¥ 10,800
通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
老子講義録(上・下巻) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

老子講義録(上・下巻) 単行本 – 2017/7/21


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/7/21
¥ 10,800
¥ 10,800 ¥ 8,000

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

『老子講義録』とは? 政財界の首脳たちがこぞって心酔した中国哲学者・本田濟氏。
本書は、平成元年10月から平成4年4月まで行われた『老子』講義全29講の全容を収録したものです。
平成元年、東燃株式会社社長(当時)の中原伸之氏が発起人となり、財界の有志に呼びかけて結成された読書会「読老会」は、田淵節也氏(野村證券取締役会長)、平岩外四氏(東京電力会長)、山下勇氏(JR東日本会長)、など13名のメンバーで結成され、約4年間にわたり続けられました。

著者について

本田濟(ほんだ・わたる)

中国哲学者。大正9年三重県生まれ、京都府宇治市出身。17年京都帝国大学文学部哲学科卒。24年高槻高等学校教諭、27年大阪市立大学文学部助教授、40年教授、55年定年退官、名誉教授、梅花女子大学教授、58年学長。平成21年逝去。政財界の首脳たちが心酔し、老子や易経の神髄を説いた古典講義は、いまなお語り継がれている主著に『易經講座』、訳注書に『世界古典文学全集』などがある。


登録情報

  • 単行本: 668ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2017/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488474358X
  • ISBN-13: 978-4884743581
  • 発売日: 2017/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 279,110位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう