通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
美女と竹林 (光文社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美女と竹林 (光文社文庫) 文庫 – 2010/12/9

5つ星のうち 3.5 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 美女と竹林 (光文社文庫)
  • +
  • ([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)
  • +
  • 宵山万華鏡 (集英社文庫)
総額: ¥1,805
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ!

美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。
竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。
しかし。美女はどこだ?

虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、人気文士の随筆集。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。実家で竹林を所有する職場の先輩、鍵屋さんを訪ねるのだ。荒れはてた竹林の手入れを取っ掛かりに、目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者となり、自家用セグウェイで琵琶湖を一周…。はてしなく拡がる妄想を、著者独特の文体で綴った一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: 光文社 (2010/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334748953
  • ISBN-13: 978-4334748951
  • 発売日: 2010/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,477位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nana 投稿日 2011/2/15
形式: 文庫
森見さんが大好きで愛してやまない人にはいいだろう。
思わず、くすっとしてしまうところも正直たびたびある。
だけどこういう作風って他に読んだことあるし、わざわざ文庫本で読む感じじゃない気がする。
連載で、雑誌全体の中で、ふっと力が抜ける文を読むのがいいんかな。

でもやっぱりすごい。
時間に余裕があるときにどうぞ。

私はまだ「夜は短し〜」しか読んだことないので、他を当たってみようと思う。私にはまだ早かったかも。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
悪くない出来だけど、小説を期待して読んでしまったせいか、肩透かしでした。
エッセイと小説の中間のような作品です。
森見さんがスランプになる前に書いた本のはずですが、ちょっと鬱の予兆がかいま見えてるような気がするのは考えすぎでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
エッセイだよね?これ・・・
といいつつ内容はほとんど妄想小説になりつつある。
確かにエッセイらしくもあるけれど、
本当に竹を刈り行っているのか机上の妄想なのか・・・・
その不思議加減が妙に心地よく感じられるのが不思議だ。

竹林に対する登美彦氏の想い。
常人には理解できかねるんですけど・・・。

事実と妄想と入り混じりながら
最後の大団円へとたどり着く。
この阿呆さ加減が森見さんの素晴らしいところだと
再確認しつつ読み終えた。

あ、誰にでも理解できるものではない。
だけど、面白い。
無益だけど楽しい文章
森見さんが語るように、まさしくそんな文章でした。
途中途中「ぷっ」と噴出すところもあり、
さすがは森見さん、
そう感じずにはいられない作品でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
エッセイ調です。森見登美彦ファンであればそこそこ楽しめます。が、現在のキャリアで書くべき物では無いような気が。。楽屋ネタを披露するお笑い芸人みたいな感じで受け入れられません。書くのであれば完全にエッセイとして書くべきかと。森見登美彦ファンで、文庫版であれば買っても良いかと思います。

才能を浪費しないで!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ベース、かなりのトミーファンであることはそうなのだが、
この本は少々、残念だった。
筆者自身、竹林のことだけで文章を膨らめるなんて無謀だ。
そこに美女も絡めるなんてあまりに向こう見ずだった…
みたいなことが書かれているが、ホントにその通りだった。。。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
森見作品はたいてい読んでいます。
この本はその中でも一番イマイチだったかなぁと言うのが正直なところ。
だらだらエッセイだし致し方ないのだけど、表紙やタイトルは素敵なのに。
なんというか、本当に根性のないだらしのない作者だなあと(笑)
そこがいいところでもあるのですが、それを書き連ねた文章に対しお金払ったと思うと、ちょっとイラ〜ってする。
彼の小説は好きなのですがね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
森見登美彦氏が友人と竹を刈る本です。といっても意味が分からないと思いますが、本当にそう言う本です。
読み進むにつれてだんだん竹だけで話を進めるのが難しくなってきて、
どうオチをつけたらいいのか収拾に困っているようなフンイキがたちこめてきます。
彼独特の語り口によるおもしろさは本作も健在なので、上記のような脱線ぷりをも含めて
笑おうという心構えで読む分にはオススメできます(作者は「無益だけど楽しい文章」と言っています)。
けっこうおもしろかったです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
エッセイなのか、妄想なのか、作品なのか、良く分からない作品です。
筆者がデビューから数年間、どんな活動をしていたか、側面的に分かるエッセイで、面白く読ませて貰いました。
ただ、作風どおり、「くどい」「訳が分からん」といったきらいが有り、好きな人以外は「大嫌い」で本を捨ててしまいたくなる衝動に駆られるかもしれません。森見ファン以外の方にはお勧めしません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
果たしてこれはエッセイなのか小説なのか?エッセイだとしてどこまでが本当にあったことなのか?これでオチがついていると言えるのか、でもやっぱりついていないような…?なんてことを真面目に考えてはいけない。考えるだけ無駄である。というか、考えたら「負け」のような気がする(何に負けたのかは不明だけど)。とにかくこの本で楽しむんだ、とハラを括れる人だけが読もう。
…実は、知り合いに「面白いよ」と薦めてみたのだけど、「あまりの馬鹿さ加減」に付き合っていられない、と途中で本を投げ出されてしまったので、こんな煙幕を張っているのです。もしかしたら、真面目に物事を考える人には向かないのかなあ。いや、勿論私も真面目な人間ですけどね(笑)。
つまりは、こんなよくわからないレビューになってしまうような本だ、という事です。それに☆5つの評価を与えてしまっているのは正直なんだかなー、と自分でも思わないでもないけど、面白かったんだからしょうがない(と自分を納得させる)。
細かい事とか堅い事とか気にせず、楽しみたい(もしくは呆れてみたい)という人にはオススメ(但し本当に楽しめるかは保証の限りではありませんが)。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー