中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BOOKOFF ZERO
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙に少々キズが有ります。中身ページは比較的きれいな状態です。◆丁寧に清掃した後、緩衝材付き封筒に入れて発送いたします。◆コンディション説明に帯・はがき・チラシ・付録・付属品等についての記載がない場合は原則として付いておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聖徳太子の密使 (新潮文庫) 文庫 – 2012/4/27

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

智恵に優れた白猫、優しく機転の利く三毛猫、腕自慢の虎猫。個性あふれる三匹の猫と愛馬をお供に、聖徳太子の命を受け、太子の愛娘珠光王女は、異国へと旅立った。一行の行く手に立ちはだかるのは、怪蛇、土蜘蛛、魔神、魔女、謎の仙人といった妖怪変化、魑魅魍魎。数多の危難を乗り越えて、遥か西の国に辿り着いた王女を待っていたのは……。血湧き肉躍る興奮と感動の冒険絵巻。

内容(「BOOK」データベースより)

智恵に優れた白猫、優しく機転の利く三毛猫、腕自慢の虎猫。個性あふれる三匹の猫と愛馬をお供に、聖徳太子の命を受けた、その愛娘珠光王女は、異国へと旅立った。一行の行く手に立ちはだかるのは、怪蛇、土蜘蛛、魔神、魔女、謎の仙人といった妖怪変化、魑魅魍魎。数多の危難を乗り越えて、遙か西の国に辿り着いた王女を待っていたのは…。血湧き肉躍る興奮と感動の冒険絵巻。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 376ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410124118X
  • ISBN-13: 978-4101241180
  • 発売日: 2012/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 588,819位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 にゃお トップ1000レビュアー 投稿日 2012/5/15
形式: 文庫
素材は良いのに味付けがイマイチという感じです。

日本の文化を発展させるために各国の文化を見聞きするよう命を受けた珠光王子が三匹の猫を従え、各国を巡り、魔物によって苦しめられている人たちを救うという話です。
が、魔物を倒す場面がかなり呆気無いです。緊迫した戦闘は無く、特に苦戦もせず、お供の猫が神力を秘めた武器を人ふりすれば魔物はあっさり消滅。「え?これだけ?!」となります。

全体的に淡白で物足りない読後となりました。

題材は良いのに生かしきれていない感じがします。
冒険物なのだから、もっと勢いと緊迫感があった方が楽しめたと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 聖徳太子の姫君が男装をして、猫の家来を連れて、異国を見聞しに行くという設定は面白いのですが、ストーリーは単調なように感じました。平岩氏らしさがあまり感じられませんでした。
 やはり伝奇物は難しいですね・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
単なる冒険小説として読むのであれば、奇想天外な内容を楽しめます。作者がどのような意図でこの小説を書いたのか、私には理解不能の領域でした。そして冒険とは、このように簡単にできるのか、と疑問を感じながらの読書に終始しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック