通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
美味しんぼ 100 日本全県味巡り 青森編 (ビッ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 軽い日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美味しんぼ 100 日本全県味巡り 青森編 (ビッグコミックス) コミックス – 2007/10/30

5つ星のうち 2.0 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 美味しんぼ 100 日本全県味巡り 青森編 (ビッグコミックス)
  • +
  • 美味しんぼ 99 究極の料理人 “秋編”“冬編” (ビッグコミックス)
  • +
  • 美味しんぼ (96) (ビッグコミックス)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

包装開封なし


登録情報

  • コミック: 203ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091814468
  • ISBN-13: 978-4091814463
  • 発売日: 2007/10/30
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
料理そのものの味よりも御託ばかり、時事ネタの取り入れ方もヘタ。
政治的な主張が端々に散りばめられてるのも気にはなっていましたが今まで買い続け…
80巻あたりからは完全に惰性で買ってました。
買って一度ざっと読んで本棚へ。

どなたかのレビューで新聞の社説や文化欄読んでるみたい、
っていうのがありましたが本当に同感です。
その内容や主張が共感できるものならまだいいけど、
むしろ逆のことも多く読んでいて疑問に思ったり不快になることすらありました。

今週の週刊誌の回で、士郎と雄山が和解したとか。
それに対する作者の談が
「一区切りをつけると言っても、美味しんぼは終わりません。」とのことでした。
面白くないものを今まで揃えてきたのを今更やめるのも…と買い続けてきましたが
これを機に70巻以降をブックオフにもって行くことで自分の中で完結させることにしました。
さようなら。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
昨今の全県味巡りで特に顕著ですが、対決の決着が「味」ではなくて「主張」で決まっています。
やはり料理漫画なのですから、「うまいもん出したほうが勝つ!」みたいな単純な図式が見たいです。
私は著者が自らの主張をその著作ですることは構わないし、むしろ当然だと思いますが、「究極対至高」という枠の中でなく、別の回でやって欲しいと思います。

そして、そもそも料理自体郷土料理そのままで、変わり映えせず、はっきり言ってどれもそれほど食べたいと思いません。似たようなものが続いて読み飛ばしている人は私だけではないはずです。
せめて、郷土料理に何か独自の要素を加えてくれないと観光ガイドと変わりませんよ。そうすれば、「主張」でなく「味」で勝負もつけられるようになるでしょうし。
東西新聞や帝都新聞、週刊タイムの読者はあれで満足しているのでしょうか?

「ゆで卵のトリュフソース」や「至高のチキンカレー」のようなわくわく感が懐かしいです。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 とりあえず、100巻おめでとう!とだけ言っておこう。
私が、小学生のときから存在したけどこんなに長く続くとは思わなかった。
そのことは、素直に驚きたい(うれしくはないけど・・・)。
 しかし、初期のようなするどい分析、あれほどまでに食材、時には、
食材の肥料までにこだわるその姿勢、他の料理漫画を圧倒する緻密さ、深さは本当に驚き、感嘆したものだが、巻を進めるごとに、浅くなり、それに反比例するごとく、政治くささは増すばかりになってきた。
 100巻でも長崎編ほどではないが、「美しい国」批判という微妙な政治くささは健在であった。
 最近では、日本全県味巡りなる、なんだか、たんなる郷土自慢?のようなネタで肝心の食に関するネタのなさをごまかしているような気がする。
 これ以上、変なごまかしでこの漫画を続けるなら、政治くささのみ強調され食の漫画のネタの良さは下がるばかりだ。
 食の漫画本来の良さを取り戻してほしいと願うばかりだ・・・
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/11/1
形式: コミック
 物心ついた時から家の本棚にあり、新刊が出るたびに家にやってくるのが当たり前になっていました。
 ので、100巻という記念すべき作品は最早自分の意志とは関係なく、買う以外ない、というわけで購入しました。

 読んでの感想。
「・・・・これだけ?」 です。
何がこれだけかというと、100巻とか関係なく全部「味めぐり青森県編」で埋め尽くされています。今更究極対至高の戦いなんて大抵の読者は期待していないと思うけど、その対決のみです。
今回はやたらと対決の部分が長く、面白くないし面倒くさくて飛ばして読んでしまいました。青森の人ごめんなさい。

 本屋やコンビニではこの巻と一緒に広辞苑並の分厚さの記念本が並べられていますが、一番面白かった頃と比較すると絵もストーリーも料理自体も薄っぺらさを感じてしまいます。
確かに美味しんぼらしいっていえばらしいけど、買うんじゃなかった・・・。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー