Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 300
ポイント : 3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[コータロー]の義母相姦~僕はお母さんを犯しました (恥辱なる小説)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


義母相姦~僕はお母さんを犯しました (恥辱なる小説) Kindle版  [アダルト]


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 300

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊ページ】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「きれいだよな、絢香さん……それが、僕のお義母さんだなんて……」
少年はつぶやいた。
「スカートを履いてる絢香さんもいいけど、でも僕は、ジーンズを履いてる絢香さんも好きだな」
少年はやるせない情欲に駆られながらつぶやいていた。
(このジーンズの中にお義母さんの……あぁ、絢香さんのお尻も……大切なところだって……)
やがて少年はイケナイ妄想に胸を躍らせる。
「絢香さんの下着……今日一日、肌にひっつけていた……おっぱいにも、アソコにも……」
ついには母と息子の関係を破壊するような行為へと……
後妻として、新妻として、そんな少年の目の前に現れた美しき女の身体を、我が物とするため。
『僕はお義母さんを……僕だけの性奴隷に……』
総文字数 38790字(本文のみ)

シチュエーション
義母使用済み下着・人妻オナニー覗き見・義母脅迫パンティー提供・義母脅迫ソープ嬢プレイ・母子相姦

※ 本作品は縦書きにて構成されています。

● タイトル下の著者名(コータロー)をクリックしていただければ、既刊作品の一覧もご覧になれます。
● 作品詳細は、著者が管理する『恥辱なる小説』まで。
  発行全作品の詳細な紹介と無料体験版が閲覧できます。
  http://chijoku.red/


【目次 解説付き】

第1章 義母の下着を漁る少年

義母である絢香のことを一人の女として想う秋広は、彼女が入浴中の脱衣場に忍びこむ。
使用済みな女の下着を手にした少年は……


第2章 覗き見~義母のオナニー

絢香の下着を物色したことにより、倒錯した秋広の性欲はさらに増すことになる。
仮病を使い学校を早退した少年は、自宅の二階へと上がり……


第3章 義母脅迫~使用済みのパンティーに魅せられて

絢香が見せる衝撃的な自慰は、秋広に取り返しのつかない行為を促すこととなる。
秋広の自室へと呼び出された彼女の前で、全裸になった少年は思いも寄せない要求を……


第4章 義母の柔肌~ソープ嬢プレイ

秋広は絢香が入浴するのを見計らい、浴室のドアを開けた。
素裸のまま立ち竦む義母へ、卑猥なプレイを……


第5章 母と子の結合を求めて

父親が出張で留守であることを利用し、秋広は絢香の身体を奪うことを決意する。
自分の部屋へと下着姿にさせた義母を呼びつけ……


第6章 初めての挿入~義母の秘孔

絢香の唇を奪い、豊満な乳房をもてあそんだ秋広は、彼女の秘められた部分にも男の触手を伸ばす。
様々な痴態を録画され、逆らうことを許されない義母の秘処へと、己の硬質な肉棒を……

● タイトル下の著者名(コータロー)をクリックしていただければ、既刊作品の一覧もご覧になれます。


【登場人物紹介】

宮森絢香(みやもり あやか)

B84-W57-H85
旧姓は飯塚絢香。
秋広の父である博司とは二年前に結ばれ、今は新妻であり義母として家族三人で暮らしている。
美しい顔立ちとスタイル抜群な彼女は、愛する夫のため、愛する夫の一人息子のため、新しい家族の絆を作ろうと懸命に尽くしてくれる心優しい女性である。
父親と知り合う前は、ホステス嬢として働いていたせいか、親戚の間では快く思わない者も。


宮森秋広(みやもり あきひろ)

市内の私立学園に通う男子学生である。
幼いころに実の母を病気で亡くしてからは、父と子のいわゆる父子家庭の環境で育ってきた。
そこそこの身長にやや甘めのマスクは持ち合わせているものの、元来の根暗な性格が災いし、クラスの中では影の薄い存在である。
父の博司が二年前に再婚を果たしてからは、義母である絢香のことが性的に気になっている。


宮森博司(みやもり ひろし)

絢香の夫であり、秋広の父親でもある。
妻を病気で失ってからは長らくやもめ暮らしをしていたが、親身になって尽くしてくれる絢香にほれ込み、彼女とは二年前に再婚を果たしている。

● タイトル下の著者名(コータロー)をクリックしていただければ、既刊作品の一覧もご覧になれます。


【作品サンプル】

第4章 義母の柔肌~ソープ嬢プレイ

「ヒィッ!」
短く千切れた悲鳴が漏れる。
シャワーヘッドを手にぶら下げたまま、絢香が目を見開いてこちらを。
「やっぱり風邪なのかな。さっきお風呂に入ったばかりなのに、また寒気がして……」
生まれたままの姿を晒した絢香が、狭くて密封された空間で立ち竦んでいる。
露に濡れた壁に背中を押しつけ、白々しくのうのうと言ってのける義理の息子の侵入を、なすすべもなく見守っている。
「別に一緒に入っても、いいよね。僕とお義母さんはちゃんとした家族なんだから」
浴槽に手をかけたまま、秋広は語りかけた。
流し残した石鹸の泡を偶然にも女の秘処に貼りつけ、身動きのない人形然とした絢香へと嫌味なセリフも混ぜて。
「ほ、本当に……あ、秋広なの?」
「目の前にいるのが僕でないなら、それは何者なの?」
「お願い、わかるでしょ? だから、出ていって」
「ぜんぜん僕にはわからないけど。だって、家族なんだから」
噛み合わない会話が交わされる。
全裸な男女が白いもやの漂う浴室内で向き合いながら、一方が視線を合わせて。
もう一方が視線を逃れさせて。
「お父さんが帰ってきたら……」
「僕のことを告げ口するんだね? お義母さんは……」
「そんなことはしたくないの。だからここから早く……」
「僕は平気だよ。だってその時には、お義母さんの恥ずかしい動画を……ふふっ、どうしようかな」
噛み合わなかった会話が、噛み合いを見せ始める。
開き直りと脅迫と。
素裸で無防備な母親を、義理の息子である少年がじわりと責め立てる。


一人の女としては、やはり屈することしか道は残されていない。
つまりはそういうことなのだろう。
「石鹸はたっぷりと塗りつけてね。おっぱいとかオマ×コの割れ目とかにも」
「こ、声が……聞こえちゃう……」
寝そべれば、頭のてっぺんと足のつま先が壁にひっつきそうである。
脱衣場からバスタオルも持ちこみ、それをタイルの上に敷いた秋広は、窮屈な仰向け姿勢のまま見上げていた。
身の置き所もなく佇む大人の女の身体を眺めて。
反響する卑猥な声には怯えるしかない人妻の苦悩に、起立させた肉棒を弾ませて。
「うぅっ、惨めだわ……こんな……」
洗い終えた白い肌に、もう一度しゃぼんの泡が付着する。
秋広の目が監視する中、絢香はボディーソープを手ににじませると、それを身体の前面に沁みこませていくのだ。
命じられるままに、乳房のふくらみにも。
へその周りを丹念に撫でつけ、それから辛い息を漏らすと、太腿を少しだけ開き、素早いタッチで女の股間へと、石鹸をまみれさせた指を差しこませる。
「ダメダメ。お義母さんのオマ×コは、エッチなお汁で汚れたままでしょ。もっと足を開いて、ビラビラの中までゴシゴシさせないと」
「む、無理よ……とっても恥ずかしいのよ。わかってちょうだい」
女だからこその恥じらいも、少年にとっては嬉しい一コマである。
それだけに、ここは譲れない場面でもある。
「言うことが聞けないなら……」
秋広は己の指を股間へ向けた。
男なのに、女の仕草で、揃えさせた指をスライドさせる。
ズンズンと突きも加えさせる。
「くぅっ! ひどい……」
果たして、遠回しな演技は功を奏したのたか。
絢香が肩を落とした。
やるせなさを全身に漂わせながらも、足のすき間を拡張させる。
「ガニ股でお願い。ね、お義母さん」
呼びかけられて、絢香の顔が悲痛に歪んだ。
けれども、もはや拒みはしない。
ラジオ体操でもするかのように股を大胆に開かせると、腰を落とし気味に、膝の関節をゆるい『く』の字型へと。
「み、見ないで……お義母さんの恥ずかしいところを、お願いだから覗かないで」
「でも、見せてくれてるのはお義母さんの方でしょ」
霧のようにかかる白いモヤがうっとおしくはある。
けれどもそれを差し引いても、秋広の眼には隠しようもない女の柔肉が。
(これが絢香さんのオマ×コ……とってもきれいな割れ目をしている……)
ネットに流される痴女のソレとは大違いである。
慎ましく寄り合わされた恥肉の花びらからは、男を知らない処女の香りまでしてきそうである。
丁寧に陰毛の処理がほどこされた肉厚な陰唇に、秋広の目は瞬くに魅了される。
「せ、石鹸をこすりつければ……ふぅっ、いいのね……」
そう命じたのは、秋広自身である。
しかし、今一時。
望むなら時間を止めて。
そんな割れ目の肉を目がけて、絢香は手のひらを当てる。

● タイトル下の著者名(コータロー)をクリックしていただければ、既刊作品の一覧もご覧になれます。

● 作品詳細は、著者が管理する『恥辱なる小説』まで。
  発行全作品の詳細な紹介と無料体験版が閲覧できます。
  http://chijoku.red/

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 238 KB
  • 紙の本の長さ: 112 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B075XSVCRT
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover