通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
聖女の救済 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聖女の救済 (文春文庫) ペーパーバック – 2012/4/10

5つ星のうち 3.9 183件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,749 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 聖女の救済 (文春文庫)
  • +
  • ガリレオの苦悩 (文春文庫)
総額: ¥1,436
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

男が自宅で毒殺されたとき、動機のある妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川学が導き出した結論は虚数解。驚くべき事件の真相とは?

内容(「BOOK」データベースより)

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 432ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167110148
  • ISBN-13: 978-4167110147
  • 発売日: 2012/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 183件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
登場人物が少ない話だが、濃厚な話。この手の本を読みこんでいるつもりだったがトリックが分からなかった。我慢強い犯人だ。

I got wind of my family member coming to my room to tell me to go to bed.押し入れで懐中電灯をつけでこっそり読んだ。それに値する内容だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
夫が毒殺される事件が発生し、離婚を迫られていて動機のある妻が犯人だと思われるのだが、妻には北海道にいたという鉄壁のアリバイがあった上、毒殺の方法は不明。ドラマでもお馴染みの草薙刑事と内海刑事がそれぞれの視点から事件を調査しながら、湯川教授が巻き込まれていく展開に、どんどん引き込まれて一気に読んだ。
特に妻の性格が印象的だった。夫が浮気していることに感づいていながら離婚を迫られても平然としており、浮気相手の女性が自分の教え子であっても教え子を本気で心配して恨んだりせず、また刑事の尋問にも冷静に対処する穏やかで賢い女性。内海刑事が分析した通り「賢くて我慢強い」彼女ならではのトリックに、本書のタイトルはぴったりだと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書カバーに「情念の長編」と書いてあるが、まさしく"情念"をめぐる物語。物語のノリとしても2時間サスペンスチックな感じ。
トリックも意外性はあるが、「容疑者xの献身」ほど読んでいて「ヤラレタ〜」という感はなく、むしろ反則技に近い。。。
ガリレオシリーズでなければ、むしろ評価は上がったかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ドラマではお馴染みの、柴咲コウ演じる内海薫刑事が出演している今回の長編。とは言え、前に出すぎることなく、草薙刑事と湯川博士と3人、良いバランスで話が進んでいく。

聡明で美しい人妻が、離婚を切り出した夫を殺害する。最初からそれを示唆する場面が出てくるにも関わらず、その妻には鉄壁のアリバイがあった。帯にある「これは完全犯罪だ」という言葉の通り、湯川博士ですら殺害のトリックを解き明かすことができないまま話は進んでいく・・・。

今回のストーリーで印象に残っているのは、綾音の人柄だ。穏やかで優しく、頭がよい。非常に魅力的な人物である。その彼女と、この犯罪のトリックが結びついた時、タイトルにハッとさせられることだろう。
トリック自体には、「容疑者Xの献身」ほどの驚きはなかったが、ぐいぐい読めて、続きが気になる、十分楽しめる作品であると思う。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読んだらやめられなくなる、ヤミツキにさせるといった東野圭吾独特の魅力はこの作品の中にも存分に感じられる。
どんなトリックが使われたのだろうと、話が進むにつれて段々とその期待が高まっていった。

『容疑者Xの献身』では見事にその期待以上のトリックで感動し、
『流星の絆』では前者に比べると感動は少なかったものの、最後のどんでん返しに驚かさせた。

しかし今回の作品に関してはその期待の方が大きくて、消化不良に終わった感じがする。
確かにトリックはすごいが、そこまで奥の深さを感じさせない。
まぁそれが「虚数解のトリック」と言われたらそれまでなのだが。
どうもスッキリしない、最後のオチに関してはいつもより浅いのではないか。

話は本当にジワジワ進み、期待を高めるつくりになっているだけに悔やまれる。
感動を狙った話ではなく、トリック勝負ならもう少し味が欲しかった。

毎回期待に応えてくれる東野圭吾の作品ということで評価は厳しくしたが、読んで損はない一作だ。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
虚数解。その言葉の響きに引き付けられた。

ガリレオシリーズ長編第2作。
内海刑事は初登場である。

物語は淡々と進む。
常に”虚数解”、この言葉が頭を離れない。
いったい何が起こるのか?どんな衝撃的なトリックが隠されているのか?
そればかりを考えながら読み進めていた。。。が

まさか、こんな考え方があったとは。まさに虚数解のトリック。
理論的には存在するが、現実にはありえない。
この概念をミステリーにそのまま導入できるのはやはり東野圭吾しかいないのでは。

湯川のキャラが福山版湯川に近づいている気がする。
この作品を書いていたのはドラマと並行してか、ドラマの前か、そんなものだろう。
福山のキャラが強すぎて頭に残っているためにそう感じてしまったのか?
内海刑事も柴咲コウのキャラクターが直接に浮かんでくるようなキャラクターである。
ドラマのキャスティングが絶妙だったのか?
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー