残り8点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
老いと記憶-加齢で得るもの、失うもの (中公新書) がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
発売元 .msz010
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー/小口/天/地に多少のスレ、折れ、傷、汚れ等あり、ページ内目立つ汚れ、書き込みありません、防水対策をし発送致します
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

老いと記憶-加齢で得るもの、失うもの (中公新書) (日本語) 新書 – 2018/12/19

5つ星のうち3.7 42個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥858
¥842 ¥80
無料配送: 9月20日 - 21日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
8 時間 10 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 老いと記憶-加齢で得るもの、失うもの (中公新書)
  • +
  • 認知症の人の心の中はどうなっているのか? (光文社新書)
  • +
  • ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言
総額: ¥3,212
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

加齢によって、記憶は衰える―。それが一般的なイメージだろう。だが、人間のメカニズムはもっと複雑だ。高齢者心理学の立場から、若年者と高齢者の記憶の違いや、認知機能の変化など、老化の実態を解説。気分や運動、コミュニケーションなどが記憶に与える影響にも触れ、人間の生涯で記憶の持つ意味をも問う。加齢をネガティブに捉えず、老いを前向きに受け入れるヒントも見えてくる。

著者について

増本康平
1977年生まれ.神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授.大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了(人間科学).日本学術振興会特別研究員,大阪大学大学院人間科学研究科助教,島根大学法文学部講師を経て,神戸大学に着任.スタンフォード大学長寿センター客員研究員.専門分野は,高齢者心理学,認知心理学,神経心理学. 著書『エピソード記憶と行為の認知神経心理学』(ナカニシヤ出版,2009年)

登録情報

  • 発売日 : 2018/12/19
  • 新書 : 206ページ
  • ISBN-10 : 4121025210
  • ISBN-13 : 978-4121025210
  • 出版社 : 中央公論新社 (2018/12/19)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 42個の評価