者とモモ先生の触れ合いのシーン・廉と鈴のシーン・最終話の裁判のシーンは物凄く感動しました。私は我慢して最後まで見れたから良かったけれど、注意してほしいのは多くのレビュアーが触れてある通り、「人間失格」以上にイジメや虐待が酷い場面が多すぎるので、どうしても辛い人は見るのは止した方が良いかと思います。特にキャストの皆さん、相当にきつい役回りだったかと思うのでお疲れ様と言ってあげたいです。放送=1998年1月〜3月。賛否含め、評価=☆4とします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー