中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

群青学舎 一巻 (ビームコミックス) コミック – 2006/8/31

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)


登録情報

  • コミック: 244ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2006/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757729189
  • ISBN-13: 978-4757729186
  • 発売日: 2006/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 さまざまな学舎を舞台に、どこかオシャレで、そしてどこか「可笑しい」お話が繰り広げられる短編連作集です。十ある話の中には分かりやすいものあり、よく分からないものあり、ばかばかしいもの、にやけちゃうもの、感じ入っちゃうもの……本当にいろんな物語があります。が、そのすべては趣きのある、ということで共通しています。
 私が気に入ってるのは第五話「ピンク・チョコレート」。この話には特に難しいヒネリも構成もないことは分かるかと思います。本作は全体的に見て、綿密な構成や複雑なドラマで魅せるものではありません。しかし、著者の入江亜季さんは「これだけの話」を絢爛たる絵と豊富な遊び心で装飾していくのが抜群に上手い作家なのです。
 最初の数話だけを読んで甘く見ていると、すっかり見入ってしまっている自分の姿にあとあと気づくことになりかねません。ぜひそうなって、「やられた!」と唸ってください。勝手な言い分ですが、入江さん自身もそれを狙っているような気がします。
 この厚さで短編連作、さらに装丁も豪華な割に価格は安いのでぜひ手にとってください。万人受けするとは言えませんが、いろんな角度から読者を突いてくる、非常にぜいたくな漫画です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
一部、書店や書評で注目されている作品のひとつ。
「エマ」や「放浪息子」と同じく月刊ビーム連載でした。
ビームは個性的な作家・作品が多く、絵が一般向けな見易く可愛らしいものを描ける方が少ないのですが、前述の2作品と併せて「例外のほう」ですね。

絵がオリエンタル的な外国の雰囲気を漂わせる・・・とでも申しますか、魅力あります。
が、オムニバス方式の短編集という位置付けですので外国が舞台で騎士や姫が登場するかと思いきや、日本の小学校の子供が出てきたり、普通の高校生女子が主人公だったりと話が飛びますのでひとつひとつのお話で印象に残るものと残らないものとの落差が激しい。

作家としての実力はある方だと思うのです。この才能をどう表現するのが最良なのか?
なんか、作者ご本人も含めて「お試し中」みたいな感じがします。
最適な方向性が定まったら躍進しそうな予感がしますね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
全4巻。1-4話くらいの読み切り短編集。
各話の主人公は幼児から老年まで、時代は現代だったり中世ヨーロッパ的だったり、舞台は小中高、大学の研究室?、架空世界の学園だったり。ジャンルいろいろ。
学舎というので学校に関連する話かと思いきや、一部そうでないものも。

家族愛、恋愛、友情、信頼…人と人(時々人ならざるもの)の心の触れ合いや交流をさわやかに描いていて、
必ずしもハッピーな話だけではないものの、
すがすがしい読後感で、読みやすかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ある意味、セリフ等によるいろいろな説明を極限まで省いて、シーンの構成で見せる短編郡。

登場人物の掛け合いなどから、読み手が奥深くまで解釈して、どきどきしたりくるくる回って飛んでいっちゃったりとジェットコースターのように切り取られた作品世界の中で良いように翻弄されますが。それが気持ちいいんです。

群青。という色が、青がたくさん重なってできる色なように、この一見ばらばらに見える色の違う短編郡も一つに重なるとある深い一色に変るのだろうなあ。と読後溜息混じりに思ったり。

「花と騎士」や「とりこの姫」や「白い火」のどこか少年のような凛とした少女たちが、まっすぐに見つめる視線の先にあるものはひとつのものであったり恋人だったり恋する相手だったり違ったり。

いろいろな視点から丁寧な線と画力で描かれる世界は、本当にすこし青い世界の話なのだなあ。と感服。

特に私は「花と騎士」のどっちが花だか騎士だか判らないお姫様と騎士達の関係がツボでした。

じっくりとゆっくりと何度も浸りたくなる1冊です。読めてよかった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1〜4巻全てを通した感想を書かせて頂きます。

私は最近、あまり恋愛を主軸にしない漫画ばかりを読んでいました。
理由は少女漫画のようなものはどれも一様に内容が偏っており都合のいい話しが多いというイメージが強かったからです。
(最近はドラマでもそういう傾向のものが人気があったりしますよね)
しかし、入江亜季先生の作品はそれらしかないと思っていた少女漫画に対しての自分のイメージを見事に払拭してくださいました。
(この漫画が少女漫画に分類するのかどうかは分かりませんが。)
入江先生の描く女性キャラは嫌味がなく、どのキャラも美しく、そして可愛いのです。
男性キャラや子供もすごく好きになれました。

しかも、絵も最近はデジタルで描かれている人が多い中、アナログで丁寧に細かく描かれており、重厚でとても綺麗なので私は好きです。
でも、デジタルの絵も好きですよ。

お話しはみなさんが申し上げているようにどこか洒落が効いており、なんだか愉快で不思議な雰囲気です。

最後に、勝手な感想なのであしからず。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック