¥1,000
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
群像 2019年 11 月号 [雑誌] がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

群像 2019年 11 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/10/7

5つ星のうち5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2019/10/7
¥1,000
¥1,000
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF。 1 件
  • まとめ買いで日用品等が30%OFF。
    Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 群像 2019年 11 月号 [雑誌]
  • +
  • 新潮 2019年 11 月号 [雑誌]
  • +
  • 文藝 2019年冬季号
総額: ¥3,545
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

[巻頭特集]

大江健三郎の〈現代性〉(アクチュアリティ)II
「レイト・ワーク」「政治少年死す」「ルポルタージュ」。「全小説」完結で当てられた「読み直し」(リ・リーディング)の光は、大江文学の新たな地平を照らし出す。野心的な評論特集第二弾。

ドン・キホーテからロリータへ ――大江健三郎と「晩年の仕事」(レイト・ワーク) 工藤庸子

テロリストが、生まれる ――「セヴンティーン」「政治少年死す」試論 高原到

方法としての「書き直し」・序説 ――いま、大江健三郎を読むこと 成田龍一

[創作]
畏れ入谷の彼女の柘榴 舞城王太郎
妻の不思議な妊娠、息子の光る指……。俺は謎に直面する。愛と家族をもとめて。

楓橋夜泊 藤代泉
大陸のバスに揺られ、一体どこへ向かうのか――。入院中の私は若き日の旅を思い出す。たゆたうような新鮮な感覚で描かれた、トリップ・ノヴェル。

崩し将棋 野口武彦
明治がすぐそこまで来ていた幕末江戸。町人地・上野の悪童連が見た彰義隊の最期とは。

[小特集]
島本理生の世界
純文学とエンタメをまたぎ、光と暗闇のあわいを見つめ続ける作家の輪郭。

「小説、音楽、ジャンルを超える言葉」 藤崎彩織×島本理生

『夜 は お し ま い』――単行本のあとがきにかえて 島本理生

元純文学作家の職業意識 阿部公彦

穴だらけの檻の中で 鈴木涼美

[刊行記念対談]
「来たるべきヒューマニティ」 中沢新一×島田雅彦
『レンマ学』と『君が異端だった頃』という集大成的新著を書き上げた宗教学者と作家による、人類の未来のための対話。

[論点]
声低く語る者は、いつでも扇動者のラウドスピーカーの前に敗北してしまう。
今月の「群像」の論点――「韓国と日本」「『三体』と中国」。

われらが〈無意識〉なる韓国 四方田犬彦

文化史における『三体』 福嶋亮大

[連載完結]
帝国の黄昏 花村萬月

[連作]
会いに行って ――静流藤娘紀行 笙野頼子

連載・随筆・書評・合評
乃南アサ
保坂和志
花村萬月
古川日出男
堀江敏幸
ブレイディみかこ
三浦哲哉
四方田犬彦
佐々木 敦
中条省平
大澤真幸
穂村弘
向井康介
小川さやか
久保友香
藤原辰史
福尾匠
ミヤギフトシ
清水良典
千葉雅也
長瀬海
東直子
宮下遼
町屋良平


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 講談社 (2019/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07Y98NY18
  • 発売日: 2019/10/7
  • 梱包サイズ: 21 x 14.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2019年10月12日