通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
聖☆おにいさん(3) (モーニング KC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聖☆おにいさん(3) (モーニング KC) コミックス – 2009/3/23

5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 聖☆おにいさん(3) (モーニング KC)
  • +
  • 聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
  • +
  • 聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな”最聖”コンビの立川デイズ。

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。相変わらずの“最聖”コンビの立川デイズ。ついに、イエス護衛の大天使達がそのベールを脱ぐ。そして、まゆげが濃ゆ~い梵天があのブッダの心を掻き乱す!

著者について

中村 光
1984年4月21日生まれ、静岡県出身。血液型O型。2001年「月刊ガンガンWING」から『海里の陶』でデビュー。そして、2002年デビュー作を含めたコメディ短編集『中村工房』が発売される。2004年より電波系ラブコメディ『荒川アンダーザブリッジ』を「ヤングガンガン」で連載! 2006年からは『聖☆おにいさん』をモーニング増刊「モーニング・ツー」で連載開始し、新たなジャンルを拓く。銀河英雄伝説と自衛隊が大好きな、新進気鋭の俊英。

既刊
『聖☆おにいさん』(1)~(2)
『荒川アンダーザブリッジ』(1)~(7)(SQUARE ENIX)
『中村工房』全3巻(SQUARE ENIX)


中村光オフィシャルウェブサイト「Cappadocia」
http://www.nakamurahikaru.com/

ブログもしていますので、ホットな中村情報がわかります!


登録情報

  • コミック: 128ページ
  • 出版社: 講談社; 第12版版 (2009/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406372784X
  • ISBN-13: 978-4063727845
  • 発売日: 2009/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 HOLY トップ1000レビュアー 投稿日 2009/3/25
形式: コミック
この作品の存在に気がついたのは2巻が発行されたばかりの頃です。ネタは奇抜で興味深いけど中身はどうかな?と半信半疑。それでも好奇心が勝って購入しました。読んでみてすごく気に入りました。その理由は、この手のネタが陥りがちな「品のない茶化し」がなかった点です。とにかく読んでいて癒される感じ。それで1巻のレビューに感想を書きました。
しかし、実は正直を言うと、3巻の出来には期待してませんでした。
しつこいようですが、この手のネタに陥りがちな「ネタギレによるワンパターン化」を勝手に懸念(;^ω^)。3巻以降からがこの作品の真価が問われる……と、上から目線な事を思いつつ今回3巻を購入し、読了。2巻までの癒しパワーは失速する事なく継続しており、しかもキャラが増えて全体像に深みが増したように思います。腫れ物のようなラーフラ君、マイペースなウリエルとか、最高!
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
相変わらず宗教関係者が見たら卒倒するようなギャグを連発しているギャグ漫画の三巻目。個人的にアニメ化の流れになったらどうなるのかが気になる。
大天使四人が出てきたところには思わず吹いた。よもや大天使まで登場させるとは。しかもイケメン。アイドルグループに間違われるとかラッパを吹きそうになるとか笑いどころが多すぎる。キリスト教とか仏教とか別に知らなくても楽しめるけど、知ってると多分かなり面白い。大天使とかブッダが苦行中に体験することとかを押さえておけば存分に楽しめる。あるいはこれを機に調べてみるといいかも。
宗教関係者に怒られないことを切に願います。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ブッダとイエスが下界で暮らすほのぼのギャグコメディの第三巻。
 あいかわらず笑わせてくれます。宗教ネタをからめたギャグをやり続けるのは、キリスト教と仏教の元ネタというか知識について誰でも知っているネタを拾ってくるというのがまず難しいのに、それと日常のギャグを絡めてくるのですから、よく出来た漫画です。今回も本当に笑わせてくれました。
 ずっと登場人物が二人だけだとマンネリ化するということでしょうか。今回はイエス側からはミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエルの四大天使とペトロが登場。ブッダ河からは、梵天が登場しています。天使側は、その軽いノリとウリエルとわさびのエピソードがめちゃくちゃ笑わせてくれました。梵天は強引なキャラ設定と性格が二重丸で、こちらも笑わせてくれました。
 笑えましたよ、というのを連発するのはレビューというかあらすじ紹介としてはどうなのかと思いますが、本当に笑わせてくれたしよく出来た漫画だと思います。この勢いだとそのうちアニメ化とかなるんでしょうけれど、、、その際にはバチカンや原理主義者、仏教連盟からクレームがつかないかだけが心配です。ちょっと前のヘタリアみたいに韓国クレームで放送中止みたいな話にならなければいいなと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
体育会系で、ストイックな苦行好きのブッダと、文化系で、軟弱で泣き虫なイエス。
二人がファミレスに行ったり、旅行や運動会なんかに行ったりして、その度に驚いたり、落ち込んだり、泣いたりしちゃうのが面白い。

3巻の笑いどころは、やはりイエスとブッダのお坊ちゃまぶりだろうと思う。
下界では、Tシャツとジーパンで、和室のおんぼろアパートに住んでいるのに、
発言と行動がまったくそれにそぐわないところなんかが笑えてしまうんだろうなぁ。
あと、この巻から登場する4大天使のテンション高すぎて突き抜けている感じが
結構好きだったりします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
中村光さんの作品は、「荒川〜」から読ませていただいているのですが、個人的には、こちらの方が好みです。
少し長いですが、以下の理由で私はこの作品をオススメします^^

手塚作品の「ブッダ」育ちの私としては、とても楽しめました…!
とは言っても、いつ笑いのフィーリングがズレるか心配で一巻から一冊ずつ慎重に買っていましたが、珍しく笑顔と財布の緩みが止まらずに、結局立て続けに三巻まで買ってしまいました。笑
正直、イエスが普段の自分と重なってしまう部分が多く、なんだか恥ずかしいですが、そこが一番面白く感じます。笑
(私は無宗教なので)よそで奉られている筈の神の存在が、こんなに身近に感じられる漫画は初めてで、そこが買いの決め手です。

星が一点だけ付けられなかったのは、恐らく単行本のみ、一話につき一度は必ず出る登場人物紹介の部分で。
つい今まで爆笑していたのが、いきなり真顔になるくらい、す、少ししょうもないな…と、感じてしまいました。
単行本ならではの期待する部分だっただけあって、残念で…。それだけですが;

因みに、一巻のレビューを見ると「全く面白くない」「損をした」といった意見が少々目立っていた様に見受けられましたが、どんな作品も、作り手側は私達読者と同じ、一人の人間とい
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー