通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
考える葉: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややヨレコスレ 本体薄ヤケ ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

考える葉: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫) 文庫 – 2013/5/14

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 194

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 考える葉: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • +
  • 告訴せず―松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
総額: ¥1,790
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

男は心臓を鋭利な刃物で刺され、右胸の皮膚を円く抉られていた。新緑の四月初め、東京西方の田園を流れる川のほとり。…さらに、不可解な殺人が続くうちに、意外な様相を示して展開する。(尾崎秀樹)
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

硯つくりの青年・崎津弘吉は、留置場で知り合った井上代造に釈放後も親切にしてもらう。だがそのころから崎津は不可解な事件の渦中に巻き込まれ、ついには覚えのない外国視察団長射殺事件の犯人にされてしまう。罠に落ちた崎津は、自ら真犯人を突き止めるべく動き出す。巨富と権力を握る闇の実力者。戦時中の隠匿物資の謎。孤独な青年が辿り着いた意外な真相とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 548ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/5/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433476567X
  • ISBN-13: 978-4334765675
  • 発売日: 2013/5/14
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 384,992位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
長くて面白くて、安くて助かったのですが、最後はいつも急ぎ足ですな、テレビでもそうなりますね。清張さん全部よみたくなってきてこまってます。本屋にも出掛けず、週末数冊読んでしまっては・・・・あぁ読み放題の清張図書館が欲しい・・・ところで最終章、甲府盆地に富士山が裏富士に見えますが、駿河湾側からは裾野がすべてみえています。まるがひとつおおいようです。読者カードの代わりのつもりです。安かったのはタイムセールのときだけだったみたいです。時々ラッキー
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
考える葉、最高に面白いです。読み出したら止まらない清張様の典型的な社会派推理小説です。最後の展開は、予想できると思っていた自分が愚かでした。五つ星です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初少し読みづらくて、ページが進まなかったが、中盤の後半ぐらいから物語に興味しんしんになりだし面白くなって来る。清張の雰囲気は十分に楽しめる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 戦国時代狂 投稿日 2012/10/30
形式: 文庫
大変面白かった。作品紹介は次のとおり。男は心臓を鋭利な刃物で刺され、右胸の皮膚を円く抉られていた。新緑の四月初め、東京西方の田園を流れる川のほとり。…さらに、不可解な殺人が続くうちに、意外な様相を示して展開する。
一般文学通算98作品目の読書完。1976/11/22
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告