老人Z HDマスター版 [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,698
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 5,698
通常配送無料 詳細
発売元: 緑山書房 (通常配送無料,速達,代引,コンビニ受取,各種支払対応)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

老人Z HDマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,698 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドリーム エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,698より 中古品の出品:5¥ 3,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【アニプレックスストアはこちら】 アニメ、バラエティー、実写作品などをチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 老人Z HDマスター版 [DVD]
  • +
  • 迷宮物語 [DVD]
  • +
  • MEMORIES [DVD]
総額: ¥12,512
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松村彦次郎, 横山智佐, 小川真司
  • 監督: 北久保弘之
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2005/04/13
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007KT1FI
  • EAN: 4534530008909
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,865位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   原作・脚本・メカデザインが大友克洋、キャラクターデザイン原案が江口寿史という、もしかしたら日本で最も絵がうまい漫画家2人が手を組んだ劇場用SFアニメーション。

   近未来、高齢化が進んだ社会に対応するため厚生省が開発した老人介護機械・自己増殖機能をもつ第6世代コンピュータ「Z001号機」。だが、このコンピュータはサンプルに選ばれた老人を取り込み暴走。ボランティア女子大生やマスコミを巻き込んでの大騒動となる。メカ、美少女キャラ、ツボを心得たギャグなど、おたく的な部分にアピールする要素が盛りだくさんだが、それだけにとどまらず、独自に学習しさまざまな機械を取り込んで進化していくコンピュータのイメージはまるで『AKIRA』の金田や『攻殻機動隊』の人形使いを彷彿とさせ、まぎれもない本格的SFに仕上がっている。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

「AKIRA」の大友克洋監督と江口寿史がコンビを組み、老人介護をテーマに政府の陰謀や家族愛などを奇想天外なストーリーで描いた活劇アニメ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
評価は私は☆五つを差し上げたい。マンガチックなスラップスティックが単なるギャグに堕さない、フランスのBD的な絵(十分に和的でありますが)によってオフセットされた、マンガでもない、BDでもない、そのフュージョンの様な作品になっています。

ストーリーの内容はSFチックな道具立てに惑わされなければ、実はオーソドックスなもので、ちょっと展開上冗長に感じられてしまったのは、以前ビデオで観てストーリーを知っているせいでしょうか。少なくとも私は内容のオーソドックスさ(老夫婦と若い女性の思いを描いたという点で)と絵のスタイルの組み合わせを評価したい。純然たる日本のBDアニメでこうした作品は案外ありそうでたくさんはないように思います。時間が経って、変わってしまった部分(PCやファッション)が微笑ましいですが、コアはオーソドックスな分、時間が経っても古さを感じさせない。欧州ならARTE辺りで流しても違和感がないように思います。

鎌倉の海岸の絵は改めて懐かしく感じられました。

オマケにある、(江口寿史さんの)主人公の表情ノートが、ある美術本にあるお手本のようであり、手法を変えず繰り返し人物の表情を作り込んでいる様が伺えました。江口寿志さんのキャラクターをこれだけ長く動かしたのは、今はひばり君位しか思う浮かばないので、ある意味貴重な動画かも
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大友克洋が原作・脚本を、江口寿史がキャラクター原案を担当したSFアニメーションです。
厚生省の全自動介護ロボットが暴走を始め、モニターの老人を介護していた看護学生の女の子が、おじいさんを救うべく活躍します。
学生・老人・役人・メーカー社員など、脇役の個性が豊かで、江口キャラがそれを一層盛り立てます。
大友克洋のアニメ作品としては、正直なところ、近作よりもシンプルで面白く、14年前の作品ですが今見ても全く古びていない普遍性があり、もはや名作と言っていいと思います。
完成度に比べて知名度が低く、常々もったいないと感じていたので、この機会にぜひ多くの人に見てもらいたいです。
これまで発売されていたものと今度のHDマスター版を見比べましたが、クオリティは格段に上がっており、リマスターの成果は一目瞭然です。また、最近ハイビジョン放送されたバージョンと比べても、さらに手を加えていていることがわかり、びっくりしました。
毎秒24コマの完全プログレッシブ再生が可能なアニメDVDがまず珍しく、他の作品もこの仕様でどんどんリマスターしてほしいです。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アキラは派手で、海外の受けもよく、衝撃的な作品でした。

しかし、これはそうではありません。

全国ロードーショー等しませんでした。

ミニシアターです。

テアトル池袋でした。

漫画家大友克洋最後のアニメ作品と言った方が正確かもしれません。

今やアニメーション又は映画監督になってしまった、大友克洋ですが。。。

アニメーション作家の大友作品ではなく、マンガ作品であるという視点がいいでしょうね?

作品の内容は、漫画家大友克洋でおなじみのナンセンスどたばたです。

是非ご堪能ください。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ハリウッドで実写の映画になっても違和感の無い稀に見る日本アニメ・・・といえましょうか。でも江口さんの手になる美少女がこんなに動くアニメであることこそが私にとっては奇跡的であり、この作品を唯一無二な物にしています。SFアクションというと未来社会・高層ビル・宇宙などの舞台が浮かびますが、この作品の舞台は四畳半?のアパートや街のアーケード商店街。そうした日常の中に第6世代コンピューターが搭載された軍事用ロボットが大暴れするプロットにまず感心します。心象的に大友さんはここでは「AKIRA」ではなく「童夢」を描きたかったのでしょう。また仕事熱心な厚生省のおじさん・現代っ子ながら変に擦れてないヒロイン・亡き妻への思慕を持ち続けるおじいちゃん、等の主役たちに対し組織人間のお役人・結託するメーカーの技術者の人間的でもある悪役も魅力的。事件の発端、病院のパソコンから出る「ハルコさん」を呼ぶシーンから、街で大暴れ、鎌倉に向かって猛進する後半、江ノ島海岸の最後の対決(^^;)まで息をつかせないそれこそ「ジェットコースター・ムービー」。その間には江口流?のギャグもはさみ、ただ緊迫させるだけの演出に終わってません。巷に溢れる「キャラ優先」のアニメ群に言いたい、「面白いとはこうゆうことだ」と。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック