通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送手配致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷等ある場合がございますが、問題なくご利用頂けます。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠致します。すべて消毒清掃をして発送致します。記載ない限り帯や特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書) 新書 – 2003/7/19

5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)
  • +
  • 翻訳夜話 (文春新書)
  • +
  • 翻訳教室 (朝日文庫)
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の新訳を果たした村上春樹が盟友柴田元幸と、その魅力・謎・真実の全てを語り明す。

永遠の青春文学、J・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の新訳を果たした村上春樹が翻訳の「盟友」柴田元幸とともに、その魅力と真実、新訳の「目玉」、小説作法のあり方、さらには特異な作家サリンジャーその人まで、縦横に語り尽くす。ホールデンが語りかける「君」とは誰か?小説のエンディングは何を意味するのか?〈『キャッチャー』の謎〉の全てがここにあります。訳書に収録できなかった「幻の訳者解説」も併録。

内容(「BOOK」データベースより)

サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の新訳を果たした村上春樹が、翻訳仲間の柴田元幸と共にその魅力、謎、すべてを語り尽くす。ホールデン少年が語りかける「君」とはいったい誰なのか?村上が小説の魔術(マジック)を明かせば、柴田はホールデン語で、アメリカ文学の流れのなかの『キャッチャー』を語ってのける。永遠の青春文学の怖さ、ほんとうの面白さがわかる決定版です。「幻の訳者解説」併録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 247ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2003/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166603302
  • ISBN-13: 978-4166603305
  • 発売日: 2003/7/19
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,277位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
村上春樹はなかなか長編がでないので働いてないと思ってる方が多いかもしれない。しかし、こうやって翻訳本やら、エッセイやら小説以外の著述業を真剣に勤しんでいるのだ。
その中でも翻訳業は名作を彼の新訳で楽しむことができてありがたい。ちょっと読みにくかった古典文学も、スラっと頭に入るので色々な人に勧めやすい。これはその翻訳の仕事の一つ、サリンジャーの作品に関する対談である。ウィキペディアで眺めても分からないことを、翻訳という追体験をした作家が語ってくれるのはナルホドと思わせる何かがある。
サリンジャーを読んだ後にわからないことがあれば、これを購入することをお勧めする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Cassandra Jane 投稿日 2017/2/18
形式: 新書 Amazonで購入
私はサリンジャーが大好きです。この翻訳された本は私が読むのが難しいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
村上・柴田両氏による「翻訳夜話」の第2弾。であるが今回はまるごとサリンジャーの「キャッチャー・イン・ザ・ライ」の解説書といった方が実態に近い。翻訳時のエピソードというか作業の経緯を明かしながら、「キャッチャー」、或いはサリンジャーを子細に解析していく。特に村上氏の「幻の」訳者解説はたいへん力が入っており、これによってサリンジャーの人となりをおおまかに知ることができ、勉強になる。「キャッチャー」を読んで感じ入るところがあったら、ぜひ読んでおきたい副読本。
それにしても、翻訳という仕事を苦労しつつもとても楽しんでいて、その苦戦の過程をも本にできる両氏が羨ましい限りですね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読み始めたら止められない程おもしろかったです。何といってもキャッチャーインザライに載せられなかった村上さんの長い解説が読めるのが嬉しいです。それに謎めいたサリンジャーのことが良くわかり、キャッチャーの生まれたバックグラウンドなども理解できます。村上さんがこの小説は’恐い’と言ったことも納得!です。
キャッチャーを読んだ人はもちろん、読んでない人も楽しめる本です。もちろん翻訳家を目指す人にもお勧めの一冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 100名山 VINE メンバー 投稿日 2014/7/10
形式: 新書
「ライ麦畑で捕まえて」は凄い意訳であることにはじめて気がつきました。
村上春樹は「キャチャー・イン・ザ・ライ」としましたが このタイトルの付け方が
野崎孝と村上春樹の違いを端的に表していると思いました。
直訳すると「ライ麦畑の捕まえ手」となり駄洒落ですね。
決してそれぞれの読者の解釈を否定するような解説本ではありませんので
安心して読めます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
村上氏の『キャッチャー~』翻訳の背景には、『ライ麦~』という野崎氏の定番訳が多くの人に読まれている中で「イノセントな少年の反抗物語」とラッテル貼られてる状況があり、野崎訳との共存・棲み分けという意味でも、村上氏独自の解釈に基づいた翻訳を行ったとのことで、その村上論の詳細が本書の内容である。
それによるとこの作品は、<もうひとつの自我>との内面の葛藤を描いていて、主人公≒その他登場人物≒作者であるとのこと。村上訳で妹フィービーがホールデンを呼ぶ時「お兄ちゃん」でなく「あなた」となっているのも、この為だそうだ。
僕は野崎訳を読んでも単純な「イノセントな少年の反抗物語」とは思わなかったし、逆に村上訳の限定的な設定に違和感をおぼえたが、本書を読んで村上!氏の意図が判ってとりあえずよかった。
数多くある「ライ麦」論のひとつとしては、対談相手の柴田氏のツッコミ&フォローも絶妙で読みやすいと思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/4/29
形式: 新書
この本を読むと、もう一度『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読みたくなりますね。
さらに、野崎孝さんの『ライ麦畑でつかまえて』も、用意しておいた方が良いかもしれません。
いずれにしましても『キャッチャー』の好きな方には堪らん本です。
何しろ、村上春樹さんが丸ごと一冊『キャッチャー』について、魅力を論じたものなのですから。
翻訳の作業は、原文を熟読し、意味を考え、作者の意図を推し量り、言葉の置き換えを重ねる行為です。
言わば、究極の読書です。
村上さんの翻訳は”好き”から始まったもので、これ以上ない、というまで徹底的に読みこんでいくスタイルで行われています。
ここでは柴田さんは聞き役(進行役)で、読み手の代役を務めてくれています。

村上春樹さんはサリンジャーに相当な影響を受けたのではないかと思いこんでいましたが、あまりそうではなかったようです。
村上さんが『キャッチャー』の翻訳をおこなったのは、読者からリクエストが少なからずあったことも影響したようです。
個人的には、村上さんとサリンジャー(というよりホールデン)が部分的に重なる感じがしていたんですけれど、多くの人も同じだったのかな、と思っています。
反抗的で、頑固なところとか・・・。何となく村上春樹さんってそんな感
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー