通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
考えない練習 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

考えない練習 単行本 – 2010/2/9

5つ星のうち 3.6 136件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 47

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 考えない練習
  • +
  • ブッダにならう 苦しまない練習
  • +
  • 煩悩リセット稽古帖
総額: ¥4,363
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

「イライラ」「不安」は、練習で直せる。
考えすぎて、悩みがつきない私たちに必要なものは、
もっと「五感」を大切にする生活。
それは難しいことではなく、ちょっとしたコツの習得で可能になる。
本書では、その方法(練習)を
気鋭の僧侶が余すことなく語りかける。。
さらに脳研究者・池谷裕二氏との「心と脳の不思議な関係」と題した対談も収録。
小池氏の著作のなかでもっとも実践的といえる本書で、
不安のない日常を手にしよう。

内容(「BOOK」データベースより)

頭で考えずに、もっと五感を使おう。すると、イライラや不安が消えていく―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093881065
  • ISBN-13: 978-4093881067
  • 発売日: 2010/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
自分が「思考のノイズ」に支配されているのを自覚していたので、納得しながら読めました。
私自身、かなりあれこれ悩む方なので…

タイトルは「考えない練習」ですが、私個人としては「邪な考えを捨てるためのちょっとした精神修行」と解釈しています。

嫌な記憶を何度も思い出したり、電車で騒ぐ人にいちいち心を乱したり、ブログやTwitterを何度も見ては反応に一喜一憂したり…と、自分自身がとらわれていた「思考のノイズ」が生まれるメカニズムや、それを絶つヒントを学ぶことができました。

ネガティブな気持ちになったある日、この本に書いてあったことを思い出し、物音を立てず静かに丁寧に料理をし、テレビも消して完全な無音の中、一人で目を閉じてゆっくりと味わってみました。
初めは色々な感情が湧いてきましたが、自分の体と行為だけに注意を払っているうちに、驚くほど心が静かになっていきました。

自分は常日頃、本当に色々なノイズにとらわれていたのだなと驚かされました。

以来、中毒になりかけていたブログやTwitterもやめ、目の前にあることや今行っていることにただ集中し、日々をシンプルに過ごすようにしています。
結果、かなりストレスフリーな毎日になっているような気がします。
...続きを読む ›
コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書のタイトルに「考えない」の言葉が入っていますが

何も考えずに 本能の儘に生きよ  とか
仏様のご指導のもと すべてをお任せし 思考停止で生きよ
といった類のものではありません。

むしろそういった態度の180度真逆のスタンスから
書かれているものと言えましょう。

具体的には、思考の暴走によって、結局のところ今何が起こって
いるのかさえも観察することがままならない状態・・・
いわゆる「考えすぎ」状態の弊害を解説しそこからの脱出方法を
提案するところなどを紹介しています。

現代社会に住む我々だって「精神の自由」は保ちたい!
では、その自由はいったい何によって奪われるのか?
いいかえると、私たちは何からの不自由を感じるのか?
国家や社会などを含めた他者からの束縛が問題なのでしょうか?

物理的、経済的な視点からは、それらも大きな束縛の原因なのかもしれません。
ただし、仮に大元の原因がそうであったとしても、最後の最後で

   自分の「思い込み」≒「自分勝手な考え(妄想)」が

精神の自由を奪っているケースが非常に多い事に気づいた時
...続きを読む ›
コメント 207人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代人の心の問題を、原始仏教の教えが、見事に説明し、解決方法を提示している。
たくさんある中で、私に特に響いたのは、次の内容。

・心は、常に刺激を求めて暴走するということ。
・暴走をはじめるスイッチのひとつは、人に良く思われたいとか、
 プライドにしがみつく「煩悩」だ。
 (ちなみに、日本に蔓延する「ありがとう」病も「人に良く思われたい」という
  気持ちがあるなら、心を歪めるそうだ)
・(欲の象徴である)モノを増やすと、必然的に人格も次第に悪化する。
・心の暴走に振り回されないためには、感覚を研ぎすまし、
 「怒り」や「苦しみ」を俯瞰的に捉えて、情報にしてしまうこと。

なお、仏道において、人が幸せに生きて行くための感情は、
「慈・悲・喜・捨」の4つだけらしい。
慈:すべての生き物が平和で穏やかであることを願う感情
悲:悩みや苦しみがなくなることを願う感情
喜:他者の幸福を自分もともに喜べる感情
捨:怒りや迷いをなくし、平常心を保つ心の感情

原始仏教の教えが、もしかすると世界を救えるんじゃないか、
と思うくらい、納得できる本だと思います。
脳研究者 池谷氏との対談も、心
...続きを読む ›
コメント 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maui トップ500レビュアー 投稿日 2011/7/25
形式: 単行本
ベストセラーは評価が割れるのはよくわかりますが、これは荒れていますね。
たぶん「考えない練習」のタイトルでこの本を最初に読んだ人には
あまりの理屈っぽさにげんなり、なんだと思います。

私は今までの彼の本で、「うーん。良いこと言ってるけど著者自身が自己矛盾して
るよねぇ」と思ってあまり好きではなかったのですが、この本で過去の本の弁解?
なのか解説なのか?がされているのをみて「すとん」と何かが落ちた気がして好きに
なりました。小池さんの本の1冊目で読む本ではありません。

「考えない練習」とありますが、これはバリバリの仏教哲学の本ですね。特定の
宗派ではないのですが。仏教哲学をやったことがある人、もしくはヨーガ系のヨガを
みっちり勉強したことがある人ならすごく納得いくと思います。賛成か反対かは
別として小池さんの意見というのはなるほどなと理解ができると思います。

という私は、面白いなとは思ったけど1度読んだだけではまだよくわかりません。
だからあと数回読んでみようと思います。同じ本を複数回読むということは私には
300冊に1冊くらいレアなことなので、全部に同意はできていないのですが星を減らす
ことはしません。問題提起をしてくれる面白い本だったと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック