中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

群青学舎 三巻 (BEAM COMIX) コミック – 2008/4/25

5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 44,610 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 248ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2008/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757741790
  • ISBN-13: 978-4757741799
  • 発売日: 2008/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie0 投稿日 2008/5/15
形式: コミック
入江亜季さんのことは随分前から大好きで、このシリーズも一巻から欠かさず拝読していました。
大同小異の本ばかりが溢れる中、ずっと見続けていたいと思える数少ない作家さんの一人です。

どの巻も、絵・ストーリー共に、丁寧で温かく、優しく、切ないものばかりで、
三巻はその中でも光り輝いているように思います。

特に、淡い恋心と永遠の別れを双方の目線から語った「薄明」、
そして23才差の夫婦の生活をゆったりと描いた「メリー・ガーデン」は何度読んでも
初めてのように目頭が熱くなります。

正直、「死」をこんな風に描いた本に初めて出会いました。
人生は儚く、時に暗いものだけれど、人間には光を見出す力がある、そんなことをささやいてくれる漫画です。
もし迷っている方がいらっしゃったら、是非手に取って見て下さい。
入江さんの作品、そして読者に対する温もりがきっと伝わってくると思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「あの飛んでいった帽子みたいに 僕をつかまえられないか」それは万里雄の青子への願望だったが、自分には不可能だと諦めていた彼の手は最後にしっかりと青子をつかまえることができた。
彼は死を恐れて知識の海へ逃げ込んだが、「このつないだ腕を 何が行き交っているんだろう」という問に対する答えを、彼は最後に見いだすことができた。
「たぶん とても いいものが」そこにはあったのだ。それは書物に記されてはいないけど、生きぬいたからこそ感じとれたのだ。

一番ずっしりと余韻が残ったのは、上記の感想の「薄明」ですが、他の話もそれぞれとても完成度が高くて素敵でした。
絵は書き込みが素晴らしく、かつとても味のあるお洒落な画風なので、眺めているだけで楽しくなれます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
重なり合う青のような短編連作集
ピンク・チョコレートシリーズ、お姫様と山賊の話をはじめ全9篇で構成されてます
どんな世界観でも入江色!
時も場所も想いも全然異なるのに何故か美しく統一された同じ物語の中に存在していて圧巻デス
登場人物みんなに共通して言えることですが、いろんな意味で色気があるんです
どうにも惹きつけられて入り込んでしまいます(笑)
どの話も好きですが、輿入れの途中で攫われ捕らえられた待宵姫と山賊の親分・マミジロの「待宵姫は籠の中」が特に好きでした
自分の知らない世界をみて変化していく待宵姫の心の描き方が素敵で、本編終了後の短いアフターストーリーがまた良いんですよね(輝)
次巻ではどんな人達の物語が綴られるのか心待ちにしてマス**
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最初は全く知らない作家さんで、「コダマの谷」を本屋で見かけ絵が気になったので買って読んでみました。
短編ばっかりだったので読みやすかったのも有りますが、なにより絵がとても気に入ってしまいました。

この「群青学舎」は色々な年代の人々の物語が収められています。
父と娘、少年と少女、歳の離れた夫婦、攫われたお姫様と攫った青年、そして仲良し4人組の女性達。
どの話も、派手さはないけど最後にはちょっとほろっとするような出来になっています。

なんだか昔の正統派の少女漫画を彷彿とさせてくれる漫画です。
日常に疲れたらちょっと息抜きに読んでみるのはどうでしょうか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『群青学舎』シリーズは、時代や舞台設定の異なる物語が詰まった短編集です。
どこか懐かしい素朴なタッチの絵。毎回、群青色を使った装丁がとても綺麗。
現代モノからファンタジーまで、いろんなジャンルの物語が満載なのが面白いです。
今回のお気に入りは、連作ファンタジー「待宵姫は籠の中」とおなじみ春日君&都さんの「続々ピンク・チョコレート」。
「待宵姫〜」は城に閉じ込められ外界を知らずに育った待宵姫が、山賊のマミジロに出会った事で
人の温もりや自由を知り次第に自我に目覚めていくというお話。
待宵は可愛いし、マミジロも粗野だけど優しいいい奴。パワフルなマミジロ母も素敵です。
読後感は爽やか。幸せな気持ちになれます。
「続々ピンク・チョコレート」は、いつにも増して春日君が面白い。
奔放な都さんの振舞いについにキレた春日君ですが…。
結局、一生都さんには適いそうにない春日君が哀れ。after storyが更に笑えます。
1巻から読む事をお薦めしますが、何巻から読んでも入っていけます。
1冊で何倍も楽しい、お得な短編集です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー