この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 234 (32%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 490
Kindle版
¥ 724
ムック価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 234 (32%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
考える教室 大人のための哲学入門 (NHK出版 学... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●商品に関するお問い合わせはこちら(076-294-8556)●Amazon専売の商品です。●中古商品のため、多少の書き込みやマーカー・ラベル跡・擦れ・日焼け・多少の汚れ等がある場合がございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。●発送は当店指定の発送方法になります。尚、配送時間指定や日祝の配送は不可です。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。●万が一商品不備ございましたら全額返金させて頂きますので、評価前にご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


考える教室 大人のための哲学入門 (NHK出版 学びのきほん) ムック – 2019/3/25

5つ星のうち 3.9 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
ムック
¥ 724
¥ 724 ¥ 380

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 考える教室 大人のための哲学入門 (NHK出版 学びのきほん)
  • +
  • つまずきやすい日本語 (NHK出版 学びのきほん)
  • +
  • 詩を書くってどんなこと?: こころの声を言葉にする (中学生の質問箱)
総額: ¥2,960
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

理解したかった哲学書が「読める」ようになる!
プラトンから吉本隆明まで。あの哲学者たちが遺した言葉を読み解く秘義とは。「対話する」「考える」「働く」「信じる」という身近なテーマから、あなたの中にある「私の哲学」を見つけていく。人生にとって一番重要な「問い」とは何か。いま最も注目される批評家が贈る、生きるために本当に必要な哲学の教室。

◆「はじめに」から引用
これから皆さんと一緒に読む、ソクラテス、プラトン、ルネ・デカルト、ハンナ・アレント、吉本隆明。彼ら彼女らは、生きた時代も異なり、実際につながりがあったわけではありません。
しかし、五人とも時代と深く交わって生きてきた人たちです。机にかじりついているような人間ではなく、行動をおこして世間と深く交わり合いながら、ときに批判を受けながら人生を生き抜いた、世界を代表する哲学者・思想家たちです。
このような、時代とよつに組んで生きた者たちの言葉を読み解きながら、自分にとって哲学とは何か考えていきたい。もっと言えば、どうすれば、自分の中にいる内なる哲学者を目覚めさせることができるのかを考えていきたいのです。
(中略)
皆さんにお願いしたいのは、自分ならどう読むか、あるいは、この本との対話で、自分にとってもっとも重要な問いは何かを見つけることです。

はじめに 「読む」とは何か
第1章 「対話する」ことについて――プラトン『ソクラテスの弁明』
第2章 「考える」ことについて――ルネ・デカルト『方法序説』
第3章 「働く」ことについて――ハンナ・アレント『人間の条件』
第4章 「信じる」ことについて――吉本隆明『共同幻想論』
おわりに 読書ノートをつくる
哲学を生きるためのブックガイド

著者について

若松英輔(わかまつ・えいすけ)
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学賞詩部門受賞。『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第16回角川財団学芸賞を受賞。著書に『イエス伝』(中央公論新社)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波新書)、『種まく人』『詩集 幸福論』『詩集 燃える水滴』『常世の花 石牟礼道子』(以上、亜紀書房)など多数。


登録情報

  • ムック: 112ページ
  • 出版社: NHK出版 (2019/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 414407241X
  • ISBN-13: 978-4144072413
  • 発売日: 2019/3/25
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2019年4月12日
形式: ムックAmazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアー
2019年5月30日
形式: ムック
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年4月21日
形式: Kindle版
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年5月7日
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月24日
形式: ムック
2019年5月8日
形式: Kindle版