Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥2,980

(税込)

獲得ポイント:
30pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[根本通明, 田中重光]の老子講義:全 (翻訳版)(注釈付き)

老子講義:全 (翻訳版)(注釈付き) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍), 2019/1/20
¥2,980

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

数ある老子の訳本、講義のなかでも、なぜこの本を?
根本通明先生は藩校明徳館学長、明治天皇侍講。東京帝大教授文学博士。江戸~明治期の漢学者。
明治十九年には天皇へ連続御講書始の進講を務めた数少ない「天下の大儒」。


<著者(講述)の説明>
根本通明(ねもとつうめい)
文政五年(一八二二)、秋田生まれ。

藩校明徳館学長、明治天皇侍講。東京帝大教授文学博士。江戸~明治期の漢学者。
明治十九年には天皇へ連続御講書始の進講を務めた数少ない「天下の大儒」であり、
そこで周易の泰卦について講義しているように、周易(易経)へ深い造詣がある。
易義に皇統一系の説を唱えた我が国の易学・漢学界の第一人者。
我国の易経の解説書の最高峰と呼ばれる「易経講話」の公田連太郎も、根本のもとで
周易を学んでいる。
著書、講義録に「周易象義辯正」「周易講義」「論語講義」「詩経講義」「孟子講義」
「老子講義」などがある。
明治三十九年(一九〇六)没。


<本書の説明>
数ある老子の訳本、講義のなかでも、なぜ根本通明の老子講義を推すのか。

老子は難解である。
少ない言葉で記述されており、浅い知識で読むと意図が汲めないことがある。
そこを無理に読み進めると、余計にわからなくなる。

しかし、古典に通じた根本先生が読めば、短い言葉の語義から意図を汲み、別の古典から例を引いたりして説明をしてくれるため、全体に一貫性が生まれるのである。
一貫性があると、すらすらと読めてしまう。
難解といわれる老子が、もつれた糸が解きほぐれるようにわかっていく。

明治・大正時代の本書に関する説明は以下のとおりである。

「老子五千言は真に是れ玄の又玄なるもの。古来之を注釈せる者、和漢其書に乏しからずといえども、初学の士、
なお、その要領を得るに苦しむものが少なからず。本書は老儒根本先生が数十年来、沈潜咀嚼のあまり、独特の
見地を以て極めて平易明鬯(めいちょう)に講述せられたるものにして古宝刀の新たに磨きを経たるものの如く
孔子が猶、龍乎と称して端倪すべからざるを嘆じたる老子の面目極めて釈然たるものあるべし。
抑も老子は諸子中の泰斗して漢学を講ずるものは勿論、東洋哲学を攻むるもの、詩文に遊ぶ者、共に研鑽せざるべからず。
而して老子を読むものは先ず本書より入らざるべからず。
老子を講ずる人の未だ老子の何たるを知らざるの人、皆一本を備えて玄味を咀嚼せらるべきなり。」

また、根本先生曰く、

 「老子の道源を黄帝(こうてい)に發(はっ)すという者あり。これを以て後世併(あわ)せ称して黄老の学という。
然れども黄帝と老子と何の繋るところあらん。いわゆる老子とは、老子を奉ずる者、其説を神(しん)にするが為に、
遠く黄帝を引いて強いて之を其の上に加うるのみ。
而して世人老子の道を誤り認めて左道邪説と為す。
然るに其の上下八十有一章、五千有餘言を玩索(がんさく)すれば、蓋(けだ)し聖人の道と其揆(き)を一にするを見る。
夫の聖人の教えを垂る甚だ平明にして夫婦の愚も亦た与(あずか)り知るべき者あり。
ただ諸子はすなわち然らず。天下を風化せんがため矯世激俗の言殆んどいたらざるなし。
是を以て或は聖人の徒にあらずとする者あり。

老子の如き、其の文最も簡錬、其意甚だ雋永(せんえい)(「意味深長」の意)、道に通ずる者にあらざれば、
すなわち其の妙を覺ること能わず。
聖人易において道の本源を説く。
乾坤二卦至れり尽くせり。
子思は天の命之を性と謂う、といい、孟子は吾能く吾が浩然の氣を養うという。
なんぞ老子のいわゆる「無名常無欲、玄之又玄衆妙之門」というに異ならんや。
是れ聖人の道と其揆を一にするものというべし。

~中略~

惜しいかな、聖人の道と並び称せられず、叨(みだ)りに迂儒(うじゅ)皮相(ひそう)の見を以て點(つ)けられる。
故に今其の意を明らかにし、其の旨を達っし以て世人の惑いを釈(と)く。」

というように、老子の思想は聖人の道と同一であることを教えてくれる。
道に通ずる大儒をもってすれば意味深長で難解とされるものも、難なく解釈できてしまう。
この老子講義では、論語、易経、中庸、孟子、管子、淮南子などからの引用により、より腑に落ちる解説がなされている。

さらに、今回の書籍化にあたっては、現代人に読みやすいよう読み下しをし、可能な限りルビをふった。
また、老子がもとは詩の形式とされていたことから、詩を意識した段組みとした。原文(白文)は省略している。
講義中に他からの出典、引用されている白文についても読み下し、出典元も可能な限り付記している。

老子は道徳経とも呼ばれ、道経、徳経に大きくわけられるが、本書は道経・徳経の全部を収録してある。

どこから読んでも気づきのある古典を名講義で、あなたの手元にどうぞ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 506 KB
  • 推定ページ数: 423 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07MYZ1K4N
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 302,522位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover