通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 誠文堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 店頭でも併売しておりますので売り切れの際は即時返金させていただきます。ご容赦ください。また、ネット販売特別価格ですので店頭価格と違う場合がございます。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末 単行本 – 2018/2/23

5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/2/23
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,038

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末
  • +
  • 記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実
  • +
  • 日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 105pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

教え子に手をかけた「青学・春木教授事件」に潜む“腹の立つ"真実

腹の立つ本だ。第一章から第五章まで猛烈に腹が立つ。地道に勉強して試験を受けている受験生を愚弄する情実入学。学究の徒にあるまじき教授陣の地位闘争。あくどい地上げ。腹の立つことばかり詳述されているが、何より腹が立つのは、この事件の裁かれ方である。

タイトルは地味きわまりなく、「なんでこんなタイトルにしたんだよ」とさえ腹が立ってくるが、「青山学院春木教授事件四十五年目の結末」というサブタイトルが付いていると言えば、未読であっても、腹を立てたという評者の反応に、さもありなんと思う人もいるはずだ。

ハルキといえば、村上でも角川でもなく、この事件を真っ先に思い出す人がきっといる。なぜなら……、事件が報道されたのは一九七三年。評者は中二だった。青山学院とも表参道とも、無縁どころか名前すら知らない関西の田舎町に住む中学生が「え! ?」と思う事件だった。教授と女子学生の醜聞だったからではない。たしかに新聞見出しはそのように煽ってあり、中二女子の気を大いにひき、記事を読んだわけだが、読むと「え! ?」と思った。ヘンだと思った。何がヘンなのかわからないのだが、何かヘンな感じがしてならなかった。まだインターネットなどない昭和四八年の、田舎の、ぼんくらな中二さえ、そう感じたのだ。大人なら、もっと強く、この事件にヘンさを感じたはずだ。たぶん何万人も、いやもっといたのではないか。

にもかかわらず、この事件のヘンさは解明されずじまいのままだ。

本書は、この事件がヘンだと、当時から感じていた記者が、四十五年目にして得た情報、すでに持っていた情報のすべてを綴り尽くし、なおかつ、それらから新たに、これまでの自分が気づかなかった事柄を絞り尽くして、世の人々の前に明かす一冊である。

だから読んだ者は腹が立つ。「これでは徳島ラジオ商殺し事件と同じではないか」「なぜこんな展開で裁判が進めて行けたんだ」と。

終始腹を立てて読了すると、次にはゾーッと鳥肌の立つ恐怖が待っている。正直に決まりを守って生活している市民には見えぬところで、強権の者が司法さえも操作しているのか。鮮やかなまでに良心の抜け落ちた人間が人生を快適優雅に過ごしているのかと。

しかし。そうであっても一市民である以上、それらの悪徳者を断罪するべきではない。おそらく早瀬圭一はこの結論に達したのだろう。読者以上に腹を立てている自らを抑え、『老いぼれ記者魂』という地味なタイトルを選んだのだろう。

評者:姫野カオルコ

(週刊文春 2018年04月26日号掲載)

内容紹介

女子学生はなぜ「強姦」を訴えたのか。有名大学を舞台にした事件の真相に迫る、元新聞記者の執念の書き下ろしノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 273ページ
  • 出版社: 幻戯書房 (2018/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864881413
  • ISBN-13: 978-4864881418
  • 発売日: 2018/2/23
  • 梱包サイズ: 21 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,480位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2018年4月10日
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月17日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月2日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年5月19日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月5日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告