Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,430

¥ 270の割引 (10%)

ポイント : 24pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[向井 領治]の考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ
Kindle App Ad

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ Kindle版

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,430
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,910 ¥ 3,400

紙の本の長さ: 224ページ

商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※Kindle版はカラーキャプチャとなります。


スクリブナーは“書く”という行為の意味を変えてしまった
小説家/藤井太洋氏

アイデアを書きため、整理し、アウトラインを組み立て、
文章を簡単かつ柔軟に作れて、同時に収集した資料(画像、

PDF、音声ファイル、動画、Webページ等々)をソフト上で
一元管理することができ、最終的には、docxをはじめPDFやOPMLなど、
様々な形式に書き出せる、強力な文章作成のサポートツール、
Scrivener(スクリブナー)の使い方をビギナーに向けて解説します。

また巻頭には、現役小説家でScrivenerユーザでもある藤井太洋氏の
ロングインタビューや、レポートや創作のために利用している学生へのインタビュー、
階層がキーとなる解説書の書き方として本書著者によるメイキングを、
それぞれ掲載しました。

実際に本ソフトがどのように使われているのかを知ることで、
作品づくりへの新たな意欲を喚起するでしょう。

※本書は、ScrivenerのMacintosh版を使用して解説を行っています。

内容(「BOOK」データベースより)

アイデアを書きため、整理し、アウトラインを組み立て、文章を簡単かつ柔軟に作れて、同時に収集した資料(画像、PDF、音声ファイル、動画、Webページ等々)をソフト上で一元管理することができ、最終的には、docxをはじめPDFやOPMLなど、様々な形式に書き出せる、強力な文章作成のサポートツール、Scrivenerの使い方をビギナーに向けて解説します。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 97092 KB
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2016/3/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01CZCM53A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 Scrivenerのトライアル版をインストールはしたものの、普通のテキストエディタ的な使い方にとどまり、いつの日からか箪笥もといフォルダの肥やしとなっていました。多機能過ぎてしまい、いざ文章を書くときにどこから手を付けて良いか、却って判らなくなってしまったからです。新しいソフトウェアを使うときは、自分好みの使い方を構築するまでに時間がかかるのです。そのプロセスを楽しむ気質と時間があれば良いのですが、残念ながら私はいずれも持ち合わせていません。

 本書を読んで、実際に論文や小説を執筆する際に、どのような場面でどの機能が使えるかということを学ぶことができました。日本語に対応していない機能の解説をばっさり省いた上で、効率的な書き方/使い方の一例を提示してくれるため、以前よりもScrivenerを活用できているように感じられます。

 また、藤井太洋氏の執筆環境についてのインタビューが大変参考になりました。数多くのソフトウェアに乗り換えた末にScrivenerを使用している氏が、アプリケーション独自のファイル形式を嫌い、「そのツールをやめられるかどうか」という視点から、Scrivenerファイルのパッケージを展開しXMLファイルとして取り出すことの出来るところを評価されていたことに感心しました。コンパイルした後にInDesignの組版に落とし込む
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まさに入門者向けといった内容で、丁寧に基本操作が書かれている。

いままで特に問題なくスクリブナーを使ってきたが、
「あ、こんな機能もあったんだ」
という発見もあり、すでに使っている方にも役に立つかもしれない。
ふつうにスクリブナーを使う分には、この本で得られる情報で十分戦える。

ちなみに、縦書きは現状では不可能であることも含め、きちんと「スクリブナーではできないこと」も書かれている。

どのソフトにもいえることだが、完璧なツールは存在しない。スクリブナーにも、もちろん不満点はある。
しかし、小説やレポートを書く上で、いまのところこれよりも優れたソフトを私は知らない。
ぜひこの本で使い方をマスターして、快適な執筆ライフを送ってもらいたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ずっとScrivenerを使ってきましたが、基本は英語アプリ。十分使いこなせてきたかといえば
そうではありませんでした。Mac専用という市場規模の小ささも手伝い、残念ながらマニュ
アル的な情報はネット有志からのものに頼るしかないという状況が続いてきました。

そんな中、ようやくこの本が登場。元からのユーザーからすると冗長すぎるぐらい丁寧な
解説がなされており、初心者から中級者まで幅広いユーザーにお勧めだと思います。

この本はやや大きめの判であるため、持ち運びなどを考えるとKindle版にしたかったのですが
画面のキャプチャや図表がいわゆるスキャナのため、とても読める状態ではなく、なくなく
書籍版にしました。ぜひともKindle完全対応版を出して欲しいです。
1 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover