通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

美味しいコーヒーって何だ? (CASA BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2013/5/23

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/5/23
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,039

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 美味しいコーヒーって何だ? (CASA BOOKS)
  • +
  • コーヒー おいしさの方程式
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アーティストのように作ってロックミュージシャンのように表現したい。それが信条の異端の焙煎家オオヤミノル。美味しいコーヒーとは何かをテーマにサンフランシスコ→鹿児島→鎌倉→東京の名物ロースターたちを訪ねて論議を重ねた。最先端のコーヒーは日本から生まれる。

著者について

コーヒー焙煎家:オオヤコーヒ代表 京都出身。
異端焙煎家ともいわれるオオヤミノルさんが焙煎するコーヒーは
とびきり人気で入手困難ともいわれる。
アーティストのように作って、ロックミュージシャンのように表現する、
コーヒーシーンのカリスマ。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 252ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2013/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483872540X
  • ISBN-13: 978-4838725403
  • 発売日: 2013/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,150位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

3人と4つの対談をまとめたもの。終始かみ合わない話をよくもまあ本にして出しちゃったなと言う感じです。

コーヒーにお客さんがついている実力派(対談相手)と店主にお客さんがついている雰囲気派(オオヤミノル氏)の
ズレが作る落差はスリリングで、コーヒーのマニアにとっては読み物としては面白いと思います。(なので馴れ合い
だった二人目のお友達対談はつまらなかった。)ほとんどがコーヒー豆の焙煎についてのことなので、コーヒーマニアや
それを生業にしている、しようとしている人には面白いと思いますが、そうでない人には縁遠い話題だと思います。

この本からは実用的な知識は得られません。「美味しいコーヒーってなんだ?」と言うことへの方向性も一切示されていません。
なんたって、著者(オオヤミノル氏)が後書きで「読んで解る答えなんて一つもない本でありますように。」ときっぱり言い切って
ますから! この本から学べることは、「固執と努力の違い」や「自意識と自己表現の違い」になるでしょうか。

妙に面白い本ではありましたが、知識を得るのには役に立ちません。変な雰囲気を味わってみようという方にはお勧めです!
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
有名なコーヒー店の店主がコーヒーへの想いをひたすら熱く語る本です。
内容は相当マニアックだと思います。この本で実用的なコーヒーの知識を得ることはできません。
ただ私はコーヒーオタクですので、かなり楽しめました。
あぁ、スター達はこういうことを考えているんだなぁ…と。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レビュータイトルで「あぁ〜言ってしまったなぁ〜」的なんだけど、本当に珈琲屋、特に焙煎屋ってのは「自分が一番」なんだよねぇ。
これって何?
本当は珈琲を判ってない、ひとりよがりな珈琲野郎が、あっちこっちで稚拙な知識を披露してボコボコにされるってお話?
珈琲なんて所詮嗜好品なんだから、美味しいコーヒーって所詮個人の好みが左右するのが当たり前。
食べログで美味い店を探してあっちこっちさ迷い歩いているブロガーの評価が当てにならないようなもんだよねぇ。
本気で自分で探しまわり、美味しい物に沢山当たらなけりゃ、まずい物は見えてこないんだよ。
だから未だに深煎りが一番、珈琲の味は焙煎によって作り出すものなんて考えが残ってるのよね。

随分前になるけど、「おいしい珈琲研究会」って所がケニアから生豆輸入した事があった、「ンディミ」と名前忘れたけど、もう一銘柄。
当時とすれば素晴らしくフレッシュで『超』が付くほど高品質な豆。
ところが購入したマイクロロースターからはクレームの嵐だった。
勿論な事だが、きちんと焼けば素晴らしく美味しいコーヒーだったんだけどね。
文句をいったマイクロロースターたちは味を作り出す焙煎って考え方の方たちで、結局は高品質な豆が焼けなかったってこと。
...続きを読む ›
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
珈琲豆のこだわりと焙煎には大変勉強になりました。今後もコーヒー豆には強い思い出付き合いたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 may 投稿日 2015/6/18
Amazonで購入
確かにマニアックですが、私もマニアックなので…楽しめました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック