通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
考える技術・書く技術 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯あり】表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは折れや書込、汚れもなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

考える技術・書く技術 (講談社現代新書) 新書 – 1973/8/31

5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 1973/8/31
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 考える技術・書く技術 (講談社現代新書)
  • +
  • 知的生活の方法 (講談社現代新書)
  • +
  • 知的生産の技術 (岩波新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「情報過多の時代だから情報処理の技術を心得ておかないと翻弄されることになる」とは、
1973年刊行の本書に書かれていること。
さらに情報に振り回される現代こそ、本書の価値は高まっています。
学生・新社会人も必読!

「頭がいいとか悪いとか、ふだんよく使われる表現だが、もともとどういう意味があるのだろうか? (中略)
わたくしも教師生活を二十年近くは経験しているけれども、九十五点の学生と八十三点の学生の間に、
頭のよしあしの差があると思ったことは、いちどもない。
試験とはせいぜい、怠けているかどうかを知るのと、勉強をはげます程度にしか役立たないように思う。
学校の成績や入学試験にいたっては、競馬の勝ち負けより少しましだといったくらいのものだ。
とにかく信じられているほどには頭のよしあしとは関係がなさそうだ」

「独創とか創造とかについて、わたくしは日米あわせて五十冊くらいは参考書を読んだが、
(中略)すべてに共通することは、型にはまった考え方から離脱するために心身を訓練することであった。(中略)わたくしは、この態度をバンカラと呼んでいる」(本文より)


○脳は刺激を与えないと悪くなる
○「いつも」「みんな」という言葉は使うな
○朝は新聞を読むな
○ときどき、ふだん自分が興味のないジャンルを含め、あらゆる雑誌をまとめて眺め通すと、
頭のしこりがほぐれる(ブレーン・ストーミング読書)。
○精読するときは、黄色のダーマト鉛筆を使って気になる部分に線を引く
○読み返しのときは、しばらく時間をおく
○日本語はピラミッド型、英語は逆ピラミッド型。だから英語を聞き取るためには、文の 最初に注目する。
○自分に必要な情報を保存するとき、見出しをつけるときは「名詞」ではなく「動詞」を 使う
○保存する引用、要約に自分の見解を加えるときは、色を変えて書く
○アイデアを妨げるのは、「自分にはできない」という否定的な自己暗示
○相手に理解し、同調してもらうためには、「仲間意識」をつくりあげる
○読み手を味方にするには、私小説的アプローチを入れる
○数量化は大切
○自分の説と他人の説の区別は重要

出版社からのコメント

(編集部コメント)

この本が1973年の刊行以来、いまでも読み継がれているのは、「いかに頭を使うか」と
いうことが、非常に具体的な例で示されているのと同時に、ときどき挿入される以下の
ような魅力的な言葉にあるのではないでしょうか。

「頭のよいわるいと、学校の成績、試験の成績は関係ない」
「頭は筋肉のようなもので、使わなければ退化する」
「『いつも』『みんな』はタブー」
「情報過多の時代、いかに読まないかの技術が大事だ」
「新しい考えを生み出すことには、人間の社会は、かならずしも都合のよい環境を
与えてはくれない」 
「アイディアを得るためのルールはない」
「否定的な自己暗示こそ発想の邪魔」

この本が執筆された当時と2014年のいまとで変わらないのは、

○人の脳の処理能力

変わったのは、

○情報のインプット手段とアウトプット手段が増えたこと
○情報量がはるかに増えたこと
○そして、「新しい考えを生み出すことには、人間の社会は、かならずしも都合のよい環境を与えてはくれない」という部分に関しては、
「○○してはいけない」というルールが増えている昨今の日本社会では、ますます「環境悪化」が進んでいる気がします。

その環境悪化にも対抗する意味でも、私たちが本書に学ぶことはますます多くなっているのではないでしょうか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 211ページ
  • 出版社: 講談社 (1973/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061157272
  • ISBN-13: 978-4061157279
  • 発売日: 1973/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,853位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

文章を書くための情報収集の仕方・情報の整理の仕方・構成の仕方等の文章を書く上で必要となる作業が解説されている。その上、分かりやすく説得力がある文章に高める方法などにも言及されている。
この本は、当然、著者が解説する方法で書かれているであろう。だとするなら、この本が分かりやすいか否かが著者の主張が正しいか否かを判断する材料の一つとなるだろう。そして、実際私には分かりやすかった。
30年以上前に書かれた本にもかかわらず、これだけ違和感無く読めるということは著者の試みは成功したといってよいであろう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
仕事で文章を書く人に対して、書くことを思いついたり頭の中で整理する為の技術と、より良く書く為の技術を示した本です。著者は江戸文学の教授なので、主に文系の学術研究者が論文を書く場合のコツが述べられているのですが、一般的なビジネス文書などにも応用できる点はたくさんあります。但し、即効性のあるようなアドバイスはあまり多くなく、著者自身がどうしたら良い発想ができ、良い文章を書くことができるかを長年試行錯誤してきた様子を示すエッセーのような印象です。結局は「あなたも自分で悩んで、自分なりにより良い方法を見つけなさい」というのが中心的なメッセージだと私は捉えました。

1973年に書かれた本なのでやや古い記述はやむをえないところです。著者が文章を書く際の筆記用具にこだわり、シャープペンシルに対して強い抵抗感を示すあたりは、パソコンでの文章作成が常識化した時代に読むと微笑ましく感じます。松本清張を契機に日本語の文章が変質しつつあるとの指摘なども興味深いです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もり VINE メンバー 投稿日 2011/6/15
この手の本の古典のようだけど、
今の時代にも十分通用する内容だと思う。

それにプラスして、
著者の用いる表現が読み物としても面白かった。

たとえば、
使用する文房具の大切さについて書かれた一節。

「煙草を喫う人は気づいているはずだが、暗がりや風の強いところで喫う煙草はおいしくない。煙草の味の何パーセントかは、ゆっくりと立ち上がる紫煙の美しさに対する視覚上の効果によるからなのだ。灰皿のよしあしも煙草の味に影響するはずである。とすれば、人間の微妙な脳のはたらきにもとづく読み・書き・考えなどの精神活動が、文房具が与える視覚・触覚・重量感またその位置などの影響に左右されないはずはない。いろいろと試してみると、面白いほど効果の違うものであることは、自信をもって請け合うことができる。p108」

煙草の煙から文房具の大切さに話を持っていく。

この辺のことは、
本書を読んでもなかなかまねできないことだと思った。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
枯れた(成熟しきった)発想法を用いて考える。書く。
長々と書いているが、固くならずに読めば楽しく読めることは
確実の良書。必要な部分に入る挿し絵、写真、そして具体的な使用例、
事例。
これらが上手く混ざっていて読んでいても飽きない。
「発想」とか無縁の人にも読んで貰いたい一冊
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 池上彰も、現代新書から似たような内容で書いている。もちろん板坂の方が先であり、池上の場合は、同じ「書く」にしても、「プレゼン」を意識している。

 アイディアを思いつくにはどうすれば良いか。「アイディアを得るためのルールはない」が(P.127)、「知的な活動と、身体を動かしたり、関係のないことに精神集中したりする、どちらかというと情動的な活動とが、たがいに入りくんで反撥し調和するところで、創造的な考えが生まれる」のだという(P.127)。つまり、人事を尽くして天命を待つしか無いのだ。

 また、アタマの良し悪しの差など、「誠実さと情熱の差ほどには大きくはない」から(P.206-207)、「ダメではないか、自分にはできないのではないか、という否定的な自己暗示が、もっとも邪魔になる」という(P.128)。

 以下、「考える技術・書く技術」について、箇条書きにしてみる。

・タイトルは、漢語風の名詞止めにするより、動詞を使って文章にした方が、後から分かりやすい(P.91)。
・ひとつの話題は四百字詰め原稿用紙で三枚(P.153)、新書判でいえば見開き二ページで収める(P.154)。
・ひとつのセンテンスは、できることなら四十字、多くても五十字をメドに収める。短ければ短いほど良い(P.1
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック