Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 580

¥ 46の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[生方澪]の義娘の尻ぼくろ (幻冬舎アウトロー文庫)
Kindle App Ad

義娘の尻ぼくろ (幻冬舎アウトロー文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 580
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

同居の義父に覗かれていることを知りながら、夜な夜な激しく悶える紗理奈。夫の目を盗んで義父が少しずつ迫ってくるのを拒みつつも、夫とは違うテクニックに快感を覚える彼女は体を開き始め、ついに最後の一線を越えてしまう。後悔にかられる紗理奈だったが、夫の出張先での浮気や父子でハウスキーパーと長年関係していたことを知り……。

内容(「BOOK」データベースより)

同居の義父に覗かれていることを知りながら、夜な夜な激しく悶える紗理奈。夫の目を盗んで義父が少しずつ迫ってくるのを拒みつつも、夫とは違うテクニックに快感を覚える彼女は体を開き始め、ついに最後の一線を越えてしまう。後悔にかられる紗理奈だったが、夫の出張先での浮気や父子でハウスキーパーと長年関係していたことを知り…。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 757 KB
  • 紙の本の長さ: 125 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/6/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01G8NTC8S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 77,263位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/7/10
形式: 文庫
「義娘」と書いて『よめ』と読ませるタイトルから主人公は義父と推測したくなるが、本作の中心はその義娘たる嫁の【紗理奈】32歳。嫁の立場から女性の視点で描くのは女流作家ならではであり、例えば霧原一輝作品を始めとする回春路線とは異なるものの、それ故に家中の家族だからこその明け透けなやり取りに自分を含めて多少なりともスケベ心を持ち合わせた男ならば我が身を重ねてしまうような、そんなこっ恥ずかしさも覚える嫁と夫と舅の官能家庭物語である。

年下で29歳の夫は社会人ながらまだ日常の大切な諸々を少々甘く見ているような軽さがあるものの紗理奈との生活は表向き良好。夜の営みも積極的で、同様に積極的な紗理奈とは夜毎に盛っているが、あれやこれやと会話しながらの情交は夫婦らしいものの官能的にはやや散漫な印象も受ける。そんな夜の様子を義父が覗いているかもしれないと紗理奈から相談されるのが話の発端だが、基本的には真面目に取り合わない。要するに「気のせいだろ」の一言で済まそうとする夫を代表しているかのようだが、実は女好きの身勝手な一面が次第に露呈してくることも無関係ではなかろう。言い換えれば女に対して八方美人なのかもしれない軽率な夫である。

64歳の義父は絵に描いたようなスケベ親父。明るい性分で図々しいにも程がある嫁へのちょっかいが徐々にエスカレートしていくのは出張続きな夫
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover