¥2,200
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
翻訳がつくる日本語: ヒロインは「女ことば」を話し... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


翻訳がつくる日本語: ヒロインは「女ことば」を話し続ける (日本語) 単行本 – 2013/8/5

5つ星のうち3.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/8/5
¥2,200
¥2,200 ¥3,000
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 翻訳がつくる日本語: ヒロインは「女ことば」を話し続ける
  • +
  • 女ことばと日本語 (岩波新書)
  • +
  • 新敬語「マジヤバイっす」: 社会言語学の視点から
総額: ¥5,500
ポイントの合計: 55pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

洋画のヒーローたちは、日本人男性が話さない「男ことば」を、キザに、気さくに話し、名作の黒人たちは「方言」で話している。翻訳ことばが気になってしかたがなくなる、新しい視点の日本語論。

著者について

関東学院大学教授。博士。専攻は言語学。著書に、『ことばとフェミニズム』『ことばとジェンダー』(以上、勁草書房)、『「女ことば」はつくられる』(ひつじ書房)、『〈性〉と日本語──ことばがつくる女と男』(NHKブックス)、『女ことばと日本語』(岩波新書)ほか。共著にJapanese Language, Gender, and Ideology (Oxford University Press)、The Language and Sexuality Reader (Routledge)、『連続講義 暴力とジェンダー』(白澤社)、『ジェンダーで学ぶ言語学』(世界思想社)ほか。訳書に、『ことばとセクシュアリティー』(D・カメロン&D.クーリック著、三元社)ほか。

登録情報

  • 出版社 : 白澤社 (2013/8/5)
  • 発売日 : 2013/8/5
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 205ページ
  • ISBN-10 : 4768479510
  • ISBN-13 : 978-4768479513
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
3 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
50%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年7月25日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年8月29日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年12月2日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告