通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
羽生結弦 会見全文 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

羽生結弦 会見全文 単行本 – 2016/12/27

5つ星のうち 1.0 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,490
¥ 1,490 ¥ 1,178

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 羽生結弦 会見全文
  • +
  • 別冊フィギュアスケートファン通信 グランプリファイナル2016 (メディアックスMOOK)
  • +
  • フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2016 in グランプリファイナル
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ソチ・オリンピックで、フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦選手は日本人初、さらにアジア地域でも初となる快挙ということもあり、世界中を驚かせました。
また、その演技の素晴らしさと羽生選手自身の容貌・純真さは「ユズリスト」と呼ばれる多くの女性ファンを生むほどの社会現象にもなりました。
本書では、これまでの歩みを振り返りながら、平昌オリンピックはもちろん、さらにその先を目指し、飽くことなく歩み続ける羽生選手を伝えます。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

絶対王者が歩むオリンピック連覇への道。


登録情報

  • 単行本: 168ページ
  • 出版社: ゴマブックス (2016/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777118746
  • ISBN-13: 978-4777118748
  • 発売日: 2016/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
6
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この内容で活字にして製本してこの価格で良く販売したなというのが正直な感想です。
「会見全文」という表題から純粋に羽生選手の言葉で構成されていると思い購入しましたが、とんでもないです。
間違いも多く、思わず赤ペンもって校正したい!気分になります。
ソチオリンピックのプロトコルなんて表にすれば1ページで済むのに、わざわざ文章箇条書きで7ページも要しています。
何を書きたいのか…また聞きと妄想で構成された文からは知性のかけらも感じられません。
こんなひどい本は初めてです。
コメント 126人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ふくっつぉん トップ500レビュアー 投稿日 2016/12/31
形式: 単行本
何が酷いって、マンガの単行本より薄っぺらい全170ページの本文の半分が、Wikipediaの「羽生結弦」の項目の完全なコピペで構成されているというお粗末ぶりなのである。ゆとり大学生のコピペレポートか。
経歴や余談など本当に丸写しなのだが、その旨の記載がどこにもない。Wikipediaのライセンスに従っておらず、著作権違反にあたるのではないだろうか。その他の記事も全て、ネットのまとめやらファンブログやらニュースやらの転載だろう。グレーというより真っ黒な構成内容だが、こんなのを発売してゴマブックス大丈夫か?

しかも「羽生結弦会見全文」と銘打ちながら、2015年NHK杯の項目には、無良崇人とボーヤン・ジンの発言もあわせて掲載されるという、まったく統一感のないグダグダ編集。とどめが2016年12月27日発売の本でありながら、羽生のグランプリファイナル4連覇まではフォローせずに、2016年NHK杯までで唐突に本が終わっているという中途半端さ。
文藝春秋のNumberを見習え…とまでは言わないが、12月発売のフィギュアスケート関連本ならどこの出版社も、羽生のファイナル4連覇までは確実に記事にしているため、全てにおいてやる気のなさが浮きまくっている。褒めどころが一つもない。本当にどうしようもない一冊。
「会見全文」というタイトルから資料的な価値
...続きを読む ›
1 コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全編に渡りコピペ
例えば、スポーツ新聞などの、微妙に創作された煽り記事のようなものまでコピペ
よって、事実とは異なる内容さえある始末
これは羽生選手に対して失礼極まりない
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告