Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200

¥ 96の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[養老 孟司, 南 伸坊]の老人の壁
Kindle App Ad

老人の壁 Kindle版

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 196

商品の説明

内容紹介

「明るい老人の本」大好きな虫採りに明け暮れる解剖学者・養老孟司。古今東西さまざまな「本人」になっていくつもの人生を送るイラストレーター・南伸坊。ともに老人になった二人が、「老人とは何か」「老人はどう生きるべきか」を、科学とユーモアで徹底討論! 病気になったらどうしよう。死んでしまったらどうしよう。暗い気分になってしまうのは、暗い気分になるものしか見ていないからだ。どんなに年を取っても人生を変える発見がある。死んだ後のことは生きている人にまかせよう。人間のことより花鳥風月に目を向けよう。養老孟司のエッセンスと、南伸坊の笑いが炸裂する心が軽くなる対談集。

内容(「BOOK」データベースより)

人生に“発見”があるかぎり、老後は明るい!心が軽くなる対談集。大好きな虫捕りに明け暮れる解剖学者・養老孟司。古今東西の「本人」となって、数多の人生を送るイラストレーター・南伸坊。ともに老人になった二人が、人生百年時代をどう生きるべきか、科学とユーモアで徹底討論。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1724 KB
  • 出版社: 毎日新聞出版 (2016/3/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01D4O8FAA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 73,427位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
老人とは何か、老人はどう生きるべきかという問いに対しての、養老孟司氏から
のメッセージだ。これまでの「壁シリーズ?」とは、イラストレーター・南伸坊との対
談の形を取っていることから、味わいが異なる。老人二人の諦念というか、割切り
というべきか…なかなか興味深い。
年老いることに多くの人々は、嫌気し、少しでも若作りをしようとし、挙句、中途半端
な老人の生き方を生きることになる。そんなこと生き方とは全く無縁の二人だ。他者
からの見え方など、気に留めてもいない。死後のことなど、生きている者に任せる
しかない、とまあそっけない。がしかし、現実そのとおりなのである。
人生に発見がある限り、老後は明るい。この言葉、珠玉である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
養老先生(1937-)、南さん(1948-)の対談
養老先生はすでに80歳になるんですね。

超少子高齢化時代を迎える日本です。
人口ピラミッドは逆3角形に限りなく近づくわけですよね。

そんな中で老人という切り口で面白可笑しく対談が続きます。
基本的には養老先生の価値観や哲学は昔となんら変わっていないと思います。
死生観も変わっていません。

問題なのは、不機嫌な老人や文句ばかり言っている老人。
どうして、そんな老人が増えてしまったのか?
まあ、意識も無く長く生きてしまう今の医療体制にも問題があるのかもしれませんね。

備忘録メモ
将来のために今を犠牲にいて勉強しなさいなどと昔は子供に言わなかった
人間は騙しとおせるかもしれないが、自然は騙せない
遺言は残さない 死んだ人が指図とするのは家が存続した過去
勉強したりすること自体が楽しいということが分かる=考えることの楽しさ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/3/26
形式: 単行本 Amazonで購入
養老さんも南さんも、お顔が
小学校のときからこのまんま、みたいに
すこやかで「顔は履歴書だなあ。
自分に正直に、いい人生を送らなきゃ」と感じ入った。

「年をとって自分がなくなってくると、気が楽なんですよね」(養老)

「健康で長生きするためにはどうしたらいいですか」(南)

「だから、健康な間だけ生きてりゃいいんです」(養老)

「ちゃんとした介護なんか、誰にもできないですよ」(養老)

「そうですね、それが世間の常識になったらラクなのに」(南)

「いい老人ってどういう老人だろうね」(養老)

「そうですねえ、ゴキゲンな老人でしょうね」(南)

「にこにこしてりゃいいんですよ」(養老)

気持ちがゆったりして、アハハと笑って、
ゴキゲンに年をとろうと、改めて思った。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
南伸坊さんが大好きで購入しました。とても面白かったし、日々なんとなく過ごして一年がたつのが早いなどと言っていたらあっという間に心はそのまま体だけ老人になるのだとハッとさせられました。若い人でも楽しめる一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover