¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法 単行本 – 2015/8/18

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/8/18
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,714

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法
  • +
  • 超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験
  • +
  • ナチュラル・ボーン・ヒーローズ 人類が失った“野生"のスキルをめぐる冒険
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 235pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

かつてチェスの“神童"と呼ばれ、長じて卓越した武術家(太極拳推手の世界選手権覇者にして、黒帯の
柔術家)となった著者が、トップクラスの競技者になるためのart of learning(習得の技法)を語る。
技能を倦まず開墾し続け、競技者としては千人に一人、あるいはそれ以上の領域を目指す、
「超」能動的な学習術である。

優れた競技者になるための内的技法は競技の種類によらず驚くほど共通していると著者は言う。
「インスピレーションを得るための公式や型紙は存在しない。だけど、それを得る自分なりの方法を
発見するために辿るべきプロセスならある」(第18章)という表現に象徴されるように、鍵となるプロセスを
意識的に辿ることが、より高い集中力、より高いパフォーマンスレベルでの学習につながっていく。
チェスを武術に、武術をチェスに翻訳できるこの著者ならではの離れ業を用いて、「数を忘れるための数」
「より小さな円を描く」「引き金を構築する」といった上達の足掛かりとなるプロセスが、印象深く描出されている。

著者が他ジャンルのトップアスリートやそのメンタル・トレーナーから授けられた洞察も、ここには注がれている。
本書が提示する学びへの開かれたアプローチ、学ぶ喜びについての衒いのない、ひたむきな語りは、
読む者に自らの可能性を顧みさせる力をもっている。

内容(「BOOK」データベースより)

「インスピレーションを得るための公式や型紙は存在しない。だけど、それを得る自分なりの方法を発見するために辿るべきプロセスならある。」ハイレベルの競技者たちが心理的に取り組んでいる課題とは?チェスと武術に通底する高度な習得プロセスから見えてきた、自己最高のパフォーマンスを引き出す学習術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: みすず書房 (2015/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622079224
  • ISBN-13: 978-4622079224
  • 発売日: 2015/8/18
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
達人になる精神的な過程を教えてくれる本。
チェスと太極拳という2つの世界で達人になった著者が、
極めるために必要なことはこれだ、とまとめてくれている。
ほとんど関係ない2つのジャンルでチャンピオンになっていることを考えると、
この本で述べられていることは大抵のことに関して有効であると思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
理解のある家庭、世界クラスのコーチ、名門スクール、毎日5時間も6時間も練習に打ち込める待遇、手強いライバル達、
・・・なにかを学ぶのに、これ程の好環境はそうそうないだろう。そんな中でジョッシュ・ウェイツキンの半生と教訓が語られる。

本書には、習得(あるいは勝負)のための心や意識のあり方や考え方が披露されているが、それらは彼自身が幾多の激烈な勝負を通して得てきた、勝つための手段である。
それゆえ、「上達するため」というよりも「相手に勝つため」といったニュアンスが強い。

気になったのは、チェスをさす・推手を行うこと自体の喜びや、人と相対して競い合う事の本質が言及されていない点だ。
ここに至らないと、彼の苦しみは解消されることはないと思うのだが、本書では求めるところではないということなのだろうか。

ともあれ、本書で紹介されている、習得のためのメソッドは、誰にでも勧められる優れたものであることに間違いはなく、
もっと深く学びたい、彼のことを知りたいと思うのが人情だ。
そこで、ジョッシュ・ウェイツキン.comを探して開いたところ、DVDやらの「上達」グッズ販売と、マインドセミナーを案内するサイトが口を開けて待っていた。
ああそうか、だから心から共感できなかったんだと思った次第です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ryozu 投稿日 2017/3/3
Amazonで購入
ジョッシュ・ウェイツキン の個人感想なので、参考にはなる。それ以上それ以下でもない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、筆者の体験を通じて、習熟の技法について語っています。
大変、読み易く、自伝を読むような楽しさがあります。

自己を分析し、持っている知識を細かく解体し、これまでの経験を徹底的に調べ上げることで、
意識するべき所、改善するべき所を発見すること。
そして、上達のために、その箇所を意識して行う事で、無意識化する事。
その上で、無意識化された技能を細かく割って、再度、意識的に改善する。
という意識→無意識→意識というサイクルが、成長には、必要だと本書を読んで思いました。
また、「自分の中の参照点=基礎」がとても重要で、創造性と基礎の関係にも、述べられています。

効果的な訓練を行うためには、「質」と続けること、つまり「量」が必要になります。
『不安定で無防備な時期、別の言い方をするなら、成長するための時期を持つことが大切なのだ。』
と、筆者が述べているように、慣れ親しんだ動作を変える事に訓練の意味があり、
不安定で、「結果」が出にくくなります。
そこで、訓練ばかりしていると、結果が出なくなり、
訓練へのモチベーションが下がってしまい、続けることが難しくなります。
訓練は「結果」を出すためのもので、そのバランスを取る事が、効果
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「チェスの達人が中国武術に目覚める」という設定だけで実にそそられる。
しかも、この本はフィクションではなく、著者の半生の自伝だから、なおさら読まずにはいられない。

本書は2015年の東京国際ブックフェアのみすず書房のポスターに見かけ、即予約し、入手する前から首を長くして待った。
購入した後は夢中になって一気に読んだ。内容はもちろん文句なしにお勧めだ。

少年時代からチェスの天才として活躍した著者の、チェスに対する考え方や捉え方、そこから得られた真理のようなもの。
また、成人してから出会った太極拳に情熱を傾けるうちに、チャンピオンにまで上り詰める努力の過程、その詳細な描写からは、身体の感覚の研磨することで得られる境地というものを垣間みることができる。

達人の境地というものに興味をもっていて、彼らの情熱の理由のごく一端でいいから知りたいと思うなら、迷わず読むべきだ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー