中古品
¥ 1
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

群衆の悪魔―デュパン第四の事件 (講談社文庫) 文庫 – 2000/6

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
文庫
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

笠井潔、作家・評論家としての総決算!

1848年、フランス。パリの市街は来るべき革命への予兆に沸き立っていた。国王の軍隊と民衆が一触即発の状態で対峙する中、無名詩人シャルルは、新聞記者の背に向けて銃弾を放とうとしている男を発見する。記者は射殺され、それを機に軍隊は民衆に襲いかかる。二月革命の幕開けだった。なぜ、最悪とも思える状況の中で殺人が行なわれたのか。疑念を抱いたシャルルは事件の解明を当時、パリで最も有名な探偵に依頼した。勲爵士オーギュスト・デュパンの登場である。デュパンとともに、シャルルはさらなる謎と怪異に出会うことになるのであった。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

革命前夜のパリ、対立する警察と群衆の間に起こった発砲事件から物語は始まる。逃走する黒い影を目撃した若き詩人シャルルに解明を依頼され、名探偵デュパン登場。バルザック邸の娼婦殺しに至る謎の連続殺人事件の真相は―。二月革命前後、爛熟の都に蠢く群像を壮大に描く巨匠ポオへの熱いオマージュ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 708ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062648849
  • ISBN-13: 978-4062648844
  • 発売日: 2000/06
  • 梱包サイズ: 15 x 11.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,062,716位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー2014年9月17日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年12月13日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年2月19日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告