¥1,320
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
翻訳—その歴史・理論・展望 (文庫クセジュ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


翻訳—その歴史・理論・展望 (文庫クセジュ) (日本語) 単行本 – 2008/11/13

5つ星のうち4.3 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,320
¥1,320 ¥706
お届け日: 12月4日 - 8日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
3 時間 38 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 翻訳—その歴史・理論・展望 (文庫クセジュ)
  • +
  • 翻訳学入門【新装版】
  • +
  • よくわかる翻訳通訳学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)
総額: ¥9,900
ポイントの合計: 98pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

 翻訳は、古くから逐語訳と自由訳の二項対立の中で語られてきた。近代は逐語訳でも自由訳でもない第三の翻訳に関する議論が広がる。本書はその歴史を辿り、近現代の翻訳理論をテーマ別に紹介する。更に「起点言語→目標言語」という基本的図式から生まれた派生的理論を解説する。現代の翻訳は、情報の多言語化、マルチメディア化に伴い多様化し、もはや言語の次元のみに限定されない。記号体系間の翻訳という時代を見据えた展望が語られる。豊富な具体例によってそのメカニズムを明快に論じた翻訳論の入門書。

内容(「BOOK」データベースより)

翻訳とは、実際どのようなものなのか?本書は、その歴史と、近現代の翻訳理論をテーマ別に紹介するとともに、実践的な観点から翻訳の作用を分析する。言語の次元のみに限定されない、多様化する翻訳の現在についても解説。豊富な具体例によって、そのメカニズムを明快に論じた翻訳論の入門書。

登録情報

  • 発売日 : 2008/11/13
  • 単行本 : 156ページ
  • ISBN-10 : 4560509301
  • ISBN-13 : 978-4560509302
  • 出版社 : 白水社 (2008/11/13)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
3 件のグローバル評価
星5つ
26%
星4つ
74%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月29日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りNo1レビュアーベスト1000レビュアー
2010年3月22日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告